掲示板

院長がお答えします。

No.11333 48690

カテゴリ: 排卵、排卵障害

現在第2子妊娠に向けて通院しております.
お世話になっております.
7/19 D17 AIH
7/26 D24 高温期にならず排卵確認診察(左:排卵すみ、右:20mm)
7/31 D28 生理
8/3 D3 遺残卵胞確認エコー(左:20mm.右:29mm)、ホルモン採血
また10日後に受診する予定ではありますが、
藤田先生よりお休み周期になってしまうかもしれないと言われています.
しかし普通に排卵する可能性もあるのでタイミングはコンスタントにとってくださいと言われました.
この場合万が一排卵してくれるとしたらLHサージは起きるものなのでしょうか?排卵検査薬で掴めるのならこの期間を無駄にしたくないと思い使用検討しています.
また10日経てば分かることではありますが、遺残卵胞の処置?は通常1〜2周期お休みとなってしまうのでしょうか…
治療中の1〜2周期はとても重く貴重なので、自分の身体のことではありますが残念な気持ちでなりません.
ゴールデン期間を無駄にしたくもなく、出来ることがあるのかと模索しています.

ご教授頂ければ幸いです.

高橋敬一院長からの回答

今回は遺残卵胞があったようですね。遺残卵胞があっても、次周期に排卵する事はよくある事です。また、LHサージがおこらないと排卵はしません。したがって、今回、通常通りに排卵するかどうかはわかりませんが、性交渉などをお休みする必要はありません。通常の排卵時期に来て頂いて、確認してみましょう。