ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

書籍紹介「10万個の子宮」HPVワクチンの必要性

今回、書籍をご紹介致します。村中璃子氏(医師)著「10万個の子宮」(平凡社刊)をご紹介致します。子宮頸がんとHPVワクチンの問題を取り上げたノンフィクションで、日本人初のジョン・マドックス賞(科学誌ネイチャー主催だそうです)を受賞した書籍です。子宮頸がんは、(ハイリスクの)ヒトパピローマウイルス(H...

続きを読む

新人歓迎会。今年もあたらし風に期待しています。

先日、新人歓迎会が開かれました。今年も、新しい医療事務、看護師、技師さんたちがたくさん入職してきてくれました。人手不足が叫ばれる中有り難いことです。一方、職員が50人ほどの規模になり、私も職員のみんなに対しても責任感を感じます。ただ、一番責任を感じるのは、当クリニックを信頼して通院して下さっている方...

続きを読む

2018年3月の妊娠数 もう少し!20周年への1年の始まり

2018年3月の妊娠数を報告致します。3月の妊娠数は97例でした。今月は、妊娠100例に到達できず非常に残念です。ART妊娠 72例 (内訳:  新鮮胚移植(IVF 4例 / ICSI 3例) 7例                 凍結胚移植  65例)  AIH妊娠 14例     一般...

続きを読む

ビタミンDの重要性の再認識。抗加齢学会セミナーに参加していきました。

抗加齢学会セミナーに参加してきました。ビタミンDが生殖医学とも関連することは皆さんにもお知らせしてきましたが、改めて、アンチエイジングとしても重要であると再認識してきました。ビタミンDが足りないと、糖尿病、免疫力低下、心臓疾患、認知症、うつ病、骨粗鬆症などが増えるのですね。不妊症、妊娠の分野でも、ビ...

続きを読む

重複子宮の方の出産。あきらめずによくがんばられました。

先日、重複子宮の方の出産報告が届きました。重複子宮とは、子宮が左右に分かれて2つあるのです。実際には、ミューラー管という細い2本の管の中央がくっついて子宮になり、残りの部分がそのまま卵管になるので、「分かれている」のではなく、「中央がくっつかなかった」のですね。このような方は、不妊症ではおよそ1%程...

続きを読む

3月の妊活セミナー開催しました!次回は4月21日です。

昨日の3月24日に、3月の妊活セミナーを開催いたしました。今回も多くの方に参加して頂きました。今回は、私一人でのセミナーでした。90分ぐらいで終わるかなと思っていましたが、油断していました。どんどん話が長くなり、結局2時間を超えるセミナーになってしまいました。参加されたみなさん、お疲れさまでした。さ...

続きを読む

子宮卵管造影検査の後は避妊が必要なの?

先日、子宮卵管造影検査では、造影剤を使用するので、赤ちゃんの甲状腺への影響を避けるために、その周期には避妊した方が良い、と指示された。との質問を受けました。造影剤の能書と、販売会社にその事について、問い合わせてみました。結論としては、1)リピオドールは1本10mlの油性造影剤です。検査時にしっかりと...

続きを読む

前医で5回採卵、8回胚移植の方の妊娠例  胚移植の重要性?

先日、前医で5回採卵、胚移植8回の37才のかたが、当クリニックでは、2回目の胚移植後に妊娠、卒業されました。何が重要だったか、考えてみました。この方によると、胚移植が困難であったとのことでした。超音波検査では、強い子宮の前屈(傾きが強いこと)がありました。当クリニックでは、子宮鏡と卵管造影検査も前も...

続きを読む

2018年2月の妊娠数 100例越えました!

2018年 2月の妊娠数をご報告致します。2月の妊娠数は103例でした。まずは、今年初めての100例越えです。ホッとしました。ART妊娠 78例 (内訳:  新鮮胚移植(IVF 8例 / ICSI 1例) 9例                 凍結胚移植  69例)  AIH妊娠 14例 ...

続きを読む

2018年1月の妊娠数

2018年 1月の妊娠数をご報告致します。年の初めの妊娠数は大切ですね。1月の妊娠数は56例でした。この10年間では中くらいの多さです。1日10例以上の妊娠数の日が2回ありましたが、今年の診療開始が9日と、例年よりも6日遅く、診療日数が少ない分、妊娠数も多くなかったと思います。ART妊娠 32例 (...

