掲示板

院長がお答えします。

習慣流産・不育症

No.10712 むー

カテゴリ: 習慣流産・不育症 不妊症検査

はじめて質問させていただきます。
私は、27歳の頃に妊娠12週で胎児が無頭蓋症と診断され13週の時に中期中絶手術をし、先日妊娠9週で稽留流産と診断され搔爬手術を受けました。
その間に一度化学流産も経験しています。
今回も前回も自然妊娠です。また、まだ子供はいません。
一度他院で妊活ドックというものを受けた際は、ビタミンDの値が少し少ないことと右卵巣嚢腫疑いと言われました(その後、卵巣嚢腫の方は黄体血腫だったのかもしれないとのことでした)そのほかは特に指摘は受けませんでした。
ただ、2回続いてこのような経験をすると、不育症なのかとても不安になります。検査は必要なのでしょうか。私に何か原因があるのでしょうか。
中絶後も中々授からず、貴院への通院も検討しておりました。
不妊治療をしていた知人たちも、そちらに通院していたと聞き、ぜひ先生からのご意見を伺いたく掲示板に書かせていただきました。

よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

辛いことが続き、ご不安の事と思います。無頭蓋症は、原因は明確ではなく、たまたまおきたものと推測されます。妊娠9週の流産とも関連はないでしょう。したがって、厳密には不育症・習慣流産ではありません。しかし、最近では2回の流産でも検査をすることが多くなっています。ご不安のままでいるよりも一通りの検査をしても良いと思います。お二人の染色体分析、糖尿病、甲状腺の全身疾患、子宮内腔の状態、血液の凝固能検査、などがあり得ます。また、その後、なかなか妊娠されないようなので、不妊症の検査と治療もおこなって良いと思いますよ。当クリニックの診察をご希望ならば、受付へのお電話で予約を取り、おいで頂けますか。お待ちしております。

No.10680 47798

カテゴリ: 排卵、排卵障害 習慣流産・不育症

お世話になっております。
10/22に卒業しましたが、10/27の妊婦検診で心拍が止まっており、稽留流産と診断されました。その後11/2に自然排出しました。
3回連続の流産で、そのうち2回は心拍確認後の流産でした。
①前回も今回も、胎嚢の成長が遅く、心拍停止の時には胎嚢と赤ちゃんの大きさがほぼ同じでした。これは何か原因があるのでしょうか?
②今残っている受精卵がなく、また採卵からお願いしたいと思っていますが、いつ頃貴院に伺えばよろしいでしょうか?
③2回目の流産後に不育症の検査をしましたが、今回何か検査は必要でしょうか?
④今飲むべきサプリを教えてください。
質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

今回も流産となり、とても残念です。発育の途中経過が正常ではなかったようですが、最も考えられるのは胎児の染色体異常です。次周期は卵巣を休ませる周期ですが、子宮鏡はおこなっておきましょう。生理開始6~10日においで頂けますか。すでに不育症の検査はおこなっているのですが、甲状腺ホルモンと血液凝固の指標のAPLパネルの再検査をしておきましょう。サプリメントは、再度採卵からの話になるので、アシストワン、DHEAを再開して頂けますか。

No.10673 clover

カテゴリ: 子宮 習慣流産・不育症

突然失礼致します。私たちは結婚して一年、好きなタイミングで夫婦生活をしてきました(避妊したことはありませんが一度も妊娠していません)。ですが最近子供が欲しいと考えるようになり3か月程、基礎体温つけながら排卵日周辺を狙って夫婦生活しましたが妊娠せず、子供が欲しい気持ちが強い私は、他院で検査を受けました。
膣中隔があり左側は狭く、右側で性交渉も行われているとのことでした。卵管造影も右側しか検査できませんでしたが右の卵管は問題ないので右で妊娠できる可能性はあるそうです。しかし今は性交渉しても右側にしか精子がいっていない可能性があるそうで膣中隔を切除することを勧められました。
私は子宮奇形もあり、複数の先生に診てもらいましたが、先生によって重複子宮と診断される方もいれば中隔子宮、双角子宮などさまざまな判断をされました。詳しく知るため先日MRI検査を受け、現在結果待ちです。
なお生理中に受けた血液検査で各ホルモン値、甲状腺検査もすべて結果良好でした。クラミジア検査も陰性でした。生理も順調です。
性交痛があることも悩んでいます。
2014.02.25の高橋先生のブログにて膣中隔切除のメリットを拝見しました。
私のような状況でもやはり膣中隔を切除することで妊娠・出産においてメリットがあるのでしょうか。ご意見頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

