掲示板

院長がお答えします。お気軽にご相談ください。

No.6477 35169 E

カテゴリ: 着床障害 凍結胚移植

ご無沙汰しております
一昨年の9月に卵菅造影検査をしていただいた直後に体調を崩してしまいそちらに通うことが出来なくなってしまいました。
それから薬と通院でやっと身体の調子が良くなってきたので、また不妊治療を頑張りたいと思っています。
そこでいくつか質問なのですが、

①一昨年の10月から今月まで毎日薬を服用していたのですが、不妊治療に影響はありますか?

②凍結している胚を移植していただきたいのですが、次回の周期から通院するとしたらその周期に移植は可能ですか?

③子宮内膜刺激法をしていただけると前回お聞きしたのですが、生理何日目にお伺いすればよろしいですか?

お忙しい中、大変申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

体調は良くなってきたようで何よりです。またがんばっていきましょう。抗がん剤などでなければ、服用していた薬が今後の不妊治療に影響する可能性は少ないと思いますよ。次回に具体的な薬のをお教え下さい。通院周期にすぐに胚移植も可能ですが、昨年から現在にかけて、反復着床障害の原因の検査として、慢性子宮内膜炎と、子宮内フローラ(細菌叢)の検査が新しくおこなえるようになりました。内膜刺激法の前にその検査をお勧め致します。詳しく説明致しますので、まずは都合の良いときにおいで頂けますか。