掲示板

院長がお答えします。お気軽にご相談ください。

掲示板のご利用にあたってのお願い

  • 不妊症に関しての質問のみとさせていただきます。
  • 当クリニックの改善点や問題点などについては、院内の投書箱をご利用ください。
  • メッセージはこのページで自動的に公開されますので、E-Mailアドレスや本名などの情報は書き込まないでください。
  • 院長による回答は週2回程度です。お急ぎの場合は、お電話で直接クリニックにご連絡ください。
  • よりよい掲示板となるよう日々努力してまいります、何卒ご協力よろしくお願い申し上げます。

掲示板に書き込む

メッセージを残したい方は【ID番号/ペンネーム】と【メッセージ、ご質問】を記入して頂き、【確認画面へ】を押してください。

過去の書き込みを見る

ID番号/ペンネーム
メッセージ・ご質問

最新の書き込み

No.6769 37365

カテゴリ: 卵巣機能 体外受精・顕微授精

本日は診察をありがとうございました。
診察室で訊きそびれてしまったので、2点質問させてください。

① HMG自己注射を連日行なっておりますが、反応が悪いとのことでした。これは卵巣機能の低下を意味しているのでしょうか。AMHの数値の割に反応が鈍いような印象を受けました。その場合、現在育てている卵の質も悪い可能性が高いですか。

② 次回は20日診察→22日採卵予定と伺いましたが、22日には生理周期D20になります。こんなに遅い採卵も可能なのでしょうか。遅すぎて排卵してしまったり、卵子が過熟にならないか心配です。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答よろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

HMG注射への反応は、卵巣機能、体重、注射薬の種類/量、誘発方法、などに影響されます。今回は少し反応が遅いようですが、HMG注射の種類も関係してるかもしれません。しかし、卵の質とは関係は必ずしも関係ありません。今回はロング法ですので、採卵時期は生理周期20日目で特に問題はありませんよ。実際には採卵してみないとわかりませんが、現時点では問題があるとの認識ではありません。

No.6768 39988

いつもお世話になっております。2月に3回目の顕微授精由来の胚盤胞を移植していただき、3月に卒業させていただいた者です。先日9週目での稽留流産となってしまいました。胚盤胞があと3つ残っているのですが高齢の為なるべく早く移植をしていただきたいと考えております。稽留流産後の次の移植までどれくらい間を開けるべきでしょうか?
また、残りの胚盤胞のうちの体外受精由来の物を優先的に移植して頂くことはできますか?(第1子が体外受精由来の胚盤胞で一度目で妊娠したので)
どうぞよろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

妊娠9週で流産とは非常に残念です。流産後の移植は、子宮内膜が問題なければ次回の周期でも可能ですが、念のために2回目の生理周期からの移植で如何でしょうか。2日目の生理、12~13日目においで頂けますか。

No.6767 あんな

カテゴリ: 習慣流産・不育症

こんばんわ。
昨年9月と今月に稽留流産を経験しました。
医師には1人目を出産しているしまだ2回目だから検査はしなくてもいいと思うと言われましたが、1人目も39週までお腹にいましたが1980gと低体重で生まれそこから2回連続の稽留流産。原因が私にあるのだは?と思いもう繰り返したくないので検査をと考えていますが何も知識がなく。。こちらで検査はしてくれるのでしょうか?またその場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。
いきなり十何万もする検査は考えておらず、しかしするならきちんと細かく検査しないと意味がないのでしょうか?
また今週手術予定なのですが、いつ頃検査に伺うのがいいのでしょうか?
質問が多くてすみません。よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

2回流産が連続しているならば、不育症の検査を受けて良いと思いますよ。また、一人目も発育不全であったようなので、血液凝固能の問題も考えられます。一般的には、費用は染色体分析を入れれば約8万円程度ですが、それを抜けば4万円程度でおおまかな検査は可能です。診察をご希望の場合には、受付にお電話頂き、予約をお取り頂けますか。お待ちしております。

No.6766 44808

カテゴリ: 治療方針 体外受精・顕微授精 人工授精

高橋先生、アドバイスありがとうございました。先生の著書も拝読しました。体外受精と一言に言っても、初期胚を移植する場合、外で細胞分裂までさせて着床直前に戻すやり方などいろいろな方法があることを初めて知りました。卵胞に針を刺して卵子を取り出す際の痛みはどの程度、どんな痛み(生理痛のような等)があると覚悟すればよいでしょうか?また、話を戻すようで恐縮ですが、私の場合、人工授精を4回やりましたが、3回目の時の主人の精液状態が著しく悪かったのも1回にカウントしなくてはならないでしょうか?先生のご経験から、7回以上人工授精をチャレンジして成功した方はいらっしゃらなかったでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