子宮奇形は、分類もやや不明瞭なこともあるのと、判断に迷うことがあり、多少診断名がばらつくことは時々あります。膣中隔があり、子宮口が2個あり、子宮内腔も完全にふたつに分かれているならば重複子宮と考えて良いと思います。子宮と膣中隔の手術は、分けて考える必要があります。現時点では、基本的には右の排卵時にのみ妊娠のチャンスが高いと言うことになります。もし妊娠するチャンスを増やしたいならば、膣中隔は切除した方が良いでしょう。当クリニックでは日帰りでおこなっています。またこの手術をおこなうことで、左側の子宮と卵管の検査も可能となるでしょう。一方、今のままでも妊娠する可能性はあるので、手術しないという選択肢もおかしくはありません。子宮中隔の手術は判断が少し難しくなります。中隔子宮ならば手術は可能ですが、双角子宮、重複子宮では手術は基本的にできませんし、必要性もあまりありません。なお、子宮中隔は、習慣流産の原因とはなりますが、不妊症の原因とは言えません。したがって中隔子宮であっても現時点では手術が必要とはいないのです。ただし、膣中隔も含めて一度で手術を済ませたいとの目的で、膣中隔と中隔子宮(今回は中隔子宮かどうかは分かりませんが)を同時に手術することはあります。

No.10656 ゆー

カテゴリ: 流産 習慣流産・不育症

色々な方のご質問に親身に回答されている先生の掲示板を拝見したのでもしよろしければアドバイス下さい。
先日11週の検診で心拍停止とのことで掻爬手術をする予定です。
11週でしたが、大きさは9週程度で止まってしまっていました。
不育症のことが心配で色々な検査をするか悩んでいます。ネットなどでは10週を超えての流産や心拍確認後の流産は母体側に原因があることがあると書いてあるものもありました。
私は11週の検診で見つかりましたが流産の週としては9週になるのでしょうか?
二度とこんな悲しい思いをしたくないので今後できることはしたいと思っています。
また吸引の掻爬手術でも今後の妊娠に何ら影響はありませんか?

高橋敬一院長からの回答

今回流産となりとても残念です。胎児の大きさが9週で止まっているならば、流産の週としては9週と考えて結構です。したがってまた不育症の検査は必要とは判断はされません。しかし、もしご不安ならば、不育症の検査を受けても良いと思います。ご希望ならば担当医にご相談なさっては如何でしょうか。吸引法は一般的には問題ありませんよ。

No.10640 K子

はじめましてご質問させて頂きます。私は、去年と、今年に自然妊娠から心拍確認後に、8週でけい留流産となりました。10月半ばに子宮内容吸引術を行い、その際に流産組織の染色体検査を行い結果待ちです。不育症の検査や治療も考えましたが、年齢的に体外受精を検討してみることも必要かもしれないと現在の病院でアドバイスを貰いました。現在の病院は、不育症や不妊症の治療に対応しておらず、専門的なこちらのクリニックを受診したいとおもいますが、どのタイミングで伺えばよろしいでしょうか。生理はまだ再開していません。夫とは体外受精について話をしておりますが、まずは独りでの受診でよろしいでしょうか。
長々と失礼しました。よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

今回も流産となりとてもご不安と思います。厳密には3回流産が繰り返すときに習慣流産とされますが、最近では2回でも検査をすることが多くなっています。不育症の検査は念のためにおこなっておいて良いと思いますよ。年齢を考えると、治療は急いだ方が良いでしょう。都合の良いときに早めにおいで頂けますか。体外受精も含めて積極的な治療のスケジュールを考えてみましょう。受付へのお電話で予約を取っておいで頂けますか。お待ちしております。

