お知らせ

高橋ウィメンズクリニックからのお知らせです。

着床前診断(PGT-A)実施施設の承認証(臨床研究)が届きました!

着床前診断(PGT-A)実施施設の承認証が届きました!
これで正式に、染色体数の検査の着床前診断(PGT-A)が可能となります。
ただし、まだ臨床研究であり、ご希望者すべての方におこなえるものではなく、以下の方が対象になります。
また、最初に遺伝カウンセリング(夫婦とも)と登録をする必要があります。

PGT-Aの対象者は、以下のような方です。
1. 反復体外受精・胚移植 (ART) 不成功  (直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠が成立していない、染色体の構造変化がない)
2. 反復/習慣流産    (直近の妊娠で臨床的流産を2回以上反復し、染色体のの構造変化がない)
3. 染色体の構造変化がある  (過去の妊娠/流産/分娩の有無は問わず、生殖に影響を及ぼす染色体の構造変化がある)

なお、すでに採卵して、胚盤胞を凍結保存している方も、PGT-A臨床研究に参加可能です。
ご希望の方は、来院して頂き、医師にご相談下さい。

一覧に戻る