掲示板

院長がお答えします。

No.9872 312470

カテゴリ: 薬剤・ワクチン

高橋先生、以前、貴院で治療をしていた者です。その節は、大変お世話になりました。AMHが低く、なかなか結果を出すことが出来ず涙を流すことも多い中、精神的に本当に辛かったのですが、高橋ウィメンズクリニックの先生方、看護師さんには、沢山優しく励ましていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。その後、2度転院して、1年間の治療の末、ようやく第一子を授かることが出来ました。現在14週3日で赤ちゃんも元気に成長しています。諦めずに治療してきて良かったです。2/17〜医療従事者のコロナワクチン接種が開始しました。私は、医療従事者の妊婦の為、職場でコロナワクチン接種(3月中旬〜)の意思確認を求められています。接種を希望するか・しないか、とても悩んでおります。昨日、産婦人科の主治医に相談したところ、産婦人科の感染症に詳しい方々の集まる学会では打つことのメリットの方が大きいとのことでした。(接種をすすめる)しかし、胎児への安全性が確認されていないことの不安が大きく、判断に迷っております。長い間、不妊治療を続け、やっとの思いで授かったので、打つこと、打たないことの不安要素が大きくとても悩んでおります。妊婦がコロナにかかった場合、重症化しやすい、早産になりやすい、というニュースも目にしています。母体と胎児の安全を考え、今、ワクチンを打つべきなのか、今回は様子を見る為見送り、一般枠で接種をするのがいいのか、8月が出産予定なので、接種は出産後がいいのか、接種時期はどうしたらいいのでしょうか?答えが見つかりません。高橋先生は、妊婦にワクチン接種はすすめていますでしょうか?是非、先生のお考えをお聞きしたいと思い、ご相談させていただきました。何卒、よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

妊娠なさりおめでとうございます。妊婦へのコロナワクチンは、このホームページにも記載してありますが、日本産科婦人科学会から提言されています。妊婦さんへも安全性は確立されていませんが、接種した方が有益であると判断されています。時期は妊娠12週以降を推奨されています。ただし、安全性が確立していないので、最終的な判断は、ご本人がする必要があるのですね。