No.10638 c.I

カテゴリ: 子宮 習慣流産・不育症 手術

今回、友人の紹介で転院を考えています。
元から中隔子宮があり3度流産し、タイミング法にて今回妊娠致しました。
ですが、現在週数では9週ですが7週から心拍確認し胎芽だけ4.6ミリから成長していません。
尿検査の結果、650000HCGあり胞状奇胎が疑われ明後日また通院し結果次第では来週、再来週と2回手術する様です。
現在かかっている病院は、普通の産婦人科で次の妊娠を望む際は貴院に転院したいと考えています。
その場合、手術後すぐなのか再度妊娠しても良いと判断された後なのかどちらがよろしいのでしょうか。
また、中隔子宮の手術も考えておりその場合の費用などもお聞きしたいと思っております。
お忙しい中、申し訳ございませんがご返答お願い致します。

高橋敬一院長からの回答

3度の流産となり、ご不安のことと思います。まずは今回の対処をしっかりと受けて頂けますか。中隔子宮は習慣流産の原因になります。したがって手術の対象になり、当クリニックでは日帰りで子宮中隔切除をおこなっています。次回は手術が済んですぐの来院で結構ですよ。費用は保険がききますので、約10万円程度で可能です。また保険会社の医療保険に入っていれば、補助もされるはずです。しっかりと対応していきましょう。それではお待ちしております。

No.10595 48094

カテゴリ: 不正出血 習慣流産・不育症

そちらに以前通っており、無事に妊娠することが出来ました。その節はありがとうございました。
通院中にそちらで不育症検査をしましたが、抗リン脂質抗体 抗β2GP1に引っ掛かりました。
数値は45.3再検査48.5でした。
不育症検査に引っ掛かったこと、1人目出産の際に35週から血圧が上がり妊娠高血圧症候群になったことを考え妊娠した時点から薬を服用した方が良いと高橋先生からお聞きしました。


今回の妊娠が分かったときは5週から8週まで出血していた為服用していませんでしたが、その後出血が治ったのでバファリン配合錠A81を服用していました。
しかし、13週に入った途端大量出血し、絨毛膜下血腫との診断になりました。
16週現在バファリン配合錠A81の服用は中止しており出血が治まりつつあります。出血が完全に治ったらまた服用を開始しても良いとの診断でした。
しかし、今年の3月に絨毛膜下血腫での流産を経験している為、再度服用を開始するのに恐怖心があります。
そこで、高橋先生のお考えをお伺いしたいのですが、今後また出血のリスクがあるのを認識していても28週まで服用を再開するべきでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

まずは、今回妊娠されておめでとうございます。不育症の検査で陽性を示していたので、バッファリンを飲む意義は十分あります。一方、出血が止まりにくくなる可能性もあり、今回のようなときには、継続するかどうかは明確な基準はありません。当クリニックでも、今回と同じように、出血が落ちついたならばバッファリンを再開するようにしています。いろいろご不安とは思いますが、今回は今の担当医と同意見です。今後も頑張って下さいね。

No.10511 さくら

カテゴリ: 習慣流産・不育症

初期流産が2回続き、貴院で不育症の検査を受けようか迷っています。
全部で10万程かかるということでしたが、全て受けないといけないものですか?それとも原因として可能性が高い検査を選択して受けてもいいのでしょうか?血液検査でわかるとの話しも聞いたことがあります。
2回出産経験があります。
よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

不育症の検査は、すべて受けると10万円ほどかかります。しかし、2回出産経験があるとのことなので、お二人の染色体検査などは抜いても良いと思います。それならば半額の5万円程度で済みます。あとはご自身の必要性の判断になると思います。具体的な項目は、実際においで頂かないと判断は難しいと思います。受診をご希望ならば、受付へのお電話で予約を取っておいで頂けますか。お待ちしております。

No.10509 43713

カテゴリ: サプリメント 習慣流産・不育症

お世話になっております。
高橋先生に授けていただき、おかげ様で妊娠23週になりました。ありがとうございます。
卒業後も引き続き服用しているバイアスピリンとアシストDについてですが、これらはいつまで服用をするのがいいのでしょうか?
バイアスピリンは卒業時に3ヶ月分出していただき、通院している産婦人科でひとまず4週間分追加で処方していただいています。
アシストDはそろそろなくなりそうなので、引き続き服用した方がいいのであれば購入に伺いたいと思っております。
お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

