掲示板

院長がお答えします。お気軽にご相談ください。

No.6049 41968

カテゴリ: 凍結胚移植

先日は、私にとっての過去最高個数の卵を採っていただき、本当にありがとうございました。さて、3つ質問があります。1.今回、新鮮胚移植ではなく、全胚凍結とした理由をお教え願います。2.採卵後にプラノバールを服用していないので、通常よりも早く生理が開始するかもせれませんが、自然周期での胚移植で宜しいのでしょうか?
3.今回の凍結初期胚移植の際に、子宮内膜刺激法とアシステッド・ハッチングを施していただくと、妊娠率の向上が期待できますか?
酷暑が続いていますので、先生、スタッフの皆様におかれましては、どうぞお身体にお気をつけてください。

高橋敬一院長からの回答

今回、最高数の採卵ができて良かったですね。今回は、初期胚での移植を予定していたのですが、連休との兼ね合いがありました。総合的に考えて、今回は全て凍結して後日の移植の方が有益と判断して、ご提案致しました。今回は採卵しており、特別のホルモン補寿をしていないので通常よりも早めに生理が来ます。クロミッドの使用でいたので、次回に自然周期での胚移植も不可能ではありません。内膜刺激は複数回移植しても妊娠しない方に試してみる方法です。これにより明らかに妊娠率が上がるかどうかはまだ不明確な状態です。しかし、もしご希望ならばお受け致しますよ。アシステッドハッチングは、主に凍結胚盤胞の場合におこなっています。初期胚ではあまりおこなっておりませんが、これもご希望ならばお受け致します。