掲示板

院長がお答えします。

習慣流産・不育症

No.11766 ぷりん

この度よろしくお願いします。
今から9ヶ月前、6ヶ月前に自然妊娠し、1ヶ月前にタイミング法で妊娠しましたが、それぞれ、7週、7週、今回9週で稽留流産となりました。2回目の流産後に不育症の検査として染色体検査以外を行い全て異常ありませんでしたが、3回連続して流産しており、今後の治療をご相談したいです。おそらく胎児の染色体異常の可能性が高いと思っております。現在通院中の病院ではPGT-Aは行えませんが、検討したほうがいいでしょうか?検査にはメリット、デメリットがあること、年齢的にそれほど胚盤胞を数多く取らないのではないか?、これまで妊娠はできており確率の問題なのでこのまま今のクリニックで診ていくか?迷っております。何卒ご教授をどうかよろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

一般論としては、初期流産の7~8割が胎児の染色体異常です。3回連続した場合でも、その次の妊娠では50%程度は妊娠が継続する確率になります。一方、年齢的には半分程度以上の確率で流産がおこる年齢です。実際の対策としては、念のためにお二人の染色体の検査も受けておいた方が良いでしょう。それ以外の不育症の検査が問題ないとしての方針は、、、、まず、今のままで妊娠に突き進む方針はあり得ます。一方、流産を少しでも少なくする事を重視するならばPGT-A の方針は理論的には正しい選択です。ただし、PGT-Aでは正常な胚がD増えるものではないので、最終的に赤ちゃんを得られる可能性が高くなるかどうかは微妙なのです。あくまで、流産率を下げることを重視した場合の方法です。流産の可能性にこだわらず、お子さんを得られる可能性をあげるならば、そのまま妊娠に向かったり、PGT-Aを受けずに体外受精/胚移植をおこなう方が良いのかもしれません。この点はPGT-Aのメリットとデメリットを直接カウンセリングを受けて判断する必要があるのです。

No.11750 45891

カテゴリ: 流産 習慣流産・不育症

先日移植していただき胎嚢確認までできましたが、今回自然排出してしまいました。グレードも悪くない胚と自分の体調も大丈夫だったのに妊娠継続できない理由があるんでしょうか?
またチャレンジしたいと思っているんですが流産が続いており、このまま胚移植を続けていいのかと思う気持ちもあります。
妊娠継続のためにできることはありますか?
もちろん決めるのは自分ですが、院長先生の考えなど聞かせていただけたらありがたいです。

高橋敬一院長からの回答

今回も流産となりとても残念です。流産の主な原因は胚の染色体異常とされます。2回の流産はしばしばおこることで、次回の妊娠では75%は確率的には正常となります。以前に出産しており、習慣流産の原因がある可能性は少ないのですが、ご不安ならば不育症の検査をしても良いと思います。次回来院時にご相談頂けますか。

No.11685 のん

カテゴリ: 流産 習慣流産・不育症

こんにちは。
質問お願い致します。

私は2年連続で後期流産をしてます。
どちらも痛みのある張りがありはりどめが効かず、1回目前期破水、2回目子宮頸管短縮。

びまん性の子宮腺筋症、もしかしたら筋腫もありです。

子宮腺筋症の炎症にはどんな抗生剤が効きますか?
子宮内フローラと慢性子宮内膜炎検査はどちらをしたらよいでしょうか?
NK細胞は検査した方がよいでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

子宮腺筋症の炎症は細菌によるものではありません。したがって抗生剤の効果は期待できないでしょう。子宮内フローラと慢性子宮内膜炎の検査はどちらもおこなった方が良いと思いますよ。NK細胞は意見が分かれると思いますが、変動が大きいので当クリニックでは採用はしていません。びまん性でも程度がひどい場合には手術の選択肢もあると思います。

No.11645 42725

カテゴリ: 習慣流産・不育症

大変ご無沙汰しております。
海外在住を継続中で凍結胚の延長をして頂きました。
先日、血液検査で抗核抗体が320倍で陽性と言われました。
通常の肩こりや腰痛以外に特段気になる関節痛などもないのですが、習慣性流産や不育症と関係があると言われ、以前貴院でも検査をしていたような気がするのですが、もしそうであれば結果を教えて頂けますでしょうか。
いずれ凍結胚を移植するつもりなので何か影響が無いか気になっており、先生のお考えをお聞きできればと思います。
また、膠原病の診断については更に細かい項目の検査が必要との事ですが、移植する前に検査しておいた方が良い項目などあればご教示頂けますと幸いです。
移植の時期については暫く未定ではあるのですが、その間にできる事をやっておきたいと考えております。
どうぞ宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

