ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

AMHが0.1未満での双胎妊娠例

AMH<0.1で双胎妊娠の例。先日、AMH<0.1で、体外受精をすでに5回受けた39歳の方が、自然妊娠されたことを紹介致しました。その後の検査で、この方は双胎妊娠であることが判明しました。この周期は、左右の卵巣から1個ずつ卵胞発育がありましたうえ、超音波検査上も、2卵性の双胎であると考え...

続きを読む

大腸全摘出術後の体外受精での出産報告

大腸全摘出術後の体外受精・胚移植で出産された方が、出産報告に来院されましたので、皆さんにもご紹介致します。当クリニックには、大腸全摘出術後の方が数人通院中ですが、この方も、潰瘍性大腸炎で大腸全摘出術を受けていらっしゃいました。体外受精(顕微授精)での化学的流産1回、臨床的流産が1回ののち、5回目の採...

続きを読む

風疹対策、抗体16倍はワクチンが必要です。

2013年、2月1日付けで、日本産科婦人科学会から風疹対策の告知がありました。厚労省からの風疹感染に関する通知の要旨は以下からみれます。http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20130201.html不妊症治療の方には、要約すると以下のごとく、抗体検査とワ...

続きを読む

33歳で、AMHが約0.3(47歳相当)の2名

最近、33歳の方で、AMHが0.3ぐらい(47歳相当)の方が、2名いらっしゃいました。FSHも12~13程度に上昇しています。卵巣機能の低下は間違いないようですが、特に卵巣の手術歴はありませんでした。このように、若くても、卵巣年齢が高い方は、しばしばいらっしゃいます。今後は、不妊症治療には、全員にA...

続きを読む

単角子宮、抗精子抗体陽性の方の出産報告

最近、単角子宮、卵管閉塞、抗精子抗体陽性の方が、出産されたことの報告と、お二人目を希望されて凍結胚移植にいらっしゃいました。この方は、抗精子抗体や卵管造影検査も受けずにクロミフェン、クロミフェン-AIH6回、を2年間受けていましたし、その後体外受精での採卵を2回、胚移植を4回受けていらっしゃいました...

続きを読む

AMHが0.1未満で、5回の体外受精後の39歳の自然妊娠例

 AMH<0.1で、5回の体外受精後の39歳の自然妊娠例。AMH<0.1で、前医(2カ所)で4回の体外受精を受けていた39歳の方が、今回当クリニックで自然妊娠さAMHれました。私にとっても様々な教訓がありましたので、ご紹介致します。前医で受けた直近2回の体外受精では、HMG注射...

続きを読む

流産後の妊娠時期はいつが適当?

少し古いデータですが、流産後の次回の妊娠まで、何ヶ月待てば良いかのデータがありましたので、皆さんにご紹介致します。論文は2010年英国医師会誌(BMJ)という権威のある雑誌で、スコットランドの調査です。初回の流産後、6ヶ月以内の妊娠は、6~12ヶ月の妊娠に比較して、流産、子宮外妊娠、帝王切開、早産、...

続きを読む

2013年1月の妊娠数

2013年の1月の妊娠数は60名でした。昨年1月を上回る妊娠数であり、今年の滑り出しの成績は良好だと考えています。これもスタッフの協力、新規に導入した最新式(と考えている)超音波装置、設備を増強した胚培養室などの賜だと(都合良く)考えているのです。現在の妊娠の内訳は、体外受精・凍結胚移植による妊娠が...

続きを読む