掲示板

院長がお答えします。

No.10673 clover

カテゴリ: 子宮 習慣流産・不育症

突然失礼致します。私たちは結婚して一年、好きなタイミングで夫婦生活をしてきました(避妊したことはありませんが一度も妊娠していません)。ですが最近子供が欲しいと考えるようになり3か月程、基礎体温つけながら排卵日周辺を狙って夫婦生活しましたが妊娠せず、子供が欲しい気持ちが強い私は、他院で検査を受けました。
膣中隔があり左側は狭く、右側で性交渉も行われているとのことでした。卵管造影も右側しか検査できませんでしたが右の卵管は問題ないので右で妊娠できる可能性はあるそうです。しかし今は性交渉しても右側にしか精子がいっていない可能性があるそうで膣中隔を切除することを勧められました。
私は子宮奇形もあり、複数の先生に診てもらいましたが、先生によって重複子宮と診断される方もいれば中隔子宮、双角子宮などさまざまな判断をされました。詳しく知るため先日MRI検査を受け、現在結果待ちです。
なお生理中に受けた血液検査で各ホルモン値、甲状腺検査もすべて結果良好でした。クラミジア検査も陰性でした。生理も順調です。
性交痛があることも悩んでいます。
2014.02.25の高橋先生のブログにて膣中隔切除のメリットを拝見しました。
私のような状況でもやはり膣中隔を切除することで妊娠・出産においてメリットがあるのでしょうか。ご意見頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

子宮奇形は、分類もやや不明瞭なこともあるのと、判断に迷うことがあり、多少診断名がばらつくことは時々あります。膣中隔があり、子宮口が2個あり、子宮内腔も完全にふたつに分かれているならば重複子宮と考えて良いと思います。子宮と膣中隔の手術は、分けて考える必要があります。現時点では、基本的には右の排卵時にのみ妊娠のチャンスが高いと言うことになります。もし妊娠するチャンスを増やしたいならば、膣中隔は切除した方が良いでしょう。当クリニックでは日帰りでおこなっています。またこの手術をおこなうことで、左側の子宮と卵管の検査も可能となるでしょう。一方、今のままでも妊娠する可能性はあるので、手術しないという選択肢もおかしくはありません。子宮中隔の手術は判断が少し難しくなります。中隔子宮ならば手術は可能ですが、双角子宮、重複子宮では手術は基本的にできませんし、必要性もあまりありません。なお、子宮中隔は、習慣流産の原因とはなりますが、不妊症の原因とは言えません。したがって中隔子宮であっても現時点では手術が必要とはいないのです。ただし、膣中隔も含めて一度で手術を済ませたいとの目的で、膣中隔と中隔子宮(今回は中隔子宮かどうかは分かりませんが)を同時に手術することはあります。