掲示板

院長がお答えします。お気軽にご相談ください。

掲示板のご利用にあたってのお願い

  • 不妊症に関しての質問のみとさせていただきます。
  • 当クリニックの改善点や問題点などについては、院内の投書箱をご利用ください。
  • メッセージはこのページで自動的に公開されますので、E-Mailアドレスや本名などの情報は書き込まないでください。
  • 院長による回答は週2回程度です。お急ぎの場合は、お電話で直接クリニックにご連絡ください。
  • よりよい掲示板となるよう日々努力してまいります、何卒ご協力よろしくお願い申し上げます。

掲示板に書き込む

メッセージを残したい方は【ID番号/ペンネーム】と【メッセージ、ご質問】を記入して頂き、【確認画面へ】を押してください。

過去の書き込みを見る

ID番号/ペンネーム
メッセージ・ご質問

最新の書き込み

No.283 25804

カテゴリ: 凍結胚移植

高橋先生、お久しぶりです。2年ほど前に御世話になり、その息子ももう1歳半になろうとしています。その節はありがとうございました。
そちらに冷凍胚を2つ預かっていただいています。6月の中旬から7月の頭にかけて、移植していただこうと考えていますが、海外在住なので日本での滞在期間に限りがあります。今の自然な生理周期でいきますと、6月は中旬から後半に生理が来るかと思いますが、最低どのくらいの期間、通院が必要でしょうか? また、今からすべきことはありますでしょうか? 移植前の月にピルの服用など必要でしょうか? 冷凍胚のグレードはあまりよくはなかったと記憶しておりますが、妊娠&出産の可能性はどれくらいなのでしょう? 
よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

お子さまが健やかに成長されているようで何よりです。生理が順調ならば、自然周期での胚移植も可能です。排卵時期に来ていただき、排卵後5~6日目に胚移植いたします。したがって最短で5~7日間必要です。今現在は、子宮内膜ポリープや子宮筋腫などがないことを確認しておいていただけますか。移植前のピルは必ずしも必要ありませんが、生理を調整するために使用することはあり得るでしょう。今回は2個移植しても良いと思います。胚を溶かしてみないと推測は難しいですが、約30%の妊娠率は期待できると考えています。

No.282 みかん

カテゴリ: 卵管造影検査

こんばんは。

お聞きしたいのですが、卵管造影検査を受けてすぐに飛行機に乗ったり半月ほど病院から離れた場所へ行くことは大丈夫なのでしょうか?

また、子宮外妊娠で温存した場合すぐに卵管造影検査を受けたほうがいいのでしょうか?
半年ほどあけてしまうと何か問題がおきるものなのでしょうか?

出かける前に無理してでも卵管造影検査を済ませたほうがいいのか、落ち着いてから検査をしたほうがいいのか迷っています。

高橋敬一院長からの回答

卵管造影検査後は、飛行機に乗ったり旅行などは特に問題はありませんよ。子宮外妊娠後の卵管造影検査はいつでも結構です。半年の問題はありません。卵管造影検査は大げさなものではないのであまり深刻に考えなくて良いと思いますよ。

No.281 ID 29974

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

先日初めて採卵していただいたのですが残念な結果に終わってしまいました。

ですが、自分の現状や体外受精がどういうものかわかり、
とても勉強になりました。

そこで次回に向けていくつか質問があります。


・フェマーラ周期に入る前に、プラノバールを飲めば
 今回の結果は違っていたのでしょうか。
 (生理が予定通りくると思い、何よりプラノバールの副作がこわくてお断りしてしまいました・・・)


・次はショート法を考えておりますが、今度の生理がきたら
 開始出来るのでしょうか。
 やはりお休みは必要でしょうか。


・本日培養士さんから、お薬はトミロン以外服用しなくて良い
 と言われましがましたが、もしすぐにショート法を開始出来るなら、プラノバールを再び服用することになるのでしょうか。
 
 (昨夜と今日の朝服用して、特に副作用はみられませんでした)


・もしショート法を始める時は生理3日目に行けば大丈夫で
 しょうか。
 (1日目、2日目は生理痛が重く量も多いため)


