ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

前医で2回採卵後のAIH妊娠例

前医でAIH4回、2回採卵、1回胚移植後、当クリニック3回目のAIHで妊娠、卒業された方をご紹介します。
前医での
体外受精 1回目 クロミフェン誘発 採卵1個 受精せず
       2回目 ロング法   採卵9個  8個受精 7個凍結(桑実胚)
                    2個胚移植で妊娠せず

当クリニック来院  AMH;3.65
36才。体外受精反復不成功でもあり、当クリニックでは、HSG、子宮鏡など、再検査をおこないました。ビタミンDも低下しており、サプリメント補充。
ご本人と相談し、まず再度AIHを開始。体外受精も予定していた時の3回目のAIHで妊娠されました。

教訓としては、
1)体外受精を開始していても、またAIHも無駄ではないのです。
2)体外受精予定でも、HSGをする意義は十分あるのです。
3)マイルドの方法ではキャンセル率が上がる事がある。
などです。
治療法は、広く考えても良いですね。

一覧に戻る