ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

1個移植の2卵性双胎?

38才で、1個凍結胚盤胞移植をおこなった方が、2卵性双胎?で卒業されました。

胎嚢も2個あったので、おそらく2卵性の双子でしょう。

不思議な事だと思われる方もいらっしゃると思いますが、時々おこることなのです。

この方は、右卵管閉塞との診断で来院されました。当クリニックで子宮卵管造影検査をおこなうと、両側とも開通しました。これはよくある事です。1回の検査で断定せずに皆さん再検査をしてみましょう。

この方は、年齢もあり、また元々卵管閉塞で体外受精を目的に当クリニックに来院されました。

希望もあり、すぐに体外受精を予定しました。精子不良で顕微授精となりましたが、4個凍結保存。

今回、初回の凍結胚盤胞移植だったのです。

移植は自然周期でおこないました。つまり、自然排卵があったのです。当クリニックでは自然排卵の時にも(ホルモン補充周期でも)、胚移植前ならば性交渉をお勧めしています。今回は、自然排卵と性交渉を持ったことでの自然妊娠も同時に成立したものと推測されます。なお性交渉をおこなうことで、精子と触れる方が、免疫機能は妊娠を維持する方向に変化する、との報告もあるのですね。したがって性交渉を持って良いのです。

皆さん、体外受精や人工授精をおこなっているときでも性交渉を持った方が良いのですよ。

一覧に戻る