・ショート法というのは注射のみで刺激していくのでしょうか。
 あわせて服用する薬とかはあるのでしょうか。

お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

今回はフェマーラを使用したマイルド法でした。プラノバールを前もって使用した場合には多少採卵数が増えた可能性はありますが、その可能性は高くはないでしょう。基本的にマイルド法では、採卵数が1個のこともよくあることです。プラノバールの副作用は大きなものはありませんよ。今回は、HMG注射を3日間使用したので、2ヶ月は待った方がよいでしょう。ショート法の場合には、3日目の来院で結構ですよ。併用する薬としては、アスピリンなどもありませんが、来院時に直接ご相談いたしましょう。

No.280 22294

カテゴリ: 凍結胚移植

胚移植後、来院日に行けず、ずっと高温期が今も続いているのですが本日生理のような出血がありました。明日も休日なのでとても不安です。月曜日まで様子見して大丈夫でしょうか。

高橋敬一院長からの回答

2月6日に妊娠を確認できて良かったですね。今後は、できることをして経過を見ていきましょう。

No.279 ID 0320

カテゴリ: 卵管造影検査

先日、海外から書き込みした者です。早速回答をいただき、どうもありがとうございました。こうして掲示板で相談できるだけでも大変心強く感じます。

閉塞していたのは卵管と子宮の境の部分だったと思います(その時はとりあえず造影検査を受けただけで、診断書はもらいませんでした)。一時帰国する前に、病院事情が良好な隣国で再度検査を受けてその結果を持ち帰ることもできるのですが、それとも、先生のクリニックで造影検査も含めてまずは診ていただく方がよいでしょうか。

高橋敬一院長からの回答

間質部閉塞の場合には、当クリニックでは再検査で半数の方が卵管開通します。まずは当クリニックで通常の卵管造影検査、同時に選択的卵管造影開通術などを受けてみては如何でしょうか。

No.278 27733

カテゴリ: 治療方針

1月31日に書き込みをした者です。
2月1日に整形外科で診察していただいたところ、左脚の運動機能、麻痺の状態もかなり改善されてきたため、手術は必要なしとのことでした。
今ダイエット中です。
不妊治療中のダイエットはなにか悪影響がありますか?
前回記入忘れていた生理周期は23日間から25日間です。
先生のお力を借りて頑張っていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

不妊治療中のダイエットは一般的には悪影響はありませんよ。ただし、注意したいのは、無理なダイエットです。単品ダイエットや食事を取らないダイエットは100%リバウンドします。10年後も同じ食事ができる方法でダイエットする必要があります。簡単に言えば、ご飯、パン、麺類、などの炭水化物を半分にしてみて下さい。高橋も以前は100kgありましたがダイエット継続中です。リバウンドしないように一緒にがんばっていきましょう。

No.277 ID26742

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

43,44歳なのにせっかくの排卵をプラノバールやジュリナやルトラールで止める事が多いのはなぜですか?私は、内膜は自然に普通に厚くなる人です。2011年1月15日の移植と7月2日の移植と8月6日の移植は、ジュリナとルトラールで補充周期の移植でした。自然周期なら排卵を利用できたのでは?

8月21日生理開始で9月9日に卵胞1センチでその日9月9日から9月22日までプラノバールを飲む意味は何だったのですか?飲まなければおそらく9月16日ごろが排卵であったはずですが、その排卵は何かよくないはずの排卵だったから止めたのですか?

