ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

遅くなりましたが、9月の月間妊娠数(100例達成)のご報告です。

10月になりました。この原稿は、直撃しそうな台風が近づいている時に書いています。この台風は記録的にも、かなり遅い時期の台風なのだそうです。台風の中でも、今日は選挙に行かなければ。ご報告が遅くなりましたが9月の月間妊娠数をご報告致します。9月の妊娠数は102例でした。例年、8月は少なかったのですが、9...

続きを読む

2015年ARTの統計が発表されました!

2015年のARTの統計が、日本産科婦人科学会から発表されました。これは9月に発表されたばかりの最新の統計です。ARTの登録施設数は607施設で、実際にARTをおこなっている施設は574施設でした。ARTの施行数は、体外受精新鮮胚移植周期が93,614件、顕微授精新鮮胚移植周期が155,797件、凍...

続きを読む

9月の妊娠希望セミナー開催! 私も力づけられました。

昨日、9月16日に妊娠希望セミナーを開催致しました。いつもと同様に、私の滑ったジョークで、会はすべり出し(始まり)ました。いつも掴みをしっかりしようと、軽いジョークを入れるのですが、どうもうまく行きませんね~。誰か助けて~。どなたか、小洒落た前振りを教えて頂けますか?話の内容は、いつもとほぼ同じなの...

続きを読む

9月(2017年)の妊娠数 やや少ないのは夏休みの影響か?

9月になりました。今年は日照時間が最も少ない夏であったようです。農作物のできが心配ですね。今日は、隣国で、水爆の実験をしたとの発表があり、非常に不安の続くこの夏です。妊娠や不妊治療も、やはり社会が落ち着いている必要があるのですが、、、、、さて、8月の妊娠数をご報告致します。8月の妊娠数は88例でした...

続きを読む

慢性子宮内膜炎の存在と対策 着床障害の一因?

8月25日(金)、南房総不妊研究会に参加しました。私も一応、世話人なのです。今回は滋賀医科大学の木村文則先生の「慢性子宮内膜炎の病態と治療戦略」がとても面白かったのです。着床障害の一因として最近注目を浴びています。従来の着床障害は、子宮内腔に子宮内膜ポリープや子宮筋腫などが張り出していると、物理的に...

続きを読む

排卵誘発をおこなうならば、しっかり使う方が良かった例

今回は、排卵誘発剤を使用するならば、しっかりと使用した方が良かった?例をご紹介致します。35才、AMH2.68と年齢相応の卵巣機能を持つ方です。前医では、3回採卵を試みていました。①ロング法で1個採卵、1個受精、胚移植できず。                   ②ロング法で5個採卵、2個...

続きを読む

自分ではなかなか良いところも悪いところもわからない?

マスメディアセミナーというセミナーに参加して来ました。テレビ関連の講師を招いて、多くの方にそのクリニックの特徴を知ってもらうためには何が必要なのか?などという趣旨のセミナーでした。テレビでもおなじみの、大竹真一郎医師(消化器内科医)も講師の1人でしたので、面白い話が聞けるかな?と参加したのです。結果...

続きを読む

8月の妊娠希望セミナー開催しました!

昨日、8月19日に妊娠希望セミナーが開催され、約30名の方が参加されました。今回もご主人同伴のカップルの参加も多かったですね。ご主人も積極的に関わっていることはとても良いことです。一方、講演後の個別相談では、やはり皆さん様々なお悩みをお持ちでした。1)まず、皆さん、性交渉が少ないことを訴えていました...

続きを読む

44才の妊娠卒業。今年のトップ3に入りますね!

先日、44才の体外受精で妊娠された方が卒業されましたのでご紹介致します。出産は45才の予定です。当クリニックには43才で来院。治療を急ぐこととなり、AIHを2回おこなった後に体外受精を開始しました。AHHは0.92と、卵巣機能は42~44才相当の値。初回の体外受精(ショート法)では、3回胚移植し、凍...

続きを読む

夫が65才超のカップルの妊娠

夫が65才越えの方の妊娠例がありましたので、一例としてご紹介致します。初回の精液検査では精液が1滴と少量で、2回目の精液検査でも精子を認めませんでした。当クリニックにて、日帰りでTESEをおこない、精子を認め凍結保存致しました。その後に、ICSIをおこない妊娠。無事に卒業されたのです。男性が高齢でも...

