よくあるご質問

よくいただくご質問と回答をご紹介いたします。

一般不妊治療に関する質問一覧

治療にかかる費用について教えてください
基本的には検査と一般不妊治療、筋腫やポリープの手術など、は保険が適応されます。超音波検査、ホルモン検査などは、通常、月1回のみ保険が適応され、2回以上は自費となります。
初診時にかかる費用は、どれだけの検査をするかにもよりますが、保険/自費検査合わせて、およそ3万円以内で済みます。
排卵誘発剤(クロミフェン、HMG注射、HCG注射、など)を使用した場合には、超音波検査はその月に3回まで保険が適応されます。
一方、精子不動化抗体検査(5千円)、ビタミンD、などの特殊検査、人工授精(約2.5万円)、体外受精(約35万円)など、は自費診療となります。