お知らせ

高橋ウィメンズクリニックからのお知らせです。

2022年4月1日以降の自費での凍結胚の保存延長費用について

自費での凍結胚の保存延長費用について-1
2022年4月1日からの不妊治療の保険適用に伴い、当院では自費診療に係る費用についても価格改定を行うことといたしました。
凍結胚保存延長費用については、今回の保険適用の費用に準拠して一律¥38,500/1年間(税込)となりましたのでご案内させていただきます。

現在、お預かり中の胚につきましては、次回保存延長手続きより新料金でのご案内となりますのでご了承の程よろしくお願いいたします。

2022年4月1日時点で保存期限を超過されている方につきましては、超過分の費用をお支払いいただいた上で、新料金での保存延長となりますのでご了承ください。

※超過費用は【¥2,200(税込)×延長手続きの時点で超過した月数×保存個数】となります。


なお、凍結精子については現行の費用での対応とさせていただきます。

                            2022年3月30日
高橋ウイメンズクリニック
院長 高橋敬一

一覧に戻る