掲示板

院長がお答えします。

掲示板のリニューアル

開院以来およそ20年間、皆様の不妊治療に関する疑問や不安に応えようと掲示板での回答に努めて参りましたが、この数ヶ月、皆様からのご質問・ご相談が急増し、また不妊治療以外の質問も多く寄せられ、全てに回答することが時間的に困難となって参りました。

そのため今までのオープンスタイルの掲示板を終了し、リニューアルさせていただくこととなりました。今後のご利用方法は以下の通りとさせていただきます。

今後も不妊治療に悩んでいる方への、より良い掲示板となるよう努力してまいります。本当に必要な方への相談の場としての「掲示板」が継続できるよう、健全な運営にご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

「掲示板」利用方法とお願い

質問を投稿いただいても、質問のみでは掲示されません。回答した時に質問と共に掲示されます。

通院中の方・・・ID番号を記入してください。

  • 通院中の方、当クリニックでの治療をお考えの方からのご質問は、全てお応え致します。ただし、カルテ記載内容と質問内容が食い違う場合は、回答できないことがあります。
  • 院長による回答は週2回程度です。お急ぎの場合は、直接クリニックにお電話でお問い合わせください。

通院中でない方・・・ペンネームと年齢をご記入ください。

  • 不妊治療に悩んでいる方の質問にのみ、出来る限りお応え致します。単なる質問にはお応えしておりません。
  • 質問、ご相談は、その内容・表現などを検討させていただき回答/掲示致します。
  • 主治医に質問すべき内容と考えられる場合や他施設の治療の批判に繋がるようなコメントはこの掲示板では出来ません。
  • 現在、およそ半数の方にのみお応え出来ていることをご了承下さい。

掲示板に書き込む

メッセージを残したい方は【ID番号/ペンネーム】と【メッセージ、ご質問】を記入して頂き、【確認画面へ】を押してください。

過去の書き込みを見る

ID番号/ペンネーム
年齢

ペンネーム(他院通院中)の方のみ,「年齢」をご記入ください。回答しやすくなります。
メッセージ・ご質問

最新の書き込み

No.1065 匿名希望

カテゴリ: 治療方針

35歳から不妊治療を始め、タイミング療法で37歳と39歳の時妊娠したものの、心音が聞こえず、流産をしてしまいました。既に四十歳なので、とても焦っているのですが、確率が上がるなら、体外なども考えたいと伝えたところ、体外をしても変わらないし、服用する薬もない。今まで何も使わず妊娠してるから、これからもタイミングを重ね、妊娠を待ちましょうと言われています。本当にそれが私にとってベストな不妊治療なのでしょうか?また、流産したのは、極度の冷え性なため血流の悪さなのかなと勝手ながら思っています。耳鳴りもしてます。それを改善するお薬などあるのでしょうか?よろしくお願いします

高橋敬一院長からの回答

流産の最も多い原因は、偶然おきた胎児の染色体異常です。冷え性や血流の悪さはあまり気にしないで良いでしょう。ただし、妊娠するためには、運動、漢方、半身浴、なども試してよいと思いますよ。40歳の年齢では、すぐに体外受精や人工授精などの治療をすぐに始めるべきでしょう。体外受精の平均年齢も37~38歳程度なのですよ。いずれにしても、積極的な治療をすぐに始めることをお勧め致します。

No.1064 30061

カテゴリ: 次回受診時期

前回忙しくて体外受精を延期したものです。
あれから主人と話し合って年内は自然で頑張ってみたいという事になったのですが、それまでに再検査などしておくものはありますか?
なければ節約のためにも通院お休みを継続しようと思ってますが、気になってる事があり…
通ってる頃は排卵は11〜14日目にあることが多かったのが、ここ数ヶ月は15〜18日目(排卵検査薬と基礎体温で判断)で遅れるようになったのですが、これは卵巣機能が悪化したのでしょうか?
それとも、それくらいの遅れなら気にしなくて大丈夫でしょうか?
基礎体温は低温期36.8で高温期37.2くらいですが、年々平均値が高くなってるのですが問題ないでしょうか?
後、体外受精周期の受診は生理3日以内で間違いなかったでしょうか?
このままの周期では年明けの生理予定日が正月休みに当たりそうなのですが、その場合は2月になってしまいますね?
さすがに予定より3〜4ヶ月も延期となると卵巣の老化も心配なのですが大丈夫でしょうか?
沢山質問して申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

