ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

AMH<0.1、卵管水腫切除が妊娠に繋がった方(重症の卵管水腫は着床を妨げます、その2)

AMH<0.1 FSH14.4で、卵管水腫切除後、妊娠された41歳の方のご紹介です。40歳で来院、AMH 0.35、FSH;14.4 両側卵管水腫を認めて体外受精の方針となりました。腹腔鏡の手術は4ヶ月待ちとのことで、その前に1回目の体外受精で3個採卵、1個胚移植で妊娠せず。両側卵管切除後、AMH<...

続きを読む

日帰りの精巣精子採取(TESE)により妊娠された2例のご紹介

当クリニックでは、千葉大学医学部泌尿器科の市川智彦教授が毎週火曜日に重症男性不妊の方の診察を受け持って下さっています。お陰様で、クリニック内でスムーズに重症男性不妊の方への治療も行えています。無精子症の方には、日帰りで精巣精子採取(TESE)をおこなっていますが、精子がいれば無精子症のカップルも妊娠...

続きを読む

2回の顕微授精で受精卵が得られず、通常の体外受精で受精、妊娠、卒業されたAMH<0.1の方のご紹介

41歳、前医で2回(1個、4個)採卵し、凍結精子で顕微授精するも受精卵を得られず来院。AMH<0.1、 FSH 18 DHEAs 111 とかなりの卵巣機能の低下を認めました。当クリニックでは、DHEAを投与し、クロミフェンのみで排卵誘発しました。4個採卵し、通常の体外受精で3個受精、2個胚移...

続きを読む

卵巣癌手術、抗癌剤治療後の妊娠例(その2)

卵巣癌、抗癌剤治療後の体外受精で妊娠された方をもうお一人ご紹介致します。この方は、この夏の治療の方です。来院時30歳前半、卵巣癌(Ⅰ期)で片側卵巣切除、抗癌剤治療3クール、AMH40歳程度。前医で子宮内膜ポリープ手術、人工授精を2回受けていました。当クリニックの検査では、ポリープの再発を認め、内膜ポ...

続きを読む

卵巣癌手術、抗癌剤4クール施行後、体外受精妊娠、出産報告

以前、卵巣癌治療後の方が、妊娠可能かどうかのご質問がありました。今回、卵巣癌手術/抗癌剤治療後に、無事出産された方がいらっしゃいましたのでご紹介致します。この方は、卵巣の手術を4回受けており、片側の卵巣しか残っていない状況でした。また抗癌剤も、4回受けています。来院時、30歳前半、月経不順で、基礎体...

続きを読む

IVF・ET5回経験、AMH<0.1で、HSG後、双胎妊娠の出産報告 体外受精”も”それ以外の方法”も”

今年の初めに、他院でIVF5回経験、AMH<0.1、FSH;20の39歳の方が、当クリニックでHSG後双子を妊娠されたことをご紹介しました。そして今回、帝王切開で男女二人のお子さんを出産されたとの報告を頂きました。この方は、最後の体外受精を計画し、出来ることをと、サンビーマー(週2~3回)、エパデー...

続きを読む

2013年9月の妊娠数

夏ばて?のため、8月の妊娠数のご報告をしていませんでした。9月ととものご報告致します。8月、9月とも73例の妊娠数でした。               8月     9月妊娠数          73例     73例 ART           50例     49例IVF/ICSI  ...

続きを読む