院長紹介

高橋ウィメンズクリニック
院長 高橋敬一

院長のブログ 院長の1日

院長からのメッセージ

院長の高橋敬一です。

不妊治療はお子さんを授かるという目標に向かって受けるものですがそれに要する時間や距離は各々異なります。

当クリニックでは、「インフォームド・セレクション」(説明と選択)という方針をとり医師の十分な説明を受けた上で、治療方針は様々な選択肢の中からみなさん自身が選択していただくようすすめております。

患者さん自らが検査や治療の意義を、医師の説明を元に理解をしていけば、なかなか結果が出ないことへのストレスも軽減されるはずです。

みなさん、目標に向かって共に頑張っていきましょう。

プロフィール

  1. 1985年 > 国立金沢大学医学部卒
  2. 1985年~1989年 > 国立病院医療センター(現:国立国際医療研究センター)
  3. 1989年~1995年 > 虎の門病院

    体外受精・胚移植や腹腔鏡などの内視鏡手術も手掛け、2000例以上の体外受精・胚移植に関わり不妊症治療の中軸を担った。
    また、卵管癒着を起こし、不妊症の原因にもなるクラミジア感染症の研究も開始。

  4. 1995年~1996年 > 米国ワシントン大学(シアトル)に留学

    米国でもトップ10に評価される大学病院を有するワシントン大学(シアトル)に留学し、一流スタッフの指導や交流の機会を得て、その考え方に感銘を受ける。
    クラミジア感染と不妊症との関連の臨床研究も行う。

  5. 1996年~1999年3月 > 虎の門病院産婦人科に復帰

    不妊治療が高度になるにつれて、クリニックの方が不妊症治療に専念し、患者さんの要望に応えられると考え、不妊症専門のクリニックの開院を決意。

  6. 1999年4月 > 千葉市に不妊治療専門『高橋ウイメンズクリニック』開院