アンチミューラリアンホルモンが低いので、体外受精の準備としては、DHEAを検査して、低い場合には補充しておくことをお勧め致します。また脂肪肝が疑われるならば、肝機能も検査しておいた方が良いでしょう。排卵時の変化は、必ずしも卵巣機能と関係するかどうかは明確ではありませんが、いずれにしても治療を急ぐ必要があるでしょう。体外受精の時の来院は月経開始3日以内で結構ですよ。年末年始に当たるようならば、ピルを使用して調節は可能ですので、12月の排卵時期に来て頂けますか。

No.1063 26873

カテゴリ: 次回受診時期

NO.1085にてまた即回答いただき感謝しております。こちらでの事情を調べた上で年明けに伺う予定ですのでまた色々と相談させて下さい。引き続きどうぞ宜しくお願い致します。取り急ぎお礼まで。

高橋敬一院長からの回答

了解致しました。また具体的案スケジュールを相談致しましょう。

No.1062 30927

カテゴリ: 凍結胚移植

いつもお世話になっております。
先日は採卵していただきありがとうございました。

本日、培養士の方から連絡がきました。
結果4個中1個が胚盤胞になりグレード4BBで胎盤になる部分にダメージがあるとの事でした。こちらの部分がB判定ということはそこまで”ダメージ”という事を気にしなくても大丈夫ですか?
ダメージという言葉が気になってしまい...。

また、胚移植のスケジュールは12月と1月どちらに実施したほうがよろしいでしょうか?
一応、本日培養士の方からは子宮の状態を考慮して1月に実施してはどうかとご提案いただいたのですが如何でしょうか?

何卒、宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

胚盤胞のグレードは、通常のグレードです。胚盤胞の100個ぐらいの細胞のうち、1個が変性をおこしているようですが、あまり心配はいりませんよ。胚移植は1月が良いでしょう。

No.1061 ゆき

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

はじめまして。
今初診の予約待ちをしております。
予約がとれれば、お世話になりたいと思っています。自然妊娠ではなく、体外受精を希望していますが、
初めての診察でも、可能ですか。
よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

予約がなかなか取れずにご不便をおかけしています。現在当クリニックでも、治療能力一杯の状況であり、通院中の皆さんにもご迷惑/ご不便をおかけしています。今後は体外受精や人工授精など、積極的な治療を希望される方を優先的にお受けするように準備を進めておりますが、体外受精をご希望ならば受付にご相談頂けますか。

No.1060 25336

カテゴリ: 卵巣機能

いつもお世話になっております。
土曜日、受診をし、排卵されてるとのことでした。以前のこともあり、薬等、使用せず、タイミングで様子を見ていこうと思ってます。ただ、卵子の質が、1以下で、40才くらいの結果でした!前回。1人目できる前は、35才くらいの結果でした!自然妊娠大丈夫ですか先生の意見を教えて頂きたいです!

高橋敬一院長からの回答

アンチミューラリアンホルモンは、卵子の質ではなく、残っている卵子の数を反映します。卵子の質を反映する指標はなく、年齢によって推定するのみです。自然妊娠が大丈夫かどうかは残念ながら誰にもわかりません。残されている時間が少ない状態と考えられます。したがって、早期に妊娠する手段をお勧め致します。

No.1059 29974

カテゴリ: 流産

いつもお世話になります。

11日から出血が始まり、15日に診察していただいた時には子宮内には何も残ってなく、ただ筋腫が炎症をおこしていて白血球が高いと診断されました。

そこでいくつか質問があります。

1.24日からまた生理のような出血が始まり、今日もまだあります。11日から7日間続いた出血が生理だと思ったのですが、こんなに早く次の生理がきたのでしょうか?

2.血液検査で白血球が高いとのことでしたが、これは不正出血しやすいということでしょうか?
流産後だから高いというだけで、じきに数値は安定するのでしょうか?

3.次回の診察は生理から2週間後ということでしたが、昨日からの出血を生理として2週間後に行けばよろしいでしょうか?

4.あれからお腹の痛みもなく、比較的安静にしていたので今回の出血はびっくりしました。これからも運動等は避けたほうがよろしいでしょうか?

