ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

本日の例と卵子の老化・当クリニックの目指す施設像

最近のブログでは、卵子の老化についてのブログの閲覧が非常に多いようです。やはり皆さん興味があるようですね。今後これについて再度報告をしたいと思います。
本日の診察でも、体外受精が最終手段ではなく、不妊治療の一手段と考えて、広く可能性を考えた方が良かった例がありました。
30才前の方で、他院で1年間に5回体外受精を受けていました。内服薬での排卵誘発が効果なく、HMG注射で誘発すると、卵巣過剰刺激症候群になり、キャンセルになるので体外受精を選択していたようです。
当クリニックでは、HMG注射を少量にするなどして、1~3個の排卵の調整で人工授精をおこない、1回目で妊娠されました。ご本人も驚いていましたが、不妊症治療は「体外受精が最も有効」とも限らないのです。
当クリニックでは、少しでも妊娠の可能性を高めるために、体外受精ももちろん千葉県内では最多数おこなっていますが、それ以外の妊娠も追求しています。
「体外受精だけしか出来ない施設」ではなく、「妊娠に向けて様々な手段がある中で、最も有効な方法を選択する事が出来る能力を持つ施設」を目指しています。最近は体外受精をおこなえる施設は増加していますが、その中身は同じではありません。その選択は、皆さんご自身が良く中身を理解しておこなう必要があるでしょう。

一覧に戻る