掲示板

院長がお答えします。

No.10072 37828

カテゴリ: 子宮内膜症 凍結胚移植

お世話になっております。
移植していただいた、第一子が無事に一歳を迎えました。その節はお世話になりました。
8月以降で第二子の移植を考えています。
ただ、先日、帝王切開後一年が経過したので診察を受けてきました。その際に右卵巣に2〜3センチの内膜症らきしもの、帝王切開のところに2センチくらいの筋腫らしきものが見えるとのことでした。生理の始まりだったこともあり確定はできないので、生理期間ではない時に改めて診察したいとのことで来月再診察になりました。内膜症と筋腫であれば飲み薬で生理を止めてみる。もしくは妊活(不妊治療)をする。との提案をいただいたのですが、高橋先生のご意見を伺いたいです。自分の考えとしては、前回内膜症治療のため、生理を止めてから移植をして着床したこともあり、今回も一度生理を止めてから移植した方が良い結果が得られるのではないかな?と思っています。また、移植前に子宮鏡と卵管造影検査は行った方が良いのでしょうか。その際は内膜症治療後生理が再開した後の方が良いですか?8月以降、スムーズに第二子の移植をしていきたいので検査の時期等ご指示いただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

無事にお子様が誕生されておめでとうございます。子宮内膜症は、着床にはあまり関係しませんので、凍結胚移植には、しっ生理を止める必要はあまりないと思います。しかし、子宮鏡検査はしておいた方が良いでしょう。8月に胚移植をお考えならば、GW明けには検査を受けておいた方が良いと思います。生理開始6~10日においで頂けますか?お待ちしております。