掲示板

院長がお答えします。

No.9776 ポッキー

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

体外受精を考えていますが、難治性の慢性根尖性歯周炎が3箇所あります。抜髄後の根管治療の予後不良での炎症です。定期的に歯科クリーニングしており歯周病菌が原因の炎症はありません。
採卵時期の歯科疾患と治療が卵子に与える影響について以下教えて下さい。

1.根尖性歯周炎の採卵周期の卵子への影響

2.採卵直前に急性転化で腫れや痛みがでた場合、鎮痛剤や抗生物質の卵子への影響。また抜歯になった場合の麻酔等の影響。

3.根管治療を行う場合、採卵周期を通して長期間根管に薬剤をいれます。また外科処置になった場合は、口腔内の組織に触れる形で薬剤が入りますが、卵子に何か影響はありますか。

よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

酷い歯周病が体外受精に影響する可能性はあると思います。ただし、根尖性歯周炎が影響するかどうかは残念ながら分かりません。抗生物質が影響する可能性は少ないと思いますが、それほど酷い状態であることは影響する可能性はあります。抜歯の際の麻酔薬はほとんど影響しないと思います。歯科医の処置で使用する薬剤はよく分かりませんので残念ながらこの場では判断不可能です。年齢的にはあまり時間が残っていないようです。不妊治療をご希望ならば、併行しておこなう選択肢もあると思います。