ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

生殖医学会参加報告(2)ART難治症例に対する戦略

さすがは塩谷先生!体外受精でも妊娠が難しい方への対策を明確に整理して示して下さりました。42歳以上の方には、胚盤胞より初期胚移植の方が良い顕微授精よりも体外受精の方が良い、凍結胚より新鮮胚移植の方が良い、禁欲期間は2日以内が良いなどでした。体外培養自体、凍結/融解自体がストレスであり、抵抗力が落ちて...

続きを読む

2013年生殖医学会学術講演会、参加報告(その1) メラトニンの有効性と認知度の拡大

本日、日本生殖医学会(神戸)に参加してまいりました。今年も各施設で様々な工夫がなされ、まだまだ様々なことが試されており、今年も収穫の多い学会でした。今年で目を引いた一つが、アンチエイジング、卵子の老化、酸化ストレスと対策、に関して、様々な視点から取り上げられていることでした。酸化ストレスと不妊の関係...

続きを読む

10月の妊娠数

10月の妊娠数がまとまりましたので、皆さんにご報告致します。10月妊娠数    75例      今年の10月までの合計 732例                       今までの妊娠累計は、10,144例に達しました。 ART妊娠    57例        ART累計  477例 ...

続きを読む

サンビーマーの再評価、妊娠困難例への効果の可能性

今回、サンビーマーの会社(サンメディカル)と共同で、妊娠困難例に対するサンビーマーの長期使用の効果について検討しました。サンビーマーは、遠赤外線で1日40分ほどおなかを中心に暖めることで、子宮や卵巣の血流を改善し、体外受精の反復不成功、妊娠困難な方の妊娠の可能性を高めるという考え方です。その検討の結...

続きを読む