掲示板

院長がお答えします。

No.10849 のみ

カテゴリ: 子宮筋腫・卵巣腫瘍 治療方針 手術

お忙しい中、お初に質問させて頂きたい他院通院中の者です。先日MRIにて8センチ超の漿膜下筋腫があり、妊娠した時に破裂のリスクがあるため開腹手術を勧められました。しかし、半年は避妊が必要なことや、術後妊娠した際の子宮破裂のリスクがあることを考えると、必須の手術でなければ避けて、夫の精子の運動率が20%と低いこともあり、早くに不妊治療をしたいと思っています。今の段階で妊娠のために手術は必要でしょうか。

高橋敬一院長からの回答

子宮筋腫の手術にはメリット、デメリットあります。何を重要視するかにより、方針が異なります。また、8cmの子宮筋腫により、子宮内腔に変形などの影響がある場合には手術を優先する方が良いでしょう。変形がない場合には、不妊治療を優先する選択肢もあると思います。ただし、子宮筋腫がある場合には、通常よりも流産早産の可能性も高くはなるのです。これらを総合的に判断しての手術を受けるかどうかの判断になります。