掲示板

院長がお答えします。お気軽にご相談ください。

No.4644 36625

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

いつもお世話になっております。

先日採卵の日に黄体ホルモンの値が高すぎるという事で
受精卵の凍結を勧められ、そうすることにしましたが、
考えてみると採卵日は血液検査をしなかったので、
その2日前の日の値かと思います。
黄体ホルモンの値が採卵の日(二日後)まで下がるという事は
ないのでしょうか?

今回の採卵周期では、2日目からレトロゾール(5日)
ゴナールエフ150単位(2日)
ジクロフェナクナトリウム(一日2回×2日)+ブセレキュア(一日2回)
という方法で誘発をしましたが、次周期にも採卵は可能でしょうか?

家庭の都合で、もう採卵は不可能かと思っていたのですが、
4月2週までに次回の採卵時期がやって来るようでしたら、
また採卵ができるかもしれません。

お忙しい中すみませんが、ご回答をお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

黄体ホルモンPは、排卵直前に2程度まで上昇することがあります。その後は上昇します。今回はHMG注射をおこなっているので、次回の採卵はお勧めはしては降りません。高橋敬一