掲示板

院長がお答えします。

No.7674 はなまるっこ

カテゴリ: 卵管因子

はじめまして。
35歳、結婚して丸2年(子なし)になり、妊娠希望のものです。夫婦生活は最低でも週1以上あり。

先日、左広間膜(子宮の外側?)の8センチ程の筋腫を腹腔鏡下筋腫核出術で切除したのですが、広間膜にできる筋腫は不妊に影響しやすいのでしょうか?それとも、大きさが大きくMRIでも子宮と膀胱が押し潰されていたので、それが妊娠に影響することもあるのでしょうか?(生理痛や量は元々気になる感じではなく、少し術後は軽くなったかな?程度です)

もし、不妊に影響しにくい場所であれば、すでに左卵管水腫を過去に患い、卵管のみ片側切除しているので、避妊期間が終わり次第、年齢的にも不妊治療を検討しなければいけないのでは?と思う反面、左広間膜にあった8センチの筋腫が妊娠に影響しやすいのであれば、筋腫切除後は妊娠しやすくなるような話も聞くため、受診せずに基礎体温でタイミングを測る等で自力で様子をみたい気持ちもあります。

年齢的にのんびりしてる暇はないのかもしれませんが、広間膜の筋腫は珍しいようで、このような所見の妊娠への影響と不妊治療をはじめるべきかについてご意見頂きたく書き込ませて頂きました。

よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

一般的には、広間膜の筋腫は不妊症には大きな影響を起こさないと思います。しかし、今回は、残っている右の卵管の状態が問題です。左卵管水腫があったようなので、右の卵管も影響を受けている可能性があります。不妊治療は急ぐ事をお勧め致します。