掲示板

院長がお答えします。

No.9757 45206

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

高橋先生こんにちは。お世話になっております。
助成金の拡充のお知らせをみて最後にもう一度挑戦してみようと思いました。治療を再開するにあたりどのタイミングで来院したらよいでしょうか?
年齢もありAMHも低くチョコレート嚢胞持ちなので難しいと思いますがどうしても先生のところで最後挑戦したいので宜しくお願いします。
希望もあるのですが胚盤胞になるか難しいと思いますができるなら胚盤胞移植を挑戦したいです。

高橋敬一院長からの回答

1年のブランクがあるので、卵巣機能のAMHと子宮鏡は必要です。生理6~10日においで頂けますか。子宮鏡検査とホルモン検査をおこないましょう。その次の周期に再度挑戦してみましょうか。お待ちしています。