ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

体外受精と免疫とイントラリピッド(世界仰天ニュース)

昨日、世界仰天ニュースで、免疫が強すぎて妊娠できない方に、イントラリピッドという高エネルギー輸液をおこなった後に体外受精をして妊娠できた例の紹介がありました。このような情報は、私も初めてだったので、気になり、少し検索してみました。夜なので、あまり詳しくは検索しませんでしたが、イントラリピッドと体外受...

続きを読む

日本の生殖医療問題の先駆者(発信者)

本日、朝日新聞社の「アエラ」の現代の肖像欄で、長野のSマタニティークリニック院長のN先生がレポートされていました。N先生には一度お目にかかる機会がありましたが、アエラでは、代理出産、減胎手術など、産婦人科学会と対立しても、目の前にいる患者さんのために、「もがき、苦しみながらも=文中引用」信念を貫いて...

続きを読む

AMHが0.1未満でも妊娠された例

アンチミューラリアンホルモン(AMH)は、残存卵子数を示し、卵子の質を示しているのではない、ことは以前にもアップしたと思います。今回、AMH<0.1、FSH>35であり、卵巣機能がかなり低下して、残存卵子がほとんどない状態でも妊娠された方をご紹介致します。約40才の方で、AIHを3回受け...

続きを読む

凍結胚の移送による胚移植の時代

他院で体外受精をして1児出産後、千葉県に引っ越してきた方が、当クリニックでの凍結胚移植で妊娠されて、先日卒業されました。  何を皆さんに伝えたいかと言いますと、この方の凍結胚は、神奈川にあるクリニックで凍結保存されていたものでした。ご本人は、凍結胚を移送して当クリニックで保管し、こちらでの胚移植を希...

続きを読む

体外受精における多数採卵のメリットの1例

最近、体外受精において、HMG誘発で多数の卵子を採取するメリットを感じた例がありましたので、皆さんにも参考になると思い、ご紹介致します。患者さんは40才を超える方です。ご主人の体外受精へのご了承が得られず、ご本人の希望もありAIHを20回以上おこなっていました。今回、やっとご了解が得られ、初めての体...

続きを読む

卵子の取材と高橋の万端?な準備

先日、某国営放送のディレクターが取材に当クリニックに来院しました。内容は、「クローズアップ来年?」での不妊症での卵子について、もう少し深く切り込んで続編を作りたいとのことでした。「取材」の連絡を頂いたときに、全国の視聴者の皆様にくたびれた恥ずかしい姿は見せられないと考えた私は、前日には整髪店に行き、...

続きを読む

昨年の妊娠数

遅くなりましたが、2011年の妊娠数をご報告致します。昨年の妊娠数は768名でした。月およそ50~80名の妊娠数です。昨年は、やはり東日本大震災と原発事故が大きく影響し、4月の34名、5月の53名が最も少ない月でした。しかしその後は回復し、最多月は7月の81名でした。その後は月60~80名の安定した...

続きを読む

40kg以上の減量で妊娠した例

今夜は台風のような強風が吹いています。皆さん、ご無事でお過ごしでしょうか。さて、先日、7回目の採卵(すべて顕微授精)で、ようやく妊娠された方がいらっしゃいました。アラ4の方ですが、1回目はHMG注射で排卵誘発するも1個採卵するも、未熟卵のため顕微授精もできず。2回目はHMG注射で2個採卵するも、正常...

続きを読む

新年度のご挨拶

新年度が始まりました。東日本大震災から1年が経ちましたが、昨年度1年間は日本全体は震災後からの復興を期する年だったと思います。私も大きな影響を受けましたが、同時にたくさんの経験をし、学ぶことが多かった年でした。この3月で、千葉市医師会の医療担当理事を退任致しました。この間は、千葉市医師会員が行政・救...

続きを読む