高橋敬一院長からの回答

26742さんは、体外受精を優先するのか、自然妊娠を優先するのか、明確にする必要があると思います。体外受精の前には、しばしばピルを使用しますが、これは体外受精時の卵胞の大きさをそろえて、妊娠率の上昇を期待する方法です。自然周期も利用して、体外受精の妊娠率も上昇させる、ことは、可能ならばすべての皆さんおこなっていることだと思いますが、そう簡単にはいかないのですね。今後は、自然妊娠の利用を優先することをご希望の場合には、次回来院時にお申し出下さい。
凍結胚移植の場合には、一般論としては自然周期とホルモン補充周期のどちらがよいかは結論が出ていません。しかし、26742さんは生理が不順でしばしば排卵が遅れます。このような場合には、通常はホルモン補充が優先されることが常識です。この場合も、どうしても自然排卵を期待したいとのご希望ならばそのように致しますが、一般的にはそのような方法をおこなう医師は少ないでしょう。
8月21日生理開始での9月9日(月経20日目)のことですが、自然周期で内膜が6mm、で卵胞発育が見られず、このときも排卵遅延が認められています。そのときの医師は、このまま自然排卵を待っていても、見通しがないと判断してピルを使用して次回の体外受精に備えたと考えられます。そのときの診察は高橋ではありませんが、同じ判断をしたでしょう。質問に対しては、26742さんには毎回時間を取って、医師・看護師・技師が説明してきたつもりです。ただ、今の時点で半年前のことを気にされているのは、当クリニックの方針や説明に納得できない点があるからでしょうか?もしそうだとしたら非常に残念に思いますが、当クリニックのスタッフは十分しっかり務めてくれていると私は考えております。

No.276 はな

カテゴリ: 治療方針

いつもお世話になっております。
子宮ポリープを取り、高プロラクチンの原因となりうるドグマチールを断薬したのですが授からず。
専業主婦で1日家から出ない日もありますが、運動した方が良いでしょうか?
冷え性体質でもありますが、漢方を飲んだり体質改善しないと授からないのでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

不妊症は、単に運動不足や冷え性が原因であることは少ないと思います。まずは定期的に来院していただき、継続しての治療をお勧めいたします。もちろん運動も良いですし、漢方薬をも使用するのも役には立つと思いますので、併用して良いと思いますよ。

No.275 ID0320

カテゴリ: 卵管造影検査

海外から書き込んでおります。
昨年10月に卵管造影検査を受けた結果、右側の卵管が閉塞していることがわかりました。現在、仕事の関係で発展途上国に在住しているため、4月に予定している一時帰国の際に是非可能な治療を受けたいと希望しております。 

一時帰国中は千葉に滞在するのですが、2週間弱と期間が限られており、かつ、生理周期にあわせて適当なタイミングで帰国することが難しいのですが、例えば、卵管鏡下卵管形成術(FT)を受けることは可能でしょうか。アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

卵管と子宮の境の、卵管間質部の閉塞ならば卵管鏡下卵管形成術は可能ですよ。通常は月経6~10日の排卵前におこないますが、妊娠していないならば排卵後も可能です。また、ピルを使用できるならば、帰国・来院時にあわせて生理を調整すれば生理終了直後に手術をくむことも可能だと思いますよ。

No.274 ID26568

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

ご無沙汰しております。
治療を再開したいのでいつ予約を取れば良いかを教えて下さい。

体外受精を行いたいです。
12月に卵管造影と子宮鏡検査を他病院で受け問題無しとの事でした。
生理周期は33~36位です。
今は生理開始日から15日目です。
よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

体外受精前の検査としては、卵巣機能の評価が必要でしょう。生理開始2~5日に来ていただければ、採血をおこないます。もしお急ぎならば、すぐに来ていただければ、AMHを検査して、スケジュールを組むことも可能ですよ。

No.273 24363

カテゴリ: 出産報告

治療中は大変お世話になりました。

4月に胚移植をしていただき、12月無事に女の子を出産いたしました。高橋先生、スタッフのみなさま本当にありがとうございました。治療中は不安なこともありましたが、この掲示板にも大変助けられました。

寒い日が続きますので、みなさまお身体ご慈愛ください。

高橋敬一院長からの回答

無事女のお子さまが誕生されておめでとうございます。今後も健やかに成長されることをお祈りしています。また、凍結胚もお預かりしていますので、またの来院をお待ちしています。

No.272 28592

カテゴリ: 凍結胚移植

いつもお世話になっております。
次回の生理(近い内にありそうです)5日以内に伺い、ホルモン補充療法で凍結胚移植を予定しておりますが、先週から風邪をひいてしまい、病院で処方された薬を数種類飲んでいます。抗生物質も27~29日まで飲みました。風邪は大分治りましたが、薬を飲んだことで子宮や移植に影響はありますか。1周期遅らせた方が良いでしょうか。凍結胚も1つだけなので心配になってしまいました。お忙しいところ申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

