お知らせ

高橋ウィメンズクリニックからのお知らせです。

子宮内膜への再生医療(PRP療法)を開始しました!

200126_banner_234x60
多血小板血漿(platelet-rich plasma:PRP)とは、ご自身の血液から抽出した高濃度の血小板を子宮内に注入する方法です。血小板は細胞の成長を促す成長因子(PDGF、VEGFなど)を含むため、PRP療法により子宮内膜が活性化されて受精卵が着床しやすくなるとされます。今回、高橋ウイメンズクリニックでは、再生医療の認可(厚労省内委員会)を受けて、PRP療法を開始致しました。対象は、反復着床障害の方、子宮粘膜が薄い方、です。詳細は担当医にご質問下さい。詳しいパンフレットをお渡し致します。また、ホームページ上でも、第一面の下に、以下のようなバナーをクリックして頂ければ、PRP療法の一般的な説明をみることが可能です。

一覧に戻る