掲示板

院長がお答えします。お気軽にご相談ください。

No.6760 ねね

カテゴリ: 治療方針 人工授精

初めまして、41歳で他院で二人目不妊治療中のものです
11月の生理3日目の血液検査で
LH 前 2.3 mIU/mL  
FSH前 4.0mIU / mL
エストラジオール血清 32.8pg/mL
D25  高温期9日目の血液検査
プロゲステロン 10.2ng / mL
プロラクチン前 9.7ng / mL

クロミッドなど服用せず自然周期で13日に2回目AIH をしました。

1人目は5年前にクロミッドから切り替えて2回目で生理開始から2日目から1日おきに5回HMG注射して翌日にHCG その翌日に一回目のAIH から4日目からネルフィン10日分服用し妊娠に至りました。

1人目は排卵誘発剤と併用のAIH だったので41歳なのもあり排卵誘発剤は使用せずで大丈夫ですか?っと主治医に確認したら血液検査の結果では必要ないし体温もきれいに二層に別れてるからとのことで、いまだに排卵誘発剤はせず自然周期です、20㎜でHCG ご44時間後に排卵の確認なしでAIH になりました。
高温期の期間が11日と続いてるので、1人目の時同様黄体機能を助けるのを処方してほしいと頼みAIH 後4日目からデュファストン10日分処方していただきましたが、飲みはじめて6日目に少し出血があり、日に日に少しずつ出血量が増え最初の出血から4~5後に生理の出血量になりリセットになりました、前回は薬を服用しましたが高温期は10日程でした。
今回は12日12:00に21.4㎜でhcg 13日13:40に22.2㎜で無理を言って超音波診断してもらい排卵前であることを確認させてもらい2回目のAIH にいたりました
ホルモン値から今回もデュファストン10日分で良いのか、hcg を数回射ったりすると聞いたこともあるので黄体機能を助けるために、どの様に主治医に相談すろのが良いか、なにかよい方法はないのでしょうか?不安です。
先生のご意見お聞かせいただけたら幸いです。
又血液検査のホルモン値は本当に排卵誘発剤など使用しないで大丈夫何でしょうか?

1人目の時は黄体機能不全と言われたのでその時と同じ今の主治医にデュファストン処方される前に伝えたのですが、10ng/mL以上で10.2ng / mL で10こえてるからと言われましたが、心配なむねを伝えたところじゃあいいですよ、今回飲んでみますかとなりせっかくAIH するならと思いAIH 1回目のときには処方してもらいました。

先程書き込み忘れたのですが、14日本日19:00の時点で、つまんつでおりもの確認したら透明で伸びたおりものでした。
12日12:00頃にhcg 注射でしたが、まだ排卵してないことってありますか?
AIH 当日の朝は、おりものはやや濁ってて伸びはなく水っぽい状態でしたが、超音波診断で排卵前であることは確認済みです
排卵後でもおりものが透明で伸びる事はありますか?又考えられる事はありますか?
のびおり透明~少し乳白色混じりの透明で水っぽい伸びないおりもの~透明で少し乳白色混じりで伸びるおりものに又なることってあるんでしょうか?普段あまりつまんでおりものの観察をしてなかったので、自分のおりものの状態を把握してなかったので、不安です今回のAIH は無駄になってしまわないか心配です。どうぞ
のびおりの理由も教えてください

高橋敬一院長からの回答

自然周期での黄体ホルモンの補充では、妊娠率の上昇はしないと報告されています。したがって、黄体ホルモンの使用の有無は、自然周期では重要とは言えません。もし、担当医に要請するならば、黄体ホルモンの使用よりも、HMG注射などの排卵誘発剤の使用を要請した方が良いでしょう。ただし、HMG注射の周期では、黄体ホルモンの補充は必ずおこなった方が良いです。一方、人工授精での妊娠率は年齢的には2~3%です。体外受精も考慮して良いと思いますよ。なお、粘液の状態での排卵の判断は明確にはできません。