風邪薬を飲んだこと自体は、次回の凍結胚移植に影響はほとんどないでしょう。ただし、現在も体調があまり良くないならば、胚移植は次回にした方がよいと思います。特に不調でなければ、次回はホルモン補充周期で戻す予定ですので、月経開始5日以内に来ていただければ結構ですよ。

No.271 21273

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

回答ありがとうございます。

参考までに教えてほしいのですが、また採卵をする場合はいつ位にできますか?

高橋敬一院長からの回答

卵子が成熟するには80日程度かかります。理想的には、次回の採卵は前回から3ヶ月程度経っている方がよいでしょう。したがって次回は3月の採卵を考えては如何でしょうか。

No.270 ゆり

カテゴリ: 薬剤・ワクチン

こんにちは一週間前、先生に、胚移植をしてもらいました。
ありがとうごさいました。そのあと、風邪気味で、おとといから、鼻水かすごく、市販の風邪薬をのんでいますが、大丈夫ですか?ちかくの病院に、診察へいこうとおもったんですが、インフルエンザがはやってるので、市販の薬にしました。病院のくすりも市販の薬ものんでも、大丈夫ですか?

高橋敬一院長からの回答

ゆりさんへ。風邪薬は必要ならば使用しても良いでしょう。ただし、使用するならば市販薬よりも医師の処方薬の方がよいと思います。市販薬は多種類の薬の混合なので、よくわからないのです。ちなみに、インフルエンザの場合には、タミフルやリレンザなどの抗ウイルス剤は妊娠中でも使用可能です。

No.269 27733

カテゴリ: 治療方針

先生、お久し振りです。
昨年2月に体外受精陰性後4月半ばにに急性腰痛で緊急入院し、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。
神経ブロック、鍼、マッサージなど色々試しましたが、あまり効果が見られず、昨年10月に主治医に手術を勧められました。ただ、手術しても、痛みが取れる保証がないと言われ手術をせずに鎮痛剤等を服用して様子をみていました。
現在もヘルニアによる坐骨神経痛が尾てい骨辺り、左側臀部から太もも、かかとに有り、日に2回から3回、ロキソニン、ノイロトロピン、ムコスタを服用しています。(貴院の漢方外来受診しており、漢方薬も服用中。)
ただ、以前と比べて痛みも弱くなり、日常生活も出来るようになってきましたので、一日も早く、不妊治療を再開したいと思っています。
しかし、体重が20キロ位増え、163.5cmで74キロ位です。
完治してから治療に掛かるのが最良だと分かっておりますが、AMH数値が低く、非常にあせっております。
不妊治療が再開できるのであれば、痛み止めの服用を止めて頑張ろうとも考えています。
前書きが長くなりましたが先生への質問は、

1.薬を止めてすぐに治療再開は可能か?
(卵子が育つのに80日位掛かると掲示板にあったので。) 
2.治療が出来ない場合でも、治療に必要な検査等、何か出来ることはないか?(卵管造影、AMHなど)
3.このままの体重で不妊治療、妊娠は難しいか?
4.治療再開後不妊治療中や、幸運にも妊娠できた場合、妊娠中に(ひどい痛みのときに)痛み止めを飲むことは可能か?
以上のご回答をお願いします。

高橋敬一院長からの回答

かなり重症の椎間板ヘルニアのようで、大変不都合の状態のようですね。最近は椎間板ヘルニアも、かなり重症でなければ手術せずに自然治癒を待つ方法が多くとられているようです。治療再開はすぐにでも可能です。卵管造影検査やAMHの再検査も必要でしょう。このままの体重でも不妊治療は可能ですが、椎間板ヘルニア、妊娠、出産すべてに対して、肥満はマイナスに働きます。したがって不妊治療を再開するならば、減量も同時に開始すべきでしょう。妊娠中でも初期には痛み止めは使用可能ですが、妊娠後期にはアセトアミノフェン以外は注意が必要になります。その意味でも、痛み止めをやめる覚悟があるならば、減量にも力を入れていきましょう。

