ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

千葉アンチエイジング研究所のHPで、脂質・油シリーズが始まりました!

脂質・あぶらシリーズ (その1)油の重要性と必要性          

「油をとると太る」「油をとると血管に良くない」などど、油に悪者のイメージを持っていませんか?むしろ非常に重要で必要な栄養素なのです。油を上手に活かして健康につなげましょう。脂質・コレステロールが低いと卵子の質も低下する可能性があるようですよ。

「脂質」「コレステロール」は、体の細胞膜を作り、とても重要なのです。また、脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を助ける働きや、性ホルモン、ビタミンDの原料ともなります。

脂質・コレステロール不足は、免疫力低下、炎症、肌荒れや肌の乾燥、をおこすのですね。

お勧めの油

EPA、DHA(青魚類の油)、エゴマ油、アマニ油などに含まれるn-3系脂肪酸は、細胞膜をやわらかくして、血管は柔軟に、神経細胞は活性化する効果があります。ココナッツオイル、MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、抗酸化・抗炎症・免疫力強化作用があります。そしてオリーブオイル、ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)などに含まれるn-9系脂肪酸。n-3系脂肪酸と同様に抗酸化・抗炎症作用、また、腸の働きを高める効果もあります。

サラダ油などは炎症作用があり、摂り過ぎると血管が詰まりやすくなります。 

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングといった工業産生のトランス脂肪酸を多く含むものや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などは避けた方が良いでしょう。代謝されにくいため、ビタミンやミネラルを必要以上に消費し、細胞膜を硬くする作用があります。アメリカやカナダなどでは、トランス脂肪酸の使用が「規制」され、世界保健機構(WHO)では、マーガリンなどに含まれる「人工のトランス脂肪酸」を2023年までに世界の食品から排除することを目指すともしているのです。 

油も面白そうですね。今後シリーズでアップされる予定のようです。

「油をとると太る」「油をとると血管に良くない」などど、油に悪者のイメージを持っていませんか?むしろ非常に重要で必要な栄養素なのです。油を上手に活かして健康につなげましょう。脂質・コレステロールが低いと卵子の質も低下する可能性があるようですよ。

「脂質」「コレステロール」は、体の細胞膜を作り、とても重要なのです。また、脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を助ける働きや、性ホルモン、ビタミンDの原料ともなります。

脂質・コレステロール不足は、免疫力低下、炎症、肌荒れや肌の乾燥、をおこすのですね。

お勧めの油

EPA、DHA(青魚類の油)、エゴマ油、アマニ油などに含まれるn-3系脂肪酸は、細胞膜をやわらかくして、血管は柔軟に、神経細胞は活性化する効果があります。ココナッツオイル、MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、抗酸化・抗炎症・免疫力強化作用があります。そしてオリーブオイル、ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)などに含まれるn-9系脂肪酸。n-3系脂肪酸と同様に抗酸化・抗炎症作用、また、腸の働きを高める効果もあります。

サラダ油などは炎症作用があり、摂り過ぎると血管が詰まりやすくなります。 

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングといった工業産生のトランス脂肪酸を多く含むものや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などは避けた方が良いでしょう。代謝されにくいため、ビタミンやミネラルを必要以上に消費し、細胞膜を硬くする作用があります。アメリカやカナダなどでは、トランス脂肪酸の使用が「規制」され、世界保健機構(WHO)では、マーガリンなどに含まれる「人工のトランス脂肪酸」を2023年までに世界の食品から排除することを目指すともしているのです。 

油も面白そうですね。今後シリーズでアップされる予定のようです。

一覧に戻る