抗核抗体は不育症の検査にも入っています。2018年12月6日に抗核抗体は測定しており、その時には抗核抗体は陰性(<40)でした。この間に陽性になったのですね。人間の体は一定、ではないのであり得ることだと思います。ただし、女性の抗核抗体陽性はしばしばあることで、抗核抗体単独陽性で不育症には通常なりません。したがって、ご不安な場合には、不育症の検査を再度全て受けて頂いて、その結果を見て判断しては如何でしょうか。

No.11618 45891

お世話になっております。
先日最後の1つを移植しましたが陰性となりました。1週間ほどで生理がこなかったら診察で間違いなかったでしょうか?

今後の治療について相談です。
採卵を行うとなると、大体どのくらいの頻度で病院に通うことになりますか?
また今回保険適用での採卵だと薬や注射の種類も変わるんでしょうか?
前回採卵時、恐怖心から自己注射がどうしてもできず注射だけ通わせていただいてましたが、自宅から2時間近くかかり子供もいるなか今回も通うとなると厳しいかなと迷ってます。他の病院などで注射だけお願いすることは可能でしょうか?

また3回陽性中2回流産しており、妊娠継続が難しいんでしょうか、、?

高橋敬一院長からの回答

今回妊娠せずに残念です。しかし、以前の胚移植で妊娠・出産していますので、2回流産はしていますがもう少し頑張ってみましょう。2回流産することは珍しいことではありませんし、出産も夾んでいるので問題が強く疑われるものではありませんが、気になる場合には不育症の検査をおこなうことは可能ですよ。採卵を再度おこなう場合には、ご自身でHMG注射をするならば週2回程度の来院で結構です。薬の使用量の制限はありますが、制限内で問題ないと思います。他施設に注射を依頼することは可能ですが、HMG注射薬を持っている産婦人科であることが必要です。

No.11533 くま吉

お忙しいところ申し訳ないですが先生のご意見お伺いしたいです。
よろしくお願いいたします。
5回妊娠して4回流産しました。
稽留流産した全てに当てはまることが絨毛膜下血腫があったことなんですが、不育症と関連性があると考えられますでしょうか?
以前不育症の血液検査をしたことがありますが、異常はありませんでした。しかし、何度も続くので再度血液検査を行うことになりました。約3年ぶりの血液検査をすることは意味がありますでしょうか?
3度目の流産のときは偶発的なものだろうということで、以前不育症検査もしてるしその時点ではなにもすることはないとのことでした。
また子宮鏡検査について、自然妊娠してるからしなくてもいいという話が出たのですが、
どうお考えになりますでしょうか。
私としてはできることはなんでもして、次の妊娠に臨みたい気持ちがあるのですが
空回りしてしまってるのではと思うところもあります。
夫婦の染色体検査については羊水検査、絨毛染色体検査にて異常なしとでていたので転座などの可能性はないと考えています。

先生でしたらどのような検査や治療をお考えになりますでしょうか?
よろしくお願いいたします。


●36歳 2019.2 自然妊娠 心拍確認後8w頃稽留流産 自然排出
●36歳 2019.8 自然妊娠 心拍確認後8w頃稽留流産 自然排出
●36才 2019.9 不育症血液検査異常なし 卵管造影検査異常なし 精子検査異常なし
●37才 2020.7 自然妊娠 39週出産
    妊娠初期に12wまでお守りがわりにバファリン服用 羊水検査異常なし 切迫流産のち妊娠高血圧症候で23週ごろから入退院を繰り返しました。
●39才 2022.6 自然妊娠 心拍確認後7w頃稽留流産 流産手術 絨毛染色体検査異常なし
●39才 2022.10 自然妊娠 心拍確認後9w頃稽留流産 流産手術 絨毛染色体検査結果待ち

