掲示板

院長がお答えします。

No.10591 書き込み番号10453

カテゴリ: 慢性子宮内膜炎・フローラ サプリメント

以前他院で子宮内膜ポリープ手術の予約がなかなか取れないと相談した者です。
なんとか予約がとれ、先月に無事手術が終了し、新たな気持ちで治療を進めるべく、アシストワンを購入してみました。

それが近々届くという頃、子宮内膜ポリープの検査結果がきて、ポリープは陰性だったものの
「D138陽性の形質細胞の数を検索しましたが、顕微鏡による観察(強拡大=400倍)で20視野中21個認めました。」
とのことで、慢性子宮内膜炎とのこと。

そのためビブラマイシンなどの抗生剤を2週間飲むことになったのですが
アシストワンと同時に飲んでも良いものでしょうか?

薬の飲み合わせという意味と
(高額なので)妊活出来ない時期に飲まずにAIHを受ける月などここぞという
月に飲んだ方がよいのか、飛び飛びで飲んでも意味がないのかといったサプリの効き目の両面から伺いたいです。

また、4包目安との記載でしたが
試しに2包程度に減らして飲むのは意味がないのかもお聞きしたいです。
(貴院で治療を受けている方々は、年齢や何らかの検査結果、治療履歴によって飲む量を先生から指導されたりしているのでしょうか?)

高橋敬一院長からの回答

アシストワンはビブラマイシンと併用しても大丈夫ですよ。卵子は成熟するのに80日程度かかります。したがってビタミンやサプリメントは、卵子への影響を考えると1週間飲んだらば効果が出る、というものではありません。したがって早めに始めた方が良いと思います。量は基本は4包ですが、2包で意味がないとは言えませんし、それなりの効果は期待できると思います。ご自身の事情で調整されても良いですよ。