掲示板

院長がお答えします。

No.9522 48280

カテゴリ: 卵巣機能 不妊症と年齢 体外受精・顕微授精

お世話になっております。
今回貴院にて、二回目の採卵をしましたが、残念ながら異常受精(3PN)という結果になってしまいました。

8/1に、他院にて採卵、5個卵が取れ、受精なし、9/29 貴院にて採卵、3個卵がとれ、2個受精。今回は、一つの卵のみ、異常受精という結果になってしまいました。

回数を重ね、取れる卵子の数も減り、最近は連続採卵を続けていた為、卵巣が疲れているのかとも思っておりますが低刺激の為、そこまで卵巣に影響もないのか分からず質問させて頂きました。
次回の治療は、卵巣を休め、採卵は避けるべきか、引き続き採卵を行った方が良いのか先生のご意見をお聞かせ下さい。

また採卵を行う場合は、卵胞の大きさを揃える為にピルを服用するべきでしょうか?

次回の治療内容の予定を教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

今回は正常受精卵が得られず残念です。年齢と卵巣機能の低下により、確かに採卵数は少ないことな予想されます。しかし、人間の体は一定、ではないので、周期・周期で採卵出来る数は異なります。今後も2~3個とれる可能性は十分にあります。今は主に内服薬中心の誘発ですが、生理中に超音波検査で卵胞数が多ければ、HMG注射を使用しても良いと思います。その周期毎に判断しては如何でしょうか。ピルは長期間使用するのではなく、5日~1週間程度の短期間ならば試してみても良いと思います。受精卵が得られていることは、前医の時よりも前進だと思います。次回も生理中の超音波検査で判断するためにその時期においで頂けますか。