ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

妊娠前からの葉酸の重要性(千葉アンチエイジングの記事更新)

(有)千葉アンチエイジングの記事更新がなされました。今回は小浦ゆきえさんからです。 http://www.chiba-aa.com/

今回は、葉酸の重要性について、改めての報告です。
カナダでは、すでに1998年から小麦粉やパスタへの葉酸添加が行われているのですね。
その前後を比較したところ、先天性心疾患率が11%減少していたそうです。
 
日本では、このようなことがおこなわれていないので、皆さんはご自身で注意して摂取する必要があるのですね。
本当は、お米、小麦粉、パスタに、今回のような葉酸やビタミンD、鉄などを少し入れてくれるとよいのかもしれませんが、日本では自然が一番という考えも根強いのか、なかなか導入されていないようです。
当クリニックでは 、
1)葉酸は、妊娠前からは全員の方に、妊娠前から少なくとも妊娠12週まで。
 
2)ビタミンDは、採血して30ng/ml未満の方には、妊娠前から、妊娠中、授乳中までずっと。出産後も、授乳ではお子さんにも良いのです。
 
3)鉄は、貯蔵鉄のフェリチンを測定して、50ng/ml未満ならば、貧血がなくても積極的に鉄剤を使用することをお勧めしています。貧血は最後におこるのですね。妊娠に向けての体調の管理としては、貧血になってから鉄剤投与ではやや遅いのですね。

一覧に戻る