続きを読む

1月2回目の妊娠10例突破

1月中に、2回目の1日妊娠10例突破がでました。今回は11例です。これも昨年末の凍結胚移植の妊娠例が多いのですが、人工授精の妊娠例も含めて、11例達成できました。この調子が継続してくれるとうれしいですね。今年も皆さんとがんばっていくぞ~~~。

続きを読む

子宮内腔癒着(着床障害)処理後の体外受精での妊娠例

今回、子宮内腔癒着剥離術後に、最初の体外受精で妊娠、卒業された方がいらしたので、ご紹介致します。42才この方は、都内の有名クリニックで、7回採卵、1回目の胚移植で妊娠するも、流産となりました。このクリニックでは7回の採卵、4回の胚移植をおこなうも、1回目の流産以降は妊娠せず。埼玉の2つめのクリニック...

続きを読む

2017年年間妊娠数

少し遅くなりましたが、2017年の年間妊娠数をご報告致します。2017年の妊娠総数は1185例(速報値)でした。ART関連の妊娠数は885例です。内訳は、凍結胚移植妊娠が775例、体外受精新鮮胚移植妊娠が53例、顕微授精新鮮胚移植が57例でした。実際に、採卵周期よりも凍結胚移植周期の方が多くなってお...

続きを読む

2017年12月の妊娠数

少し遅くなりましたが、12月の月間妊娠数をご報告致します。12月の妊娠数は108例でした。2017年7回目の月間100例越えです。良かった~。 年最後の月に100例に達して、ホッとしました。年間妊娠数も、1077例と、11月で1,000例をこえました!・ART妊娠 74例 (内訳:  新鮮胚移植(I...

続きを読む

2018年年始めの1日10例妊娠

皆さん明けましておめでとうございます。寒い中、お体が大丈夫でしょうか。今年は、1月9日からの診療開始でした。うれしいご報告があります。初日に、10例の方が妊娠されました。今年初めてのお祝い袋です。交友事があると私も元気が出ます、年末の胚移植の結果が出たのですが、この流れが今年に続いてくれることを祈り...

続きを読む

大厄払いの日2018年

皆さん明けましておめでとうございます。年の初め、皆さん順調にスタートできましたでしょうか。私は今年は年男、大厄の年です。私は年始めから、発熱を起こし体調を崩した年の始まりでした。先日、早速、妻と一緒に、千葉神社でお祓いを受けてきました。久しぶりに39度近くの発熱が起こり、自分の健康に不安があると、す...

続きを読む

採卵10回以上、胚移植6回後の、自然妊娠例

先日、採卵10回以上、胚移植6回(化学的流産1回)を他院で受けた方が。その後自然妊娠しました。妊娠の可能性を、広く維持することの有効性を示した例だと思いますのでご紹介いたします30歳代後半、10回以上の採卵、6階の胚移植、1回の化学的流産の状態で当クリニックに転院。当クリニックでは、子宮卵管造影検査...

続きを読む

人工授精17回目の妊娠例

40才、人工授精17回目で妊娠、卒業された方がいらっしゃいました。この方は25才頃に、HSG後、クロミッド-AIHで妊娠。帝王切開分娩していました。今回、お二人目を希望されて受診。37才から二人目不妊治療開始。2年前より、HSG、子宮鏡検査をおこない、クロミッド-AIH開始。AIHは計14回。1年半...

続きを読む

忘年会 1年間の御礼

12月16日(土)に、忘年会が開催されました。最近は、職員の要望により、焼き肉が多いのですが、今回は大将軍でした。様々な課題はあるものの、年間1,000例の妊娠を達成したことは、スタッフに感謝感謝です。一方で達成、開始できていない事は多く、年末からの準備の開始は決意を持っておこなう必要がありますね。...

続きを読む

2017年12月の妊娠希望セミナー開催致しました。

先日の12月9日(土)に、今年最後の妊娠希望セミナーを開催致しました。今回もたくさんのカップルの方も参加され、熱心に説明を聞いて下さいました。今年も多くの方にセミナーに参加して頂きありがとうございました。心より感謝申し上げます。あるご主人から、性交渉の少なさの部分は、全くその通りで、自分のことを言わ...

続きを読む