高橋敬一院長からの回答

絨毛膜下血腫での流産を繰り返し、ご心配のことと思います。しかし、出産の実績もありますので頑張っていきましょう。血液凝固検査も変動はありますので、3年ぶりの再検査は意味はあると思いますよ。検査方法も多少変更されています。具体的な内容が分かりませんが、抗カルジオリピン抗体IgG、IgM、β2GP1のIgG、IgM、抗PE抗体IgG、IgMも含まれているでしょうか。また子宮鏡検査は当クリニックならば確認の検査をおこなっておきます。次に、最近の話題としては、慢性子宮内膜炎や子宮内フローラも不育症に関係しているとの考えもありますので、CD138と細菌叢検査を受けておいては如何でしょうか。そして出産したときと同じようにバッファリンを使用しておくことも考えて良いと思いますよ。

No.11481 はなまる

カテゴリ: 習慣流産・不育症

お忙しい中申し訳ありません。

先日他院で顕微授精をし、妊娠する事ができました。
前回5週か6週での稽留流産があり、一度不育症検査を受け、今はバイアスピリンを生理五日目から飲んでいました。
9週4日に産院を受診したところ稽留流産でした。
妊娠中1日バイアスピリンを飲まなかった日がありました。その事が今回の流産に繋がってしまっているのか後悔しています。
毎日飲まなければいけないバイアスピリンを1日飲まなかった事での影響はどのくらいありますか?
教えてくださればと思います。

高橋敬一院長からの回答

今回流産となりとても残念です。アスピリンの効果は1週間は持続します。したがって1~2日飲み忘れても、アスピリンの効果は変わりません。今回の流産には関係ないと思いますよ。流産胎児の染色体分析は受けましたでしょうか。ご自身を責めないで良いと思いますよ。

No.11395 くら

他院に通院中なのですが、先生のアドバイスを頂けましたら幸いです。

これまで3回胚移植を行いました。
1回目→9週で流産(染色体異常)
2回目→着床せず
3回目→5週で流産(心拍確認前)
現在、残りの凍結胚が1つある状況です。

通院中のクリニックで、1人の先生からは「着床は出来ているから、次の移植に進んでよいのでは」とのお話しがあり私もそのつもりでいたのですが、別日に別の先生から「移植前にERA/EMMA/ALICE 検査を推奨する」との提案がありました。

残りの大事な凍結胚盤胚をより慎重に移植するためのものだとは思うのですが、
私の中では着床不全よりも卵の質の問題(年齢的なこともあり)が大きいのではと考えていました。
果たして着床は出来ている今の状況で、当検査をやる意義があるのかどうか(金額的にもお安くはないので‥)悩んでおります。
先生のアドバイスを頂けましたら幸いです。

高橋敬一院長からの回答

一般的には、ERA検査などは妊娠しない着床障害としての検査です。最近では流産にも関係しているとの意見もありますが、まだ一般的ではありません。したがって、最初の流産も染色体の問題であったこともあり、現状では最初の医師の意見のように、次の移植に進んでも良いと思います。ただし、ERA検査などが無意味であるとは言えませんので、気になる方は受ける方もいるでしょう。

No.11380 52516

6月中旬ごろに初めて受診し、様々な検査をして頂きました。夫婦ともに不妊に該当するような検査の結果はなく、7月の生理が来たら不妊治療を始めましょうかと先生からのご提案が最後のところです。

その矢先、7月14日に自然妊娠、心も体も幸せに満ち溢れ命に感謝し大変嬉しく過ごしておりましたが、妊娠5週目4日から出血があり、胎嚢も6週で5.5ミリと小さく、痛みは無いものの出血が増えてきたので受診したところ6週5日の受診した日に最寄りの産婦人科で進行性流産と言われました。その数時間後に完全流産で自然排出となりました。

最寄りの産婦人科医から、今年1月に化学流産、今回は進行流産との事なので、アスピリンを服用しましょうかと言われました。

いろいろ調べないようにと言われましたが、私の検査データからしてアスピリンの服用が必要なのか、少し調べましたが疑問に思うところです。

不妊治療専門の高橋先生からご教示いただきたく、お忙しいところ失礼いたしますがご返信よろしくお願い申し上げます。

高橋敬一院長からの回答

今回流産となり残念です。年齢が40才以上であり、化学的妊娠は厳密には流産の回数には入れません。したがって積極的に不育症との診断ではないので今の状況ではアスピリンは当クリニックでは使用しません。しかし、別の理由もあるかもしれませんので、その点は担当医とよくご相談なさっては如何でしょうか。

