診療内容

高橋ウィメンズクリニックの
診療内容をご案内いたします。

不妊症

体外受精・胚移植(IVF・ET) 顕微授精(ICSI) 胚凍結 精子凍結
子宮鏡下手術(レゼクトスコープ) 卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル) 選択的卵管造影開通術
人工授精(AIH) 排卵誘発タイミング法 アンチ・ミューラリアンホルモン(卵巣年齢)測定
アンチエイジング医学の応用(遠赤外線、糖代謝改善薬、サプリメント、健康食品、など)

不育症、習慣流産

血液検査(抗リン脂質抗体、血液凝固能検査、染色体分析、糖尿病、甲状腺機能、抗核抗体、など)
血液凝固異常には、抗凝固剤のアスピリン内服、ヘパリン注射、などがおこなわれます。
子宮奇形、粘膜下筋腫などの検査(子宮鏡検査・子宮卵管造影検査)
中隔子宮、粘膜下筋腫などには、子宮鏡下手術により、子宮中隔や粘膜下筋腫の切除をおこないます。

泌尿器科 (男性不妊症) 担当 : 市川教授

精液検査、超音波検査、ホルモン採血、染色体分析、TESE、など

TESE(精巣精子回収術)

無精子症の方には、精巣より組織を採取し、精子を探します。
局所麻酔による日帰り手術(18万円:自費)です。
精子が確認できた場合には、凍結保存し、後日、顕微授精による受精を目指します。
なお、精索静脈瘤、困難なTESE目的の方は、千葉大学に紹介・入院しての対応となります。