採卵時の痛みどめは、座薬、痛み止め点滴、麻酔、とあります。恐がりの場合には、麻酔薬で意識がなくす方が良いかもしれません。一方、昨日は、17個とれた方は、座薬でおこないましたが、ご本人が希望された方で、採卵時にも特に痛みを訴える事なくおこなえていましたよ。人工授精で12回目に妊娠された方もいらっしゃいます。実際に人工授精で出産された実績があるのですから、まだ可能性はあるでしょう。同じAIHでも、HMG注射で排卵誘発をおこなうと、1.5倍の妊娠率が得られます。体外受精も含めて、まだ様々な方法が可能ですので、次回来院時にでもまたご相談下さい。

No.6765 ゆみ

カテゴリ: 排卵、排卵障害 排卵誘発剤

初めまして。
現在、人工授精までできる婦人科に通っているものです。
体外授精を希望しているためこちらの病院へ転院したいと思っております。

婦人科にて無排卵だろうとの診断を受けいているのですが、無排卵でも体外授精をすることは出来るのでしょうか?生理の量も少なくまずは生理を整える治療からはじめるのでしょうか?現在36歳AMH3.16です。年齢的にも早めの治療をと思っております。

お忙しいところ恐れ入りますが宜しくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

AMHの値からは、卵子は十分存在します。排卵誘発剤をしっかり使用すれば、通常は排卵致しますよ。体外受精も可能です。すでに人工授精を5~6回受けているならばすぐに体外受精をおこなっても良いでしょう。まだその回数を受けていないならば、検査の上ですが、、もう少しおこなってみることもあり得るでしょう。当クリニックの受診をご希望ならば、受付にお電話頂き書誌如薬をおとり頂けますか。体外受精をお考えならば、その旨もお申し出下さい。それではお待ちしております。

No.6764 ねね

カテゴリ: 治療方針 人工授精

お忙しいのに度々すみません、静岡県浜松市在住ですが、すがる思いで何度も書き込ませてもらっています、

15日の受診で排卵後であることを確認してもらいました、その時内膜の厚さは10.6㎜でした、その時黄体ホルモンを助けるためには、前回と同じデュファストンで大丈夫なのか注射などは必要でないのか伺ったところ、注射と飲み薬は効果はかわらないといわれ、こんかいもデュファストン10日分処方され15日の夜から飲みように言われました。

前回は内膜の厚さ14㎜デュファストン10日分処方で服用から6日目で少しの出血から徐々に出血量が増えていったので、今回も同じ処方なので心配です、
生理が来たらまた9~11日で受診するように言われてますが、不妊治療専門に転院するか悩んでます、

高橋敬一院長からの回答

様々なご不安があると思います。自然周期での黄体ホルモン補充には、妊娠率の上昇にはつながらないとの報告があります。担当医の先生との十分な相談が必要ですが、不妊専門医の立場からすると、体外受精も考えて良い状況でしょう。もし今の治療にご不安ならば、不妊専門医の診療を受けて良いと思いますよ。

No.6763 43311/ゆう

カテゴリ: 卵管造影検査

いつもお世話になっております。
以前に、卵管造影検査(水性)を受け、片方の卵管の詰まりを治そうとしましたが、うまくいきませんでした。
その当時は、緑内障の疑いもあるという経緯から、水性造影検査を選択されましたが、緑内障の疑いはなくなりましたので、改めて、油性での検査が可能なのか知りたいです。
可能な場合、検査を受けるまでのステップはどのようになりますでしょうか?
期間も空いてしまっている為、診察(血液検査)を1度受けたあとに造影検査へ進めるのか、何度か診察を受ける必要がございますでしょうか?
ご回答のほどよろしくお願いいたします。

高橋敬一院長からの回答

甲状腺に問題がないようなので、油性造影剤での卵管造影検査は可能ですよ。生理6~10日においで頂けますか。再検査をおこなってみましょう。

No.6762 37976

カテゴリ: 着床障害 体外受精・顕微授精

高橋先生、藤田先生にはいつも大変お世話になっております。

3月に慢性子宮内膜炎であることが分かり、4月はビブラマイシンを飲み治療するのと並行して、クロミッドを処方頂きタイミングのみ取りました。
5月は再び慢性子宮内膜炎の検査を行うので胚移植はできないとのことですが、採卵することは可能でしょうか?保存している胚盤胞も少なくなり、できれば採卵をしたいと考えております。

