掲示板

院長がお答えします。

No.10934 おまおまむ

カテゴリ: 子宮・子宮奇形 手術

24歳で第一子を出産後、
28歳で稽留流産、29歳で心拍確認後稽留流産
血液検査で抗カルジオリピンが陽性となりアスピリン服用するも30歳で稽留流産となりました。
夫婦に染色体の異常はありません。
中隔子宮があることもわかりましたが、第一子が早産等何もなかったため手術は必要ないんじゃないかとのことでした。
31歳で妊娠し、ヘパリンとアスピリンを併用するも心拍確認できず流産となりました。胎児染色体も異常はなしでした。
今の病院では中隔を切除する手術をすると、10日の入院と言われ、さらに有効性があるかわからないと言われ悩んでいます。
子宮の半分ほど中隔があるそうです。
たくさんの書き込みを読ませていただきましたが、日帰りでの手術は可能なのでしょうか?
また、手術の有効性について先生の意見を聞かせていただきたいです。

高橋敬一院長からの回答

3回流産が続いているので、子宮中隔の手術をする意義はあると思います。当クリニックでは子宮中隔の手術は日帰りでおこなっています。もしご希望ならば、診察を受けに来て頂き、手術可能かどうか、診せて頂いた上での判断になると思います。ご希望の場合には受付への電話で予約をおとり頂けますか。