掲示板

院長がお答えします。

No.9535 kou

カテゴリ: 卵管因子 体外受精・顕微授精

いつも拝見させていただいております。
私は、他府県で検査を受け始めたばかりの者です。そこで、卵管造影にて両側閉塞していることが分かりました。主治医からは、FTを受けるか体外受精を始めるかの2択と言われました。どちらが良いとは言われませんでしたが、暗に体外受精をすすめているような気がしました。
年齢的にそれほど余裕がないと思うのですが、検査を始めたばかりで、すぐに体外受精へすすむことに戸惑いがあります。また、費用的な面からも、まずはFTを受けて半年程はタイミングやAIHで頑張ってみたいという気持ちが上回っています。最終的には、自分たちで決めることですが、専門家の第三者的なご意見を伺いたく、投稿させていただきました。
①先生なら、体外受精をすすめますでしょうか?
②クラミジア抗体IgAIgGとも陰性で、内膜症も言われたことはありません。このような両側卵管閉塞の場合、FTを受ける意義が低いとか逆に高いとか、原因による違いはあるのでしょうか?
ご意見をお聞かせいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。
なお、AMHは4.35でした。また、D3のホルモン検査では、FSH9なので卵巣機能が低下してきていると言われた以外は異常なしです。(2年ほど前の婦人科検診でPCOSの疑いと言われましたが、今回は何も言われておりません。LH3でした。)

高橋敬一院長からの回答

当クリニックでは、FTカテーテルの前に、選択的卵管造影開通術という方法もとれるので、それもおこなっています。また、FTカテーテルと体外受精は必ずしも対立するものではないので、両方おこなう事も少なくありません。当クリニックならば、今回の状況では、悩んでいるよりも、ご希望に添ってどんどん治療を進めます。つまり、すぐにFTカテーテルをおこない、術後に再度卵管造影検査をおこない、開通していれば人工授精、開通しなかったならば体外受精、へ進みます。ただし、これらはその施設の考え方やおこなえる選択肢により、かなり影響されます。選択的卵管造影開通術やFTカテーテルのみ承ることも可能です。担当医との信頼関係の問題もありますが、もしご希望ならば受付にお電話頂ければ対応致しますよ。