お忙しいとは存じますが、宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

慢性子宮内膜炎でも、採卵は可能ですよ。排卵誘発の方法を相談致しますので、都合の良いときにおいで頂けますか。

No.6760 ねね

カテゴリ: 治療方針 人工授精

初めまして、41歳で他院で二人目不妊治療中のものです
11月の生理3日目の血液検査で
LH 前 2.3 mIU/mL  
FSH前 4.0mIU / mL
エストラジオール血清 32.8pg/mL
D25  高温期9日目の血液検査
プロゲステロン 10.2ng / mL
プロラクチン前 9.7ng / mL

クロミッドなど服用せず自然周期で13日に2回目AIH をしました。

1人目は5年前にクロミッドから切り替えて2回目で生理開始から2日目から1日おきに5回HMG注射して翌日にHCG その翌日に一回目のAIH から4日目からネルフィン10日分服用し妊娠に至りました。

1人目は排卵誘発剤と併用のAIH だったので41歳なのもあり排卵誘発剤は使用せずで大丈夫ですか?っと主治医に確認したら血液検査の結果では必要ないし体温もきれいに二層に別れてるからとのことで、いまだに排卵誘発剤はせず自然周期です、20㎜でHCG ご44時間後に排卵の確認なしでAIH になりました。
高温期の期間が11日と続いてるので、1人目の時同様黄体機能を助けるのを処方してほしいと頼みAIH 後4日目からデュファストン10日分処方していただきましたが、飲みはじめて6日目に少し出血があり、日に日に少しずつ出血量が増え最初の出血から4~5後に生理の出血量になりリセットになりました、前回は薬を服用しましたが高温期は10日程でした。
今回は12日12:00に21.4㎜でhcg 13日13:40に22.2㎜で無理を言って超音波診断してもらい排卵前であることを確認させてもらい2回目のAIH にいたりました
ホルモン値から今回もデュファストン10日分で良いのか、hcg を数回射ったりすると聞いたこともあるので黄体機能を助けるために、どの様に主治医に相談すろのが良いか、なにかよい方法はないのでしょうか?不安です。
先生のご意見お聞かせいただけたら幸いです。
又血液検査のホルモン値は本当に排卵誘発剤など使用しないで大丈夫何でしょうか?

1人目の時は黄体機能不全と言われたのでその時と同じ今の主治医にデュファストン処方される前に伝えたのですが、10ng/mL以上で10.2ng / mL で10こえてるからと言われましたが、心配なむねを伝えたところじゃあいいですよ、今回飲んでみますかとなりせっかくAIH するならと思いAIH 1回目のときには処方してもらいました。

先程書き込み忘れたのですが、14日本日19:00の時点で、つまんつでおりもの確認したら透明で伸びたおりものでした。
12日12:00頃にhcg 注射でしたが、まだ排卵してないことってありますか?
AIH 当日の朝は、おりものはやや濁ってて伸びはなく水っぽい状態でしたが、超音波診断で排卵前であることは確認済みです
排卵後でもおりものが透明で伸びる事はありますか?又考えられる事はありますか?
のびおり透明~少し乳白色混じりの透明で水っぽい伸びないおりもの~透明で少し乳白色混じりで伸びるおりものに又なることってあるんでしょうか?普段あまりつまんでおりものの観察をしてなかったので、自分のおりものの状態を把握してなかったので、不安です今回のAIH は無駄になってしまわないか心配です。どうぞ
のびおりの理由も教えてください

高橋敬一院長からの回答

自然周期での黄体ホルモンの補充では、妊娠率の上昇はしないと報告されています。したがって、黄体ホルモンの使用の有無は、自然周期では重要とは言えません。もし、担当医に要請するならば、黄体ホルモンの使用よりも、HMG注射などの排卵誘発剤の使用を要請した方が良いでしょう。ただし、HMG注射の周期では、黄体ホルモンの補充は必ずおこなった方が良いです。一方、人工授精での妊娠率は年齢的には2~3%です。体外受精も考慮して良いと思いますよ。なお、粘液の状態での排卵の判断は明確にはできません。

No.6759 41968

カテゴリ: 凍結胚移植

今回も妊娠に至りませんでしたが、対策を考えてくださるとの御言葉に、気持ちが救われました。ありがとうございます。さて、生理が4/13に開始しました。28日周期で生理は順調です。次回の受診は生理開始10日目をご指示いただきました。GWに入る前に凍結胚(胚盤胞)の移植を希望しますが、間に合うのか不安です。

高橋敬一院長からの回答

今回も良い結果でなく残念です。今回はGWが間近ですが、生理10日目の4月22日に排卵時期ならば、27日の胚移植は可能です。それ以降の排卵ならば今回は見送らせて頂けますか。

No.6758 44487

カテゴリ: 凍結胚移植

4月8日に2回目の移植をしました。普段の生理一週間前からPMSがあります。

前回も移植後から胸が張ったり下腹部チクチクしました。今回も同様です。

移植後PMSがある場合はやっぱり妊娠は難しいですか?