No.268 29988

カテゴリ: 卵管造影検査

12月7日に子宮外妊娠の手術を行う前にお電話させていただきました。
あの時は対応して頂きありがとうございました。

9割摘出で、1割まれなケースで見た目など大丈夫そうな場合だけ残してほしいとお願いした所、卵管温存されていました。

2月か3月に再び、卵管造影検査をすることになったのですが、もし卵管が通らなかったら、体外受精しか方法がないと言われました。
その場合、今の病院では出来ないと言われているのですが、卵管造影検査はどちらの病院で行っても変わらないのでしょうか?

ちなみに右卵管は摘出済み、左卵管は詰まっている状態で体外受精をした場合、再び子宮外妊娠になることはあるのでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

卵管造影検査の方法自体は、大きな差はありません。しかし、卵管造影検査にどれだけこだわっているかどうかは、病院や医師により異なります。体外受精でも子宮外妊娠はおこりえます。特に卵管に異常がある場合には、体外受精でも3~5%程度は子宮外妊娠になるとの報告があります。しかし、これはやはり挑戦していくしかないと思いますのでがんばっていきましょう。

No.267 ID14451

カテゴリ: 治療方針

ご無沙汰しております。
そろそろ、次の子をと考えておりますが、まだ夜のみ授乳しております。(なかなか卒乳・断乳が難しいです。

私の今までの経緯を考えますと、授乳しながらでも、とりあえず造影検査をしていただきたき頑張ってみようかと考えていますが、やはり授乳中は造影検査しても妊娠の確立はあまり高くないのでしょうか?

また、今回から基礎体温を再開しましたが、高温期が11日しかありませんでした。こちらも何か問題ありますか?

お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

授乳中でも排卵があれば不妊治療は可能ですよ。とりあえず、卵管造影検査は問題なくおこなえます。高温期が11日はやや短いのですが、大きな問題ではありません。まずは生理2~5日にホルモン検査に来院していただけますか。

No.266 ID  13030

カテゴリ: 不妊症と年齢

いつもお世話になっております。
先日は診察していただきありがとうございました。

血液検査の結果でAMHを調べていただき、数値が悪かったのですが実年齢よりもかなり高めということは高齢出産と同じと捉えたていいのでしょうか?
治療して妊娠したとして奇形、流産率の確率がたかいでしょうか?

その場で質問できず、すみませんでした

お忙しい中申し訳ありませんが回答をよろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

AMHはあくまで残存卵子数の指標です。卵子の質の指標ではありません。実際には、卵子の質を見る指標はなく、単に年齢で推測するしかないのです。したがってAMHが低値であっても、流産率や染色体異常などが多くなるのではありませんよ。今回は7個採卵できましたので、まだ可能性はあると思います。がんばっていきましょう。

No.265 26742

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

昨日27日の採卵の麻酔以来自分が現実の中か非現実の中にいるのか。頭と息が苦しいです。とてもだるく手足が思うように動きません。言葉を思い出せず口をきくのがとても大変。腹痛はありません。歩けません。

高橋敬一院長からの回答

採卵時の麻酔薬が残っていたのだと思います。30日の胚移植時のご様子では、改善傾向にありましたので、様子を見て良いとは思いますが、その後は如何でしょうか?調子が悪いようでしたらばご連絡ください。

No.264 ID 30080

カテゴリ: 人工授精

お世話になっています。
人工受精を考えています。
初めてなので流れを確認させてください。
排卵直前がよいとのことですが、その前に受診する必要はありますか。
また、排卵直前に夫と受診(受診時採取)、もしくは当日精子を持参して受診すればよいのでしょうか。

高橋敬一院長からの回答

沈香受精時には、タイミングを見るために、排卵頃(前)に来院して頂き、超音波検査で卵胞計を測定して、実施日を決めます。AIH当日は、精液があればよいので、ご主人は来院しないでも結構ですよ。詳しくは次回来院時にまたご説明いたします。