妊娠23週まで順調に来ているようで何よりです。バイアスピリンは最近では28週まで使用することが目安とされています。ビタミンDは出産まで使用して下さい。受付にoo電話頂ければ郵送も可能ですよ。今後も順調に経過して元気なお子様が誕生されることをお祈りしています。

No.10494 もこ

カテゴリ: 習慣流産・不育症

初めて相談させていただきます。
他院で体外受精治療しています。4年前に第一子出産(自然妊娠)後、二人目をここ3年で3回の流産(9w稽留流産、6w完全流産、9w完全流産)と3回の化学流産をしています。
不育症検査は2年前に実施しており、12因子活性が55でバイアスピリン治療しましたが、それでも化学流産・3度目の流産をしました。流産した時の胎児の染色体検査はできていません。
質問は、
・今後ヘパリン併用すべきでしょうか?抗カルジオピリン抗体IgGが9(基準値10未満)で陰性ですが、ギリギリなので気になります。
・やるべき検査はありますか?子宮鏡、卵管造影、ERA・EMMA・ALICEは未実施です。
・3度目の流産ではホルモン補充周期で、絨毛膜下血腫ができて出血もありました。次回は自然周期の方がいいでしょうか?
不安や妊娠しても産めない絶望感が強く、精神的な部分も原因かと思っています。
回答をいただけますと幸いです。よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

基本的な検査としては、子宮卵管造影検査と子宮鏡をまずお勧めします。つぎ12因子の再検査もよいでしょう。抗カルジオリピン抗体は基準未満ですので、この検査だけでは流産に関係しません。しかしご不安ならば再検査をしても良いと思います。現時点ではヘパリンの必要性はないでしょう。不安が強い場合には、カウンセリングもうけた方が良いでしょう。ご希望ならば、当クリニックの小倉カウンセラーは、ネットでのカウンセリングもしていますのでご利用してみては如何でしょうか。

No.10484 みー

カテゴリ: 受精異常 習慣流産・不育症

先日も質問させていただきましたが、(質問No.10479)初期流産が2回続いていまして、検査の方を希望ですと出来るだけ最短で、来院回数(生理何日目など)や全部の検査の金額の方はどのくらいになりますか?
検査だけの通院でも大丈夫なのでしょうか?
よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

不育症の検査では、一般的には10万円程度です。来院回数は2~4回程度で可能です。検査だけでも承りますよ。診察をご希望の場合には、受付へのお電話で予約して頂けますか。お待ちしております。

No.10479 みー

カテゴリ: 流産 習慣流産・不育症

初期流産が2回続いていますが、次の妊娠に向けて検査はした方がよいですか?それともこのままタイミング等をとっていっても大丈夫ですか?
2回目の流産の時は、出てしまった後の診察だったので、子宮内外はっきりわからずでした。
もし検査をする場合はどのような流れになりますか?貴院でも出来ますか?
流産は今回初めてで、過去に出産経験があります。
お忙しい中申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

胎嚢が確認できてからの流産が2回続くならば、検査を受けても良いと思いますよ。妊娠反応だけならば、しばしばおきていることなので、検査は必ずしもお勧めされるものではありません。ただし、ご自身が不安であるならば悩むより設けた方がスッキリするでしょう。検査は、糖尿病や甲状腺の全身疾患、および血液凝固能、染色体分析、子宮卵管造影検査や子宮鏡検査による子宮の検査、などをおこないます。ご希望でしたらば検査をおこないますのでおいで頂けますか。待ちしております。

No.10428 他院治療中

カテゴリ: 着床前診断・遺伝 習慣流産・不育症

はじめまして。
他院にて治療中で採卵1回行い凍結胚を7個移植しましたが、2回心拍確認後に流産、他は陰性とうまくいきません。不育症検査は通院中の病院での検査は全て問題ありませんでした。また不妊検査もとくに問題ありません。夫は射出精子がいますがかなり少ないです。結果が悪かった理由は分かりませんが射出精子で良くなかったことを考えるとTESEを行った方が良いのでしょうか?よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

2回の流産でとてもご不安なことと思います。一方、様々な検査で問題が無かったようなので、偶然おきた胚の染色体異常が流産の原因である、可能性が高いと思います。これはTESEをおこなって改善される可能性は高くはありません。偶然おきたものと考えて、再度採卵と胚移植をおこなう方針もあります。一方、胚の染色体の問題が最も大きいので、もしおこなうならば着床前診断(PGT-A)を考えても良いと思いますよ。

