ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

妊娠中期の妊婦さんの自動車運転で、事故の危険性は約40%上昇する

メディカルトリビューンという医学新聞からの転記です。カナダの調査で、妊娠中期の妊婦さんが自動車運転で、重大な事故の発生する危険性が42%上昇したとの結果でした。その理由についてはこの新聞ではわかりませんが、妊娠すると、反射速度や運動速度が低下する、注意力の低下、疲労感、睡眠不足、などが関係すると考え...

続きを読む

悪性リンパ腫治療後のAIH妊娠

先日、36歳を超える方で、悪性リンパ腫治療後の方が、AIHで妊娠され卒業しました。この方は体外受精を翌月に予定していたのですが、その前周期におこなったAIHでの妊娠でした。体外受精の前周期には、一般的には排卵誘発剤を使用しません。これは卵子の質の低下や、排卵誘発剤への反応の低下を避けるためです。一方...

続きを読む

ご主人が癌治療前後の状態での顕微授精での妊娠例

最近、ご主人が癌治療前後の方の、顕微授精での妊娠例が数件ありました。1)お一人は、ご主人が白血病であり、治療前に精子を凍結保存していました。白血病治療後には精子は0で、従来ではお子さんは諦めなければならない状況でしたが、現在ではこのようにお子さんを望めるようになってきたのですね。凍結胚盤胞も複数ある...

続きを読む

子宮腺筋症が体外受精の妊娠と流産へ及ぼす影響

ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)の雑誌Human Reproductin5月号のからの抜粋です。子宮腺筋症(子宮内膜症が子宮筋肉層にできた状態)がある場合、体外受精、顕微授精に対して、どれだけの影響があるか、9件の信頼できそうな論文を調べた報告(メタアナリシス)がありました。9件の研究で、1,86...

続きを読む

第12回JISARTシンポジウム参加報告

6月7日、8日と札幌で、第12回JISARTシンポジウムに参加しました。今年は、「これからの生殖医療、新しいチーム医療の在り方」がテーマでした。実際に、生殖補助医療は、医師のみではなく、培養士、看護師、医療事務の各スタッフが協力して治療に当たる必要がありますが、医療事故防止の面からもチーム医療が必要...

続きを読む

2014年5月の妊娠数

5月の妊娠数をご報告致します。GWがあったのですが、健闘したと思います。2014年5月の妊娠数の報告をいたします。1)5月の妊娠数 70例       今年の累積妊娠数 361例   全累積妊娠数 10,681例 ART妊娠    44例    (内訳:  IVF 9例  ICSI 6例&...

続きを読む

エンブリオスコープのミーティング

昨日、新型培養器、エンブリオスコープのミーティングが羽田空港内で開催されました。羽田空港は、二つのターミナルに分かれており、反対側の駐車場に止めてしまったために、かなり歩きました。空港全体が把握できなく訳が分かりません。しかし、不妊治療については時代に取り残されてはいけませんね。しっかりと、新型の培...

続きを読む

DHEAとメラトニンのパンフレット

DHEAとメラトニンの新しいパンフレットを作製しました。卵巣機能の低下している方、卵子の質が良くない方にお勧めのホルモンサプリです。体外受精では採卵前日に終了して下さい。一般不妊治療では、妊娠反応が出たら中止して下さい。1)DHEAは、最も多いとされるホルモンで、男性ホルモンや女性ホルモンのおおもと...

続きを読む