色々質問して申し訳ありません。
約半年間で2度の流産は正直辛かったですが、めげずに
頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

流産後には、全く子宮内の出血がなくなるものではないので、生理の前に出血があっても不思議ではありませんよ。腹痛がなかなか治まらない場合には、ステロイドホルモンなども使用しますが、強い腹痛でない場合には経過を見て良いと思います。基礎体温で、高温期から低温期になっているならば生理かもしれませんが、そうでなければ今回の出血は生理とは言えません。低温期のままならば、様子を見て良いでしょう。よく分からない場合には、来週に来て頂けますか。腹痛がなければ運動は問題ありませんよ。流産はつらいとは思いますが、妊娠しているのでまたがんばっていきましょう。

No.1058 28230

カテゴリ: 妊娠初期

本当にお世話になりました。
17日に先生のところを無事卒業することができました。

まずは報告ですが、当初は、総合病院を希望していたので、紹介状を書いていただいたのですが、夫が土曜日も通えることころがいいというので、個人病院にその紹介状をもって受診してきました。問題なく受け取っていただけたので、そこに通うことにしました。勝手に変えて申し訳ありません。

8w1になるときに受診したのですが、赤ちゃんはほぼ数週通り、元気に成長しているということでした。
そして、卵黄嚢が2つみえました。でも、一つの卵黄嚢には赤ちゃんの姿はみえませんでした。
おそらく一卵性の双子だったのではないかということでした。
先生は、赤ちゃんは元気だし、心配はいらないよということだったのですが、いろいろと心配になったきました。

そこで質問ですが、一卵性で片方がなくなるということは、何らかの原因があったと思うのですが、こういう場合も染色体異常の可能性が高いのでしょうか。
今元気な赤ちゃんは、このまま元気に育ってくれるのでしょうか。
次の検診が2週間先なので、心配でたまりません。

卒業した後もお手数かけてすみません。
お忙しい中申し訳ありませんが、先生のご意見を聞かせてください。

高橋敬一院長からの回答

胚盤胞移植では、一卵性双胎になる可能性は約1%であり、通常よりも高くなります。一卵性双胎の場合には、しばしば一方が流産することも少なくありません。染色体異常が高くなることは関係はないと思いますよ。いまは経過を見ることになりますが、心配ならば1週間後に診察を受けてはいかがでしょうか。当クリニックからは遠いですが、ご希望ならば来週にでも当クリニックで超音波検査もお受け致しますよ。

No.1057 29709

カテゴリ: 人工授精

お世話になります。21日水曜日に人工授精をしていただきました。その時はまだ排卵していなかったのでHcgを打ちました。水曜日前後数回ずつ交渉を持つことができました。
しかし、土曜日、日曜日基礎体温がなかなか上がりません。そこで、質問なのですが、前々回で体外受精をした時のルトラールが残っています。今回処方はされなかったのですが、飲んで黄体ホルモン補充をしても良いものなのでしょうか?よろしく御回答の程お願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

高温期になっていないならばルトラールを飲んで結構ですよ。前回のプロラクチンがかなり高かったので薬が必要です。処方しますので取りに来て頂けますか。

No.1056 26873

カテゴリ: 凍結胚移植

NO.1076にて即、回答いただきありがとうございました。主人と共に拝見して検討していた矢先に、こちらでの諸事情により年内の帰国が急きょ出来なくなってしまいました。折角、ご回答いただいたのにすみません。体調を整え年明けには帰国して生理5日以内に予約を入れさせて頂き治療を再開したいと思っています。前回の質問の続きになりますが参考までに教えていただけますでしょうか。

*もし妊娠できれば先生のクリニックは7~8週で通常卒業となりますが、もし海外(シンガポール)へ戻って出産を考えるのであればどのタイミングで移動するのが最もふさわしい、安全でしょうか?念には念を入れやはり飛行機などの移動は控え、日本での出産を迎える方が安全でしょうか?

今後を見据えて検討しているため、先生のご見解をどうか聞かせて下さい。宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

胚移植は、年明けで良いと思います。条件を整えて移植致しましょう。特に航空機に乗ったからと言って、それが原因で流産することはないと思いますよ。通常は7~8週で卒業ですが、ご希望ならば10週ぐらいまで来て頂いても結構ですよ。あまり心配されないで良いでしょう。

No.1055 31133 YU

カテゴリ: 子宮内膜症

いつもお世話になっています。

病院に通い半年近くなり、今回も生理が来てしまったんです。
自分の年齢を考えると、そろそろ人工受精も視野に入れた方が良いのでは?と思っているのですが、やって頂くとなるといつ頃から大丈夫なんでしょうか?
新に検査とかもあるのですか?費用はどのくらいになりますか?

