掲示板

院長がお答えします。

No.9878 43123

カテゴリ: 子宮内膜症

ご無沙汰しております。
顕微授精からの凍結胚移植で妊娠に至り,2019年7月に長女を無事に出産しました。先生方から自分たちに合った方法,今できる事をその都度提案して頂いたおかげで夫婦共々前向きに治療することができました。娘も1歳7ヶ月になりすくすく成長しています。
また長女を出産した7ヶ月後に自然妊娠することができ,2020年10月に次女を出産し,2児の母になりました。
自然妊娠できたのも,治療をやってきたことがここにも繋がったのかな…と思い本当に改めて感謝しています。
凍結胚があるのですが,夫婦で話し合い終了する決断をしましたので,こちらでお礼申し上げたく書かせて頂きました。
先生方もお身体に気をつけて毎日忙しいとは思いますが頑張って下さい。一人でも多くの方が妊娠できますようお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。

高橋敬一院長からの回答

二人のお嬢様が誕生されておめでとうございます。確かに一人目の出産で子宮内膜症や、子宮内膜の状態も改善したことが自然妊娠につながった可能性があります。良い方の連鎖になったようでよかったですね。私達へのお気遣いありがとうございます。お子様が今後も健やかに成長される事をお祈りしています。