ブログ

高橋ウィメンズクリニックのブログです。

2017年にむけて。

2016年もあと1時間足らずで終わり、2017年が始まります。今年は妊娠1,000例を初めて達成できた年でもあり、数字的には前年を越えて、一歩進めた年であり、スタッフ全員に感謝したいと思います。一方、それだからかもしれませんが、妊娠に至らなかった方々のカルテを見ていると、むしろその事が気にかかり、も...

続きを読む

前医でICSI、2回胚移植後、ポリープ切除、自然妊娠卒業の例

長い紹介の表題となりました。この方を紹介する理由は、2つあります。1)ISCIを受けるほどの方でも、自然妊娠する可能性があると言うこと2)着床障害の検査として、子宮鏡は重要であると言うこと30才前半の方で、前医で4個採卵、3個ICSI、2個初期胚凍結、後日1個ずつ、2回融解移植するも妊娠せず。転居に...

続きを読む

生殖医療専門医講習会報告(2016.12)その3 精子 編

Ⅲ) 顕微授精で生まれた男児の精子の正常についてベルギーの大学から調査検査が発表されました。18~22才のICSIで生まれた男児 54人結果:ICSIで生まれた男性の精子は、濃度、総精子数、運動率が、通常男性の半分程度だった。WHOの定義では異常所見を示す人は2倍ぐらい多いのですが、顕微授精で生まれ...

続きを読む

生殖医療従事者講習会参加報告(2016.12)その2 生殖遺伝 編

生殖医療専門医、講習会 報告その2 (着床前診断)Ⅱ)生殖遺伝 編 着床前診断に関する講習が多くを占めました。ある不妊治療専門クリニックが、国内では一般患者に行うことができないはずの「着床前遺伝子スクリーニング(受精卵検査、PGS)」を行っていたため、日本生殖医学会は11月に、院長の生殖医...

続きを読む

生殖医療従事者講習会参加報告(2016.12)その1 総論編

23日、天皇誕生日に、生殖医療従事者講習会に参加してきました。生殖医療専門医向けの講習会であり、生殖医学会が、専門医に守って欲しいことなども話されます。現時点での生殖医学会の姿勢を提示しているので、皆さんにもご紹介致します。 今回は①総論と倫理、②生殖遺伝と生殖免疫 などでした。Ⅰ)生殖医...

続きを読む

サンディエゴのHANABUSA IVFクリニックを訪問してきました。

この度、英ウイメンズクリニックの塩谷先生のご厚意により、アメリカ、サンディエゴのHanabusa IVFクリニックを訪問してきました。サンディエゴは、アメリカ西海岸の最南端にあり、温暖で、非常に美しく、きれいな街でした。院長は、Lyndon Chan医師で、非常に気さくで、親切、優秀そうな(絶対優秀...

続きを読む

自己注射DVD完成しました!

HPのリニューアル、体外受精DVDのリニューアルを契機に、今回、自己注射のDVDを作成致しました。今回、看護師さんががんばって下さり、自分のおなかを提供してくれて、自己注射を実演してくれたのです。自己注射をお考えの方は、是非視聴してみて下さい。お貸し出し致します。また、1月中旬をメドに、ネットでも視...

続きを読む

新しいIVFのDVD完成しました!

当クリニックの体外受精のDVDを使用して5年以上経ちました。途中、新しくコピーをして、ケースも新しくしたのですが、新クリニックに移転して、内容も変わってきたので、移転後の新クリニックでの体外受精のDVDを作成致しました。この度、新作のDVDが完成致しましたので、年明けより本格的にお貸し出し可能になり...

続きを読む

2016年 妊娠1,000例 達成記念忘年会

先日、 2016年 年間 妊娠1,000例 達成 記念忘年会を開催できました! 12月に入り、年間妊娠数1,000例が間近に迫っていたのですが、1日妊娠10例の日もあり、年間妊娠1,000例を達成できました。12月の忘年会に間に合うように、目標を達成できて、職員全員で1,000例達成をお祝いできたの...

続きを読む

アシストワン(高濃度マルチビタミン) アンケート開始しました!

アシストワン(高濃度マルチビタミン)の使用経験のアンケートを開始致しました。アシストワンを開発して2年が経過しました。この間、より強度の強い、パッケージへの変更などをおこなってきましたが、アシストワンを、よりよく改善すること、また、アシストワンの効果の確認、新しい使用法などの参考にさせて頂ければと思...

続きを読む

12月、2回目の妊娠10例以上(12例)でました!

予想外でしたが、12月に2回目の妊娠10例以上がでました。先日の月曜日に、、妊娠者が12例に到達したのです。明日で今年の診療も終了ですが、少し前向きの気持ちで今年を終われそうです。一方で、妊娠される方が多いときには、妊娠されない方がいると、逆に際立って気になってしまうのですね。私の気持ちとしては、全...

続きを読む

HPに動画をアップ!皆さん見て頂けましたでしょうか?

前回の投稿から10日ほど経ってしまいました。年も押しせまり、いろいろお忙しいことと存じます。皆様お変わりありませんでしょうか?私は、年末にホームページの刷新、動画撮影、新しい体外受精用のDVD作成、自己注射のDVD作成、不妊治療の本の執筆・作成(掲示板での皆さんの質問にお応えして)、JISARTの更...

続きを読む

今年最後かも?妊娠10例達成しました!

先日、今年6回目の妊娠10例を達成致しました。これは今年最後になるかもしれません。今年の妊娠1,0000例を達成するには、大きく勢いづく10例です。最近は、凍結胚移植による妊娠が増えてきています。これは、エストラジオールが3,000以上、採卵数が20以上の方には、卵巣過剰刺激症候群がおこりやすく、子...

続きを読む

2016年 11月の妊娠数 年間1,000例までもう少しです!

11月妊娠数 92例  もう少しで年間1,000例へ!2016年11月の妊娠数をご報告致します。 ART妊娠    70例    (内訳:  IVF 2例  ICSI 5例    凍結胚移植 63例)  AIH妊娠    12例     その他一般不妊治療   10例  (タイミ...

続きを読む

44才、AMH<0.1、 32回目のAIHでの妊娠例

先日、44才、32回目のAIHで妊娠された方がいらっしゃいました。治療はAIHまでとお考えで、体外受精は希望されていませんでした。AMH<0.1であり、子宮筋腫も5cmあったのですが、HSG検査もして、丸4年間、AIHをおこなってきたのです。過去には、AIH8回目でHMG周期での妊娠でしたが、...

続きを読む