お知らせ

高橋ウィメンズクリニックからのお知らせです。

千葉県特定不妊治療費助成の拡充

IMG_1388
千葉県特定不妊治療費助成事業の拡充の知らせが千葉県から届きました。
体外受精への助成金の拡充・増額です。
変更内容の抜粋です。
1)所得制限は撤廃
2)事実婚も助成の対象となりました。
 ただし、「事実婚」の内容は
 ①両人の戸籍謄本で、重婚でないこと
 ②両人の住民票で、同一世帯になっているか、(同一世帯でない場合にはその理由の記載が求められます)
 ③両人の申立書(出生時の認知をすることの確認)
 の確認が必要とされます。

3)助成額は、採卵周期は、2回目以降も、1回30万円    凍結胚移植のみ、採卵中止時は、1回10万円
4)男性不妊の、精巣や精巣上体からの精子採取(TESEなど)へは、1回30万円助成し、2回目以降も助成する
5)助成回数は、1子ごとににカウントする。
 初回の治療開始日が、①女性40歳未満の場合、通算6回まで(1子ごと)
           ②  40歳以上の場合、通算3回まで(1子ごと)
    ただし、妊娠12週以降に死産になった場合にはリセットできる
 
なお、これらは、2021年1月以降に治療が終了した治療が対象です。つまり、昨年採卵していて、まだ胚移植していない周期は助成の対象になると言うことです。ただし、詳しくは市役所・区役所での確認が必要です。

変更がないのは、
対象年齢は、治療開始日が、女性43歳未満の方である。43歳での初回治療開始は助成されない。
初回体外受精開始が43歳未満ならば、43才以上におこなった治療も助成の対象です。

一覧に戻る