掲示板

院長がお答えします。お気軽にご相談ください。

No.7111 とも

カテゴリ: 子宮内膜ポリープ 手術

いつも掲示板拝見させていただいております。
現在33歳で他院に通院中です。
不妊治療を始めるにあたり、全面性多発性子宮内膜ポリープの診断でした。
手術の際、全てのポリープを取り除くことが出来なかったが、問題ないと言われました。術後数ヶ月は以前まであった強烈な生理痛は収まっていましたが、ここにきて生理痛がまた酷くなってきました。
そして現在人工授精み3回目で妊娠に至っておりません。
そろそろ体外受精へとステップを上げようと考えますが、残存しているポリープが着色の邪魔をしているのでは?というような疑問も持ち始めています。

ここで先生にご質問ですが、残存するポリープが着床を邪魔をしている可能性はあるのでしょうか?
残っているポリープは全て切除した方が、妊娠率は上がるのでしょうか?
お忙しいところ、申し訳ありませんが先生のお考えのをお聞かせいただけると幸いです。

高橋敬一院長からの回答

多発性の子宮内膜ポリープは、かなりの確率で再発をおこします。残存しているポリープが影響するかどうかは、どの程度残っているかによると思います。再度子宮鏡検査を受けてみては如何でしょうか。また、併せて、慢性子宮内膜炎の検査もおこなっておいた方が良いかもしれませんね。掻爬手術ですと、かなりの確率で残存があるので、当クリニックでは子宮内膜ポリープは子宮鏡下の手術をお勧めしております。