No.11378 らん

不育症の検査で抗リン脂質抗体症候群と診断されました。

抗β2GP1 lgM
基準値17.5U/ml以下のところ
結果13.8U/mlで
移植後に飲むバイアスピリンを処方されました。

PGT-Aを視野に入れているのですが
抗リン脂質抗体症候群の方は受けられないという他院のHPを目にしてしまいました。
年齢も高いので治療に焦っており不安で…
お言葉いただけましたら幸いです。

高橋敬一院長からの回答

抗リン脂質抗体症候群の診断基準はありますが、検査基準が曖昧なものがしばしばあります。今回の検査では結果だけを見るならば陰性であり、厳密には抗リン脂質抗体症候群ではありません。なぜ抗リン脂質抗体症候群の診断かは、再度担当医に確認してみては如何でしょうか。別の理由があるかもしれません。ただし、この検査自体が正確かどうかは不明確であり、やや高めなので、バイアスピリンを飲むことはあります。したがって、この検査結果からだけならばPGT-Aは受けることは可能です。一方、バイアスピリンは保険診療での体外受精では処方できませんので、PGT-Aを自費でおこなうならばバイアスピリンも使用して良いと思います。

No.11224 52468

お世話になっております。
色々検討した結果、自然妊娠でまた流産してしまったらと思うと辛いので、体外受精+PGT-Aにて進めていきたいと思っています。
明後日に子宮鏡+卵管造影をひかえておりますが、これはキャンセルして体外受精にすすむ事は可能でしょうか?もしくは、子宮鏡だけでも可能でしょうか?

高橋敬一院長からの回答

体外受精は生理開始3日以内においで頂けますか。子宮鏡や子宮卵管造影検査は受けておいた方が良いと思いますよ。

No.11055 ぽこ

カテゴリ: 習慣流産・不育症

お世話になっております。
不育症の検査で伺いたいと思っております。
現在、流産してからまだ2週間なのですが、検査は可能でしょうか。
子宮鏡、卵管造影は他院で既に受けておりますので、血液検査のみお願いすることはできますか?
よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

不育症の検査はいつでも可能だと思います。GW明けにおいで頂けますか。子宮鏡、卵管造影検査はなぢで、血液検査のみで承ります。それではお待ちしております。

No.11031 8

カテゴリ: 習慣流産・不育症

他院で体外受精をして3回目の移植で妊娠しましたが、残念ながら17wで後期流産となりました。
10w以降の流産が一度でもあると不育症の検査をした方が良いとネットで見たのですが、検査を受ける場合はいつのタイミングで伺えばよろしいでしょうか。

高橋敬一院長からの回答

不育症の検査にも様々ありますが、採血はいつでも良いですよ。子宮鏡と子宮卵管造影検査は生理開始生理6~10日におこないます。一度に受けるならばこの時期が良いでしょう。ご希望ならば受付にお電話頂き予約をおとり頂けますか。お待ちしております。

No.10950 42854

カテゴリ: 凍結胚移植 習慣流産・不育症

本日は診察をありがとうございました。
今回も化学流産という事でしたが、半年前に行った卵管造影検査の結果が気になり質問させて頂きます。レントゲンを撮影した際に、少し白くなっている所があり、もしかしたら水が残りやすいのかもしれないと言われた事を思い出したのですが、化学流産が続いている事と関係があるのでしょうか?もし、卵管水腫だった場合、手術等行ってから残る胚を移植した方が良いのでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

レントゲンでは卵管水腫も疑われましたが、超音波検査では明らかな卵管水腫は認めていません。超音波検査で分かるような「重症の卵管水腫」は着床障害や流産に関係します。しかし現時点では超音波で分かるような卵管水腫はないので、流産とはあまり関係しないと推測されます。現時点では、胚の染色体の問題の方が可能性が高いと思います。出差の実績があるので、今後もしっかりと丁寧に胚移植をしていきましょう。

No.10931 子宮奇形

カテゴリ: 子宮・子宮奇形 習慣流産・不育症

通院中でなく申し訳ないですが、膣中隔手術についてお伺いしたいです。
私は重複子宮+膣中隔があります。
昨年から自然妊娠で3回妊娠しましたが、全て初期流産となりました。
流産を繰り返す為不育症検査は受けましたが、子宮奇形のことも心配です。内診時も膣中隔があるせいか、痛みを感じることが多く辛いです。
子宮奇形でも妊娠する場合、手術は必要ないでしょうか。
日帰りで膣中隔除去の手術が可能とのことですが、手術までに検査等で複数回通院が必要でしょうか。手術を受けたいですが関西に住んでいる為、通院回数が気になります。
お忙しいところ恐れ入りますが、回答頂けますと幸いです。

