掲示板

院長がお答えします。

No.10091 43107

カテゴリ: 習慣流産・不育症

いつもお世話になっております。
次回の体外受精後にアスピリンを服用するとのことでしたが、抗β2GP1I gGの検査結果「10.1」から、これが不育症の原因で、アスピリン療法が有益であると言うことでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

最近、抗β2GP1んどの検査方法が変わり、以前との基準値とことなっています。10.1は、新検査法では正常値(<20)なのですが、やや高めであり、当クリニックではアスピリンをお勧めしています。今後、使用基準が変更されることはありますが、アスピリンには大きな副作用が無いので、現時点では念のために使用されては如何でしょうか。