No.10382 かな

カテゴリ: 習慣流産・不育症

はじめまして。
プロテインs活性が低いことに対する、ヘパリン対応について先生のご意見をお聞かせいただけたらと思い、ご質問させていただきます。

不妊治療クリニックの初期血液検査にて、プロテインS活性45%
(妊娠したことなく、流産経験などもありませんが、初期検査にこの項目が含まれておりました。)

別の不妊治療クリニックにて、顕微受精、ホルモン補充にて妊娠し、現在は6週6日です(今朝から少量の鮮血が続いています。腹痛なし)
非妊娠時ですでに基準値を下回っていたため、妊娠したらこの項目の数値は下がることがほとんどなので、再検査の結果でヘパリン注射の可否を判断しましょう。とのことだったので、再検査したところ、27%まで下がってしまっていました。

プロテインS活性が低い場合の、ヘパリン注射が必要かどうかは、医師によって判断が分かれると聞いています。
現在通っているクリニックでは、胎嚢と小さくですが心拍が確認できた日(5週5日)から、毎日1日2回のヘパリン自己注射をしています(バイアスピリンは凍結胚を移植した日から服用を続けています)
先生の過去の質問へのご回答の中にもヘパリン処方は対応していない産院も多いとあり、今後不妊クリニックを卒業し、通える産院があるのか不安に感じています(都内住みですが、長崎県にて里帰り出産を検討しています。)

流産、死産経験もないですが、プロテインS活性が27%の場合は、ヘパリン自己注射は必要であると考えられますでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

一般論として、流産・死産のない方への抗凝固療法は推奨されてはいません。プロテインSが低値の場合でも必ず流産するものでもないのです。また、プロテインSの値も結構上下するのです。したがって意見が分かれるのですね。教科書的に言えば、ヘパリンの使用は今回は推奨されません。一方、不育症にこだわっている医師ならば、お勧めすることもあると思います。施設としては、大学病院などでは、しっかりとした根拠がないとヘパリンは使用しないでしょう。紹介先は、担当医との相談になると思います。

No.10287 49611

カテゴリ: 習慣流産・不育症

お世話になっています。
今月の移植は見送ることになったのですが、その間に保留にしていた保険適応外の不育症の検査を受けたいと思っています。
どのようなタイミングで来院すればよいでしょうか。

高橋敬一院長からの回答

保険適応外の不育症の検査は、いつでも可能ですよ。ただし、染色体分析は、休日の前日(土曜日など)や夕方5時以降は受付できませんので、それ以外においで頂けますか。

No.10267 48830

カテゴリ: 流産 習慣流産・不育症

先日陽性反応が出たとコメントさせていただきました。

残念ながら、4w6dで流産してしまいました。
今年の2月は稽留流産。
今回は化学流産。
2度目の流産です。
なにか検査をした方がいいのでしょうか。

妊娠はできる!という喜びの反面
妊娠できても育たないという悲しみがあります
このまま普通に認可をしてもいいのか。。

院長先生のご意見いただけませんでしょうか。

高橋敬一院長からの回答

今回も流産とのことでとても残念です。ご不安のことと思います。ただし、化学的流産は通常でもしばしばおこることであり、珍しいことではないのです。一方、胎嚢を認める臨床的妊娠が2~3回続くときには、不育症・習慣流産の検査が推奨されます。現時点ではその検査をお勧めするものではないのですが、もし、とてもご不安で気になっているならば、検査を早めに受けることはあり得ます。その場合には医師にその希望を申し出てみては如何でしょうか。

No.10235 47705

高橋先生、先日は採卵して頂きましてありがとうございました。前医では胚盤胞を3つ作るのが限界でしたが、40歳を間近に控えた今回、良好胚盤胞を11個も作って頂き、ひとまず安心しております。
またオンラインのジネコの研修会、不妊治療セミナーをいつも楽しみに拝見しております。
移植前に二つご確認させて頂きたいことがありまして、前医の不育症の採血結果を、4月に藤田先生に提出したので、いま手元になく数値が見れないのですが、私はT1/T2の値は正常でしょうか?また第12凝固因子が昨年8月では43でしたが、10月に再検査すると65ありました。これは「血液が少し固まりやすい」は否定され、正常と捉えて治療する必要がないと考えて宜しいでしょうか?大変お手数ですが、教えて頂けると幸いです。