高橋敬一院長からの回答

膣中隔と流産は関係はありません。しかし診察時にいつも痛みを感じるならば、中隔切除をする意味はあります。関西にお住まいとのことですが、手術自体は難しいものではないので、お近くでもおこなっているところはあると思いますよ。もし当院での治療をご希望ならば、一度診察においで頂き、診察と手術の準備の検査をおこない、2回目の来院では手術、1週間後に術後のチェック(3回目の診察)で、済むことはあります。一方、重複子宮では、流産率は50%程度になります。これは手術の適応ではありません。流産率は高いですが、お子様を得ている方は、当クリニックでは珍しくはありません。頑張ってくださいね。

No.10884 43311 ゆう

カテゴリ: 習慣流産・不育症

申し訳ありません。
大事なことを質問に書き忘れておりましたので、追加致します。
岡田先生から紹介所を書いていただきましたが、予約が来月しか取ることができなかったので、貴院で診察を希望致します。
何卒よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

承知致しました。お待ちしております。

No.10855 43311 ゆう

カテゴリ: 習慣流産・不育症

何度も質問をして、大変申し訳ありません。

私はプロテインⅭ欠乏症に当てはまっていましたが、プロテインC欠乏症について知識を得ようとしましたが、なかなかプロテインC欠乏症については情報がなく、プロテインⅭ欠乏症について何も知ることができませんでした。
高橋先生が何かご存じの事があれば、ご教示いただけると幸いです。
何卒よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

検査では、プロテインC欠乏症ではなく、プロテインC低下状態の結果でした。プロテインCが低下すると血液が凝固しやすくなるのです。しかし、この値は容易に変動しますので、1回の検査では断定はできません。前回の結果はまだ1回ですし、臨床症状が出るかどうかが微妙な程度なのです。したがって再検査が実際には必要なのです。一方、それ以外に抗カルジオリピンIgG抗体も上昇していたので、精査が必要だと考えられるのです。このような検査は1回、一つの検査だけでは断定するのは早計なのです。

No.10852 50769

カテゴリ: 凍結胚移植 習慣流産・不育症

本日凍結胚移植をして頂きました。ありがとうございました。
今回追加で頂いた薬で、バイアスピリンを貰いました。恐らく不育症の疑いで検査頂いているので処方されたのだと思いますが、質問です。

クリニックのブログで、不育症に対して妊娠してからアスピリンを飲み始めると記載されているのを見たのですが、胚移植直後からでも大丈夫なのでしょうか。
他のサイトでアスピリンは炎症反応を抑える為、妊娠前は負の影響が出る、というような記事を見た為不安になり質問しました。
お忙しいところ恐れいりますが、よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

実際には、アスピリンを使用する時期に、明確な基準はないのです。胚移植をしてからの使用で問題ありませんよ。妊娠前にアスピリンが負の影響を起こすという全体の認識もないのです。実際には様々な意見が交錯しているのですね。予定通りの服用で大丈夫ですよ。

No.10848 43311 ゆう

カテゴリ: 習慣流産・不育症

いつもお世話になっております。
不育症の検査の結果、自分に異常がある事が分かりました。
この度は、ご無理を言って不育症の検査を受けさせていただきまして、本当にありがとうございます。
お礼を申し上げたく、メール致しました。

妊娠、出産に向けて一歩進んだような気が致します。今後ともよろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

今回の不育症検査で異常値が出ましたね。精密検査を受けて来てみて下さい。頑張って下さいね。

No.10802 44795

カテゴリ: 流産 凍結胚移植 習慣流産・不育症

お世話になっております。

昨年末に妊娠判定を頂きましたが、残念ながら今回は10wで稽留流産となってしまいました。
今後しばらくは治療をお休みしようと思っているのですが、その前に子宮卵管造影や不育症の検査をしておこうか悩んでいます。
もし検査をするなら、どのタイミングで伺えば良いでしょうか?
検査の流れも教えていただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

今回、卒業なされたものの10週での流産とはとても残念です。反復されたことでご不安にもなっていると思います。しかし、出産の実績がありますので、少し落ちついたらばまた一緒に頑張っていきましょう。卵管造影検査や不育症検査は、いつでも良いのですが、生理開始6~10日においで頂ければ、両方とも一緒におこなえますよ。