色々と質問してしまいすみません。よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

不妊原因としては、チョコレート嚢腫が最も考えられます。したがって、治療方針としては、HMG注射+AIH、腹腔鏡による手術、体外受精、などが考えられます。人工授精はすぐに可能です。費用は2万円ぐらいです。新たな検査は特に必要ないですよ。ステップを進めていきましょう。

No.1054 27587

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

いつもお世話になっております。

20日に超音波検査をして戴いた際に、次は土曜日に超音波検査をしましょうと言われましたが、ホルモン値の検査はしないのでしょうか?
先月はホルモン検査の後、超音波検査をしていただき、採卵日が決定されました。

高橋敬一院長からの回答

卵胞が大きくなっている場合には、ホルモン検査をしばしばおこないます。しかし、超音波検査で卵胞が小さい場合には、とくにホルモン検査は必須ではありません。基本はまずは超音波検査なのですよ。

No.1053 匿名

カテゴリ: 習慣流産・不育症

こんにちは。
過去に体外受精後、2回の繋留流産を経験しております。
不育症検査は問題ありませんでしたが、妊娠がとても不安です。
もし妊娠がわかった際、何か流産予防の処置(注射やお薬など)していただけるのでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

不育症検査で問題なかったようなので、流産の原因は、偶然おきた胎児の染色体異常である可能性が高いと思います。流産の原因もなかったようなので、流産予防の方法は特にあるものではありませんが、不安が強いと流産率は上昇します。不安がある場合にはしっかりと相談して頂いた方が良いでしょう。

No.1052 29524

カテゴリ: 凍結胚移植

今日は診察をありがとうございました。

すみません、一つだけ気になるので確認させてください。
今回、ホルモン補充で凍結胚移植の予定なのですが、今日の診察で卵胞が育っていました。

ホルモン補充をすると卵胞は育たないものと思っていたのですが、そして、もし育ってしまった場合は移植がキャンセルになるものと思っていました。

このように卵胞が育ってしまうことは良くないことでしょうか?
例えば今回見送って、卵胞のできないときに移植することと、このまま進めることはどちらでも良いのでしょうか?

育ってはいけないときに育ってしまって、せっかくのホルモン補充が効いていないのか?などと考えてしまいました。

高橋敬一院長からの回答

ホルモン補充周期でも、今回のように時々卵胞が成長します。特に悪いことではなく、それも利用して移植すれば良いのです。予定通りに胚移植して問題ありませんよ。そのままおいで下さい。

No.1051 NO.28369

カテゴリ: 凍結胚移植

いつもお世話になっております。
10月に凍結しました胚移植を、今月に予定しておりましたが、以前より症状があった逆流性食道炎が再発してしまい、投薬治療をすることにした為、断念しました。
投薬治療には、5~6週間かかりそうなのですが、投薬中の移植は避けるべきですよね?
その場合、投薬終了後、どのくらい期間を空ければ移植可能な状態となるのでしょうか?
出来るだけ早く移植したいと考えておりますので、よろしくお願い致します。

また、インフルエンザの予防接種をしたい場合、移植前に接種した方が良いのでしょうか?
また、接種後、移植までに期間はどのくらいあれば良いですか。

お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

逆流性食道炎が悪化したようなので、今の移植は控えた方が良いでしょう。投薬治療終了後はすぐに胚移植しても大丈夫でしょう。年明けの胚移植で良いのではないでしょうか。インフルエンザワクチンはいつうっても良いですが、早いほうがよいでしょう。今のうちに受けておいて下さい。

No.1050 28482

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

いつもお世話になっております。
前回の受診時、次の生理3日以内に受診すれば年内にもう1回体外受精可能というお話でしたので、そのつもりでおりましたが、あいにく風邪を引いてしまいましたので体外受精は年明けにしたいと思っています。
その場合、次の受診はいつごろしたらよいでしょうか?
お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

次回は年明けで良いと思いますよ。お大事になさって下さい。次回は、生理開始2週間目頃の排卵時期に来て頂けますか。スケジュールを考えてみましょう。

No.1049 21273

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

お世話になります。
いつも3日目凍結をお願いしていますが胚盤胞にならない場合が多いので今回もその方がいいですか?

