ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

体外受精・顕微授精は最後の手段なのでしょうか?

皆さん、体外受精・顕微授精は「最後の手段」と考えていませんか?
答えは、、、、、最後の手段とは考えずに、不妊治療の一手段と考えて下さい。

本日、体外受精を他院で1回、当院で1回(妊娠後流産)受けた方で、自然妊娠された方がいらっしゃいました。このようなことは当クリニックでも時々あります。
当クリニックでは、体外受精の予定の方でも卵管造影検査をお勧めしています。この理由は二つあります。一つは、重症の卵管水腫があると体外受精での成績も1/2~1/3に低下します。したがって卵管水腫がないかどうかを調べる必要があると考えているからです。もう一つは、最も多い不妊原因は卵管因子です。しかし、卵管造影検査は重要なのですが、しばしば卵管造影検査を受けずに体外受精に進んでいる方がおいでなのです。したがって、少しでも妊娠の可能性をあげるために、体外受精を希望される方にも卵管造影検査をお勧めしています。

皆さん、不妊治療において、体外受精は最終手段と考えていませんか?
体外受精は、「不妊治療の最後の手段」ではなく「不妊治療の一つの治療法」と考えて頂く方がよいでしょう。

この考えには、いくつかの解説が必要です。

「体外受精は最後の手段」と考えて、「体外受精を受けたらば、その後がない」ので、体外受精を受けることをためらう方が時々いらっしゃいます。そのために、体外受精が必要な状況にもかかわらず、その時期を逸してしまう方がいらっしゃるのです。体外受精が本当に必要な方は、早めに受ける事をお勧め致します。ただし、誤解を招かないように、追加させて頂きますが、体外受精を強力にお勧めしているのではありません。最近は安易に体外受精に進みすぎる事がしばしば見受けられると思っています。むしろもっと一般不妊治療をしっかりとしてから、機を逸することなく体外受精に進むことをお勧めしているのです。(話がどんどん長くなってしまうのが私の悪い習慣です)

一方、体外受精を受けた場合には、「体外受精以外の方法では妊娠できる可能性がほとんどない」と考えて、妊娠の手段を体外受精しか考えられない方、は多くいらっしゃいます。しかし、卵管が通っていて、精子がいるならば妊娠する可能性はあるのです。少しでも妊娠の可能性を高めるならば、体外受精だけに(決めつけて)頼るのではなく、タイミング・卵管造影検査・人工授精などの方法でも妊娠の可能性を追求した方が良いのではないでしょうか。体外受精を過大評価することにより、それ以外の妊娠の可能性を放棄して、ご自身で妊娠の可能性を狭めてしまっている方はたくさんいらっしゃいます。
現在では、体外受精や顕微授精の基本的な方法はほぼ確立しており、(単に)体外受精をすること自体は難しいことではありません。ただし、良い成績を出すこと自体は簡単ではなく、常に勉強・工夫が必要なのです。
ここからは、各医師の、考え方・哲学になっていくのかもしれません。
私は、「体外受精/顕微授精を最後の手段」とは考えずに、「体外受精も不妊治療の一手段」と考えて、体外受精を受けている方にも、少しでも妊娠の可能性を高めるために、体外受精以外での妊娠の可能性も常に追求するように説明しています。もちろん、体外受精/顕微授精しか手段のない方はいらっしゃいますので、その方には最高の体外受精技術を提供できる様に努力しています。

「体外受精を最後の手段と考えて、ご自身の妊娠の可能性を狭める」のではなく、「必要ならばためらわずに受け、一方、体外受精以外の方法でも妊娠の可能性をつねに追求していく」ことが、皆さんご自身にとっての妊娠の可能性が高い方法ではないでしょうか。

皆さんも、不妊治療を一つの手段のみに頼るのではなく、様々な可能性を利用して、少しでも良い成績を得られるように考えてみては如何でしょうか。

一覧に戻る