高橋敬一院長からの回答

今回、胚盤胞が沢山できて良かったですね。12因子は時期により変動します。基本的には不育症の原因とは現時点では言えませんが、再検査をしても良いと思います。Th1/Th2はいつおこなっているでしょうか?カルテ上はおこなった形跡がありません。次回来院時に直接ご相談致しましょう。

No.10112 ぽてと

初めまして。
3回の流産(1度目6週化学流産、2度目11週心拍確認後に稽留流産、3度目9週心拍確認後稽留流産)を経て、不育症の検査をしましたが異常が見られず。その後タイミング法を行っていましたが進展がなかったので体外受精を行い、1人目、息子を授かりました。今生後5ヶ月です。
体外受精を行う前の検査でAMHが1.7であることが分かりました。そして体外受精後もデュファストン内服+1週間に1回筋肉注射を行い息子の出産に至りました。
現在混合栄養ですが、AMHを測定して可能性があるのであれば2人目も検討したいなと考えています。
①大きな異常は見られなかったが1度体外受精をすると2人目の時も体外受精になりますか?
②ホルモン剤を飲んで1人目の妊娠を継続することができたのであれば、2人目を自然妊娠した場合ホルモン剤を飲んでいなければまた流産をしてしまいますでしょうか…

1人授かれたのにこんなことは欲かもしれませんが、2人目を検討する上に気になっており通院していたクリニックの先生に聞くことができなかったので書き込みさせて頂きました。
お忙しいところすみませんが返答頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

お子様が誕生されて良かったですね。体外受精前に妊娠していますので、二人目は、体外受精以外の自然妊娠などもあると思います。体外受精で流産率が少なくなるのではないのですね。一方、卵巣機能が低下しているので、妊娠を急ぐ目的で体外受精もおこなう事はあります。時間が問題だと思います。頑張って下さいね。

No.10105 はむすけ

過去に9度の移植、2度の流産(大量出血による自然流産)をしております。
夫婦の片方に転座が見つかった為PGT-Aをし、異常なしの卵を移植したもののHCG0,0で陰性で終わりました。その後、子宮内膜に多発性のポリープが見つかったので先月ポリープ除去の手術をいたしましたが、まだ術後1か月弱しか経っていないにも関わらず「子宮の奥に白い物体がある。ポリープが再発した可能性もあるし、手術で出た血が子宮内に残っている可能性もある」と現在通院中の先生に言われ、今周期予定していた移植を見送ることにしました。
高橋先生にお伺いしたい点は
①術後1か月でポリープの再発はあり得ますか?
②夫婦の染色体検査、内膜検査、血液凝固の検査を行いましたが、次の移植までにやった方が良い検査などありますか?
お忙しい中恐れ入りますが、ご教示よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

多発性のポリープの場合には、手術の方式が大きく影響します。掻爬手術は手探りなので40%程度に取り残しがおこります。子宮鏡下の子宮内膜ポリープ切除だったのでしょうか。一方、多発性の場合には、子宮鏡下子宮内膜ポリープ切除術でも、手術時に小さなものまでは切除できなく、数ヶ月後に少数のポリープの再発はしばしばあることです。多発性の場合には、短期間に再手術が必要なことはしばしばあることなのです。追加検査としては、卵管水腫の存在の確認(子宮卵管造影検査など)、慢性子宮内膜炎、などが考えられると思います。妊娠はされているので頑張って下さいね。

No.10091 43107

カテゴリ: 習慣流産・不育症

いつもお世話になっております。
次回の体外受精後にアスピリンを服用するとのことでしたが、抗β2GP1I gGの検査結果「10.1」から、これが不育症の原因で、アスピリン療法が有益であると言うことでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

最近、抗β2GP1んどの検査方法が変わり、以前との基準値とことなっています。10.1は、新検査法では正常値(<20)なのですが、やや高めであり、当クリニックではアスピリンをお勧めしています。今後、使用基準が変更されることはありますが、アスピリンには大きな副作用が無いので、現時点では念のために使用されては如何でしょうか。