あと移植は1周期あけて12月の生理周期(12/19位に生理になると思います)のときにお願いしたいと考えていますがちょうどお正月休みにかかってしまいます。
生理をお薬などで遅らせて休み明けに診察して頂いて、すぐに移植は可能でしょうか?生理をコントロールした場合、着床に影響はありますか?(体の自然な周期に反する?ので…)

先生のご意見を聞かせてください。

高橋敬一院長からの回答

胚盤胞が良いかどうかは判断が難しいところですが、採卵数と受精卵数にもよります。胚盤胞を得られてたこともあり、妊娠の実績もあるので、何とか妊娠を期待したいと思います。移植は生理をコントロ-ルしても大丈夫ですよ。まずは採卵をしてから、その上で再度相談致しましょう。

No.1048 26873

カテゴリ: 凍結胚移植

高橋先生、ご無沙汰しております。流産の手術後、次の生理まで時間があったので海外へ戻っておりました。9月11日にソウハを行い、10月18日~と11月17日~とただ今、2回目の生理中に入っております。年内はこちらで過ごして体のリセットと共に自然妊娠を試みようと希望を持って参りましたが、やはり焦る気持ちと主人からの強い押しもあり予定より早めの帰国を考え出してしまっております。時間を無駄にしないで治療がしたい、でもこちらに少しでも長くいたい、今後も何とかこちらにいたいとわがままな欲望と迷いが交差しておりますが先生の知恵を拝借できますでしょうか?

(1)凍結胚が2つありこちらを戻す時は”生理開始から2週間目頃来院”と最後の診察時に伺っております。その頃に伺って同周期で移植可能でしょうか?同周期移植希望であればそれより早めに来院した方がよいですか?(薬等の処方あれば)

(2)12月の生理開始からの胚移植希望の場合、恐らく排卵時期が病院のお休み中にさしかかりますが、お薬で調整するなどしてこの時期の胚移植は可能ですか?

(3)胚移植をしていただいた後、結果を待たずに海外や遠方へ帰られる方はいらっしゃいますか?

(4)もし妊娠できた場合、海外の病院への紹介状をいただき転院(シンガポール)は可能でしょうか?

(1)に関しては、本日生理5日目に入ったところなので、間に合うのであれば視野に入れたいと思っています。(3)、(4)に関しては先生のご意見、例があれば聞かせて下さい。

お忙しいところ大変恐れ入ります。

高橋敬一院長からの回答

排卵がしっかりしているならば、排卵時期の来院で問題ありません。もし高温期が短かったり、排卵が遅れるようならば、生理開始5日内の来院が好都合です。生理の変更はピルで可能です。胚移植後の当日に海外旅行に出かけた方も妊娠しましたよ。シンガポールへの紹介状も作成可能です。今からピルを2週間飲めば生理を早めることは可能でしょう。

No.1047 25431

カテゴリ: 治療方針

本日は診察していただきありがとうございました。

結果はまだ確定ではありませんが、厳しいようなので
今後の治療について考えたいと思っています。
そこで何点かお聞きできればと思います。

1.私の場合、自然妊娠は難しいですか?年齢的に考えて体外受精の方がいいのでしょうか?

2.もし体外受精をする場合また注射による誘発を考えていますが、誘発方法は私の場合どの方法がいいでしょうか?
前回はロング法であまり卵子が採卵できなかったのですが
ほかの方法がよろしいでしょうか?

3.子供の関係でなるべく通院回数を少なくできればと思いますが(自己注射の予定です)体外受精の誘発方法で大差はありますか?

4.採卵周期に胚移植しないで、凍結保存し体調を整えてから
胚移植した場合は千葉市の助成は受けられないのでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

今回も妊娠反応が出たものの、早期流産となり残念です。年齢的には問題ないと思いますが、子宮内膜症があったので、卵管因子があり、自然妊娠が難しくなっていると思います。その理由で体外受精の方が良いとは思います。排卵誘発は、再度アンチミューラリアンホルモンの検査をして、卵巣機能の評価をみて判断した方が良いでしょう。自己注射をするならば、むしろスプレーを使用した方が通院回数は減る可能性があります。凍結胚でも千葉市の助成は受けられますよ。

No.1046 31963

カテゴリ: 次回受診時期

いつもお世話になっております。

16日に行った卵管造営検査の出血が少量残っており、少々下腹部痛があります。
前回の通院時に20日か21日に通院するよう高橋先生より指示がありましたが、仕事の都合でどうしてもお伺いすることが難しくなってしまいました。
予約の連絡をしましたが来週ですと28日が早い日時でしたので、糖の負荷検査予約を取りましたので、合わせて内視鏡確認をお願いしたいと思っています。

お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

次回は28日で結構ですよ。排卵時期には交渉を積極的にお持ち下さい。次回は血糖検査も行いましょう。今後については次回来院時にご相談致しましょう