続きを読む

6×5cmの粘膜下筋腫を、2回に分けて外来手術してから妊娠した例

59mm×48mmの粘膜下筋腫の手術を、2回に分けて日帰り手術をした後に、凍結胚移植をおこない妊娠、卒業された方をご紹介致します。36才。AMHは0.31と、卵巣機能は低下状態。来院当初、4.5cmの筋層内筋腫があるものの、子宮内への突出はなし。治療を急ぐ目的で、AIHを1回施行。その後、すぐにAR...

続きを読む

7月の妊娠数、3ヶ月ぶりの100例達成です!

梅雨が明け、8月になりました。今年も殺人的に暑いですね。皆さん体調はいかがでしょうか。私は、できるだけ外には出ずに部屋にこもっています。これではいけないですね~。熱中症に気をつけながら、体は動かしていかねば!さて、7月の妊娠数の報告を致します。7月の妊娠数は110例でした。 良かった~~。5月、6月...

続きを読む

受精着床学会に参加してきました。

先日、7月20日(木)に、米子で開催された、日本受精着床学会に参加してきました。今回もたくさんの若い方、たぶん胚培養士の皆さんだと思いますが、多くの方が参加されて、熱気のある学会でした。外も暑かったな~。私も座長をした「着床」のセッションでは、立ち見の皆さんも多く、培養に対する情熱を感じる時間でした...

続きを読む

7月妊娠希望セミナー報告

昨日(7月22日)に、7月の妊娠希望セミナーが開催されました。今回もほぼ満席の、30人以上の方が参加されました。ありがとうございます。今回は、皆さんが私のジョークに良くついてきて頂き、反応して下さいました。多くのお気遣いありがとうございます。他施設で治療中のカップルの方も多かったようで、セミナー後の...

続きを読む

セキールレディースクリニック訪問

先日、高崎のセキールレディースクリニックに見学と、私の講演?に行ってまいりました。と言っても、もう2週間近く前のことなのですが、、、ブログの体裁を変更したのですが、まだ良くなれていないので、ブログをアップするのも遅くなりました。また、少しずつ増やしていきましょう。今回は、関先生の新しいクリニックのお...

続きを読む

6月の妊娠数報告(2017年6月)

ほぼ1ヶ月ぶりのブログとなりました。今回、ブログの方式を変更しましたが、慣れていないために、ブログの更新に手間取ってしまいました。気を取り直して、また皆さんに様々な情報をお届け致します。1年も半年が過ぎてしまいました。蒸し暑くなってきましたが、皆さん体調はいかがでしょうか。ご自愛下さい。さて、6月の...

続きを読む

JISARTシンポジウムに参加してきました!

JISARTシンポジウムに参加してきました。今回は、名古屋の浅田レディースクリニック、浅田先生の主催です。JISARTも設立後15年経ち、参加施設も30施設になりました。今回は、執行部が新しくなり、今後のJISARTの進むべき方向性も議論されました。JISART(日本生殖補助医療標準化機関)は、ご夫...

続きを読む

不妊治療の前に知っておいて頂きたいこと!?妊娠中の死亡年間40人と予防策とは?

医療関係者でのネットで見た内容から妊娠、出産関連で、年間40~50人が死亡していることは、皆さんご存じでしょうか?これは世界的には、最も低い死亡率なのです。世界では、未だに妊娠/出産は命がけの地域も少なくないのですね。今回、日本での妊産婦死亡のなかで、不妊治療後の方の死亡例も含まれていたとの報告があ...

続きを読む

5月の妊娠数

 2017年、5月の妊娠数をまとめました。 5月の妊娠数は87例でした。ART妊娠 53例 (内訳:  新鮮胚移植(IVF 2例/ICSI 2例) 4例                 凍結胚移植 49例)  AIH妊娠 24例 (過去2番目の妊娠数)    一般不妊治療   1...

続きを読む

AIH妊娠2題 その2 43才、1回目のAIHでの妊娠

43才での1回目のAIHでの妊娠例がありましたのでご紹介致します。43才、3月に妊娠を希望されて来院されました。年齢的には、体外受精を中心とした不妊治療をお勧めしました。ただし、当クリニックでは少しでも妊娠する可能性を広げるために、卵管造影検査もお勧めしており、来院当日に、卵管造影検査と子宮鏡をおこ...

続きを読む