ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

ケトン体の勉強会(糖質制限)に行ってきました!

先日、東京で「ケトン体が人類を救う」著者の宗田哲男先生(千葉県市原市 産婦人科医)の講演会に参加して参りました。
やはり、健康のためには糖質制限が重要ですね。
講演内容を要約すると、
1)人間は、本来は肉食だった。
2)血糖を上げるのは、糖質(炭水化物)である。
3)脂肪は血糖を上げない。
4)インスリンは肥満ホルモンであり、インスリンは少ない方がよい。
5)ケトン体は悪者ではなく、重要なエネルギー源である。
6)赤ちゃんは、糖よりも脂肪・ケトン体をエネルギー源としている。
7)脳も糖の利用よりも、ケトン体の利用の方がよい。
8)食事は、MEC食(ミート;肉、エッグ;卵、チーズ)が推奨される。
9)糖質制限することで、減量、体調の改善、妊娠能力の改善が期待できる。
10)妊娠中も、赤ちゃんも、糖質制限をすることで良い環境が得られる。
などでした。
150人以上のたくさんの方が、熱心に聞き入っていました。



不妊症にも、糖質制限が良いと私は考えています。
良い卵子を得るためには、糖質(炭水化物)をできるだけ少なくして、肉、魚、野菜、チーズ、などのタンパク質や脂肪をとって頂く方がよいですよ。脂肪も問題ありませんよ。
具体的な食事内容は、肉、魚、豆腐類、チーズなど、タンパク質や脂肪を十分とって下さい。量はお好きなだけとって良いのです。どうしてもご飯などの炭水化物を欲しいときには、最後に(少し)食べるようにしましょう。
ダイエット効果も抜群です。お肌もきれいになりますよ。聞くとところによると、バストアップ効果もあるそうです。(この辺は、不妊症とはあまり関係ありませんが、、、興味がわくでしょう?)

皆さん、若くいるためには糖質制限を致しましょう!
私もせっせと糖質制限するぞ~



一覧に戻る