掲示板

院長がお答えします。

No.10105 はむすけ

カテゴリ: 子宮内膜ポリープ 習慣流産・不育症

過去に9度の移植、2度の流産(大量出血による自然流産)をしております。
夫婦の片方に転座が見つかった為PGT-Aをし、異常なしの卵を移植したもののHCG0,0で陰性で終わりました。その後、子宮内膜に多発性のポリープが見つかったので先月ポリープ除去の手術をいたしましたが、まだ術後1か月弱しか経っていないにも関わらず「子宮の奥に白い物体がある。ポリープが再発した可能性もあるし、手術で出た血が子宮内に残っている可能性もある」と現在通院中の先生に言われ、今周期予定していた移植を見送ることにしました。
高橋先生にお伺いしたい点は
①術後1か月でポリープの再発はあり得ますか?
②夫婦の染色体検査、内膜検査、血液凝固の検査を行いましたが、次の移植までにやった方が良い検査などありますか?
お忙しい中恐れ入りますが、ご教示よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

多発性のポリープの場合には、手術の方式が大きく影響します。掻爬手術は手探りなので40%程度に取り残しがおこります。子宮鏡下の子宮内膜ポリープ切除だったのでしょうか。一方、多発性の場合には、子宮鏡下子宮内膜ポリープ切除術でも、手術時に小さなものまでは切除できなく、数ヶ月後に少数のポリープの再発はしばしばあることです。多発性の場合には、短期間に再手術が必要なことはしばしばあることなのです。追加検査としては、卵管水腫の存在の確認(子宮卵管造影検査など)、慢性子宮内膜炎、などが考えられると思います。妊娠はされているので頑張って下さいね。