ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

AMH 新バージョンの導入

高橋ウイメンズクリニックでは、4月より、卵巣年齢をはかる、AMH(アンチミューラリアンホルモン)の検査方法が、新しくなりました。

特徴の一つ目は、
従来は、AMHは0.1までが測定可能でしたが、新しいAMH測定では、AMHを0.02まで測定可能です。したがって、AMH<0.1の方でも、もう少し詳しくはかれるようになったのです。
AMH<0.1の方は、再度新しい方法でAMHを測定してみてもよいかもしれませんね。

特徴の二つ目は、
今までよりも、ばらつきが少なくなったのです。
以前のAMHは、20%程度のばらつきがあったのですが、新バージ
ョンでは、ばらつきが10%以下に収まっているようです

特徴の三つ目は、
従来のAMH法との、検査の値は大きな差がないことです。
従来法よりも、新バージョンは、15~20%低くなるようですが、40歳のAMHの値が、2.0と1.8程度の差であり、大きな差ではありません。したがって以前のAMH値とそのままの数字で比較することも可能だと言うことです。

体外受精との兼ね合いでは、体外受精時の採卵数と強く関連致します。
しっかりと排卵誘発をおこなった場合には、
AMHが、   6 くらいだと 20~30個の採卵数
         4 くらいだと 10~20個ぐらい
         2 くらいだと 平均10個弱 ぐらいの採卵数が、平均的に見込めると考えられます。
     


一覧に戻る