高橋敬一院長からの回答

今回はホルモンも使用しているので、PMS症状と移植の結果の関連はないと思いますよ。いろいろご不安となる期間ですが、おこなうべき事はしているので、あとはもう少し様子を見て頂けますか。

No.6757 とも

カテゴリ: 排卵、排卵障害 排卵誘発剤

初めまして。
PCOSと黄体機能不全で、他院にて不妊治療をしています。30歳です。
3年ほど前からクロミッド+HCGでの不妊治療をしており、2度妊娠にいたりましたが残念ながら繋留流産となってしまいました。2度目の妊娠の際に卵巣嚢腫の診断を受けましたが、流産手術後に軽減、治癒しました。その際、OHSSと言われましたが、卵胞チェックのときには卵巣の腫れについての話はなく、本当にOHSSだったのか疑問です。その後転院し、前回のOHSSの事もあるので今年3月からはセキソビットにて排卵誘発しています。セキソビット1周期目はD14で排卵していますが、2周期目の現在、D20でもなかなか卵胞と内膜が育たず、HMGを打ちながら様子をみています。ドクターにクロミッドに変えたいと話しましたが、変えても意味ないと言われました。クロミッドを使用していた時はD14~D17で排卵していたのに…と少しモヤモヤしています。4月15日D23日で受診です。
セキソビットでも月によって効果に差はあるのでしょうか?また次周期も育たなかったら…と不安です。何かよい方法はないでしょうか?よろしくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

PCOSで、排卵誘発がうまくいかないことはしばしばあります。最終的にはHMG注射をすれば排卵しますが、OHSSはおこりやすくなります。妊娠の際に卵巣が腫れることはしばしばあります。これは妊娠が終了すれば急速に縮小します。今回は、確かに、OHSSだったかどうかは疑問ですが、しばしばある事なのです。セキソビットは最もマイルドな誘発剤であり、一般的にはPCOSにはあまり効きません。クロミッドの方が誘発効果は高いと思います。また、最近ではレトロゾ-ルも使用されていますが、日本では保険適応ではなく、一般的にはクロミッドが第一選択になります。これらでも排卵効果が弱いときにはHMG注射も併用することもしばしばあります。それ以外の内服薬としては、プレドニゾロン+クロミッド、クロミッド+レトロゾ-ル併用、なども使用されることがあります。また、腹腔鏡で、卵巣表面をレーザーで焼いて穴を開ける多孔術なども効果があります。実際には、担当の先生との相談になりますので、あくまで「参考」として頂けますか。

No.6756 42892

カテゴリ: 凍結胚移植

昨日がd10だったのですが、遠方の身内が一昨日救急車で運ばれて、駆けつけた為に、しばらく受診が難しくなってしまいました。
凍結受精卵の更新がまだできてないと思うのですが、しばらく帰れないので、落ち着いたら伺いますので、よろしくお願いいたします。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
落ち着いたら、診察予約をさせて頂きます。
念願の胚盤胞ができたので、最後のチャンスかもしれないので、確実に、万全の体制で移植差せてもらえたらと思うのですが、d3からホルモン値など調べて頂くことはできますか?
凍結してある受精卵のグレードが知りたいです。

高橋敬一院長からの回答

お身内の方の様態は大丈夫でしょうか。こちらは問題ありませんよ。落ち着かれてからおいで下さい。胚盤胞のグレードはBBであり、悪くありませんよ。ホルモン補充周期で胚移植するならば、ホルモン検査は必ずしも必要ありませんが、ご希望ならばおこなう事は可能です。来院の際にお申し出頂ければ結構ですよ。

No.6755 B#9dik

カテゴリ: 次回受診時期

現在通っている婦人科で、飲み薬による排卵が見込めない為、そちらに転院予定の者です。
投書も利用できない為こちらで失礼します。

現在、飲み薬によりなんとか規則正しく生理が来ている状況です。
薬が無いと、少量の不正出血となってしまいます。

ゴールデンウイークが9日間もお休みだと、生理周期や排卵がお休みの期間に当たり、前後の日程に受診を振替することも困難になり、最悪1ヶ月まともな治療も受けられず、無駄に過ごすことになります。
40歳目前なうえ、職場への影響(有休の不足等)を考えると悠長なことは言っていられず、長期の不妊治療は不可能です。

せめて通常より短時間でもいいので、ゴールデンウイークに数日診療して頂けないでしょうか?

今から連休のことを考えると不安でなりません。
どうか今一度ご検討のほど宜しくお願い致します。

高橋敬一院長からの回答

今年は特殊事情でGWが長くなり、皆様にはご不便をおかけして申し訳ありません。今回はすでにスケジュールが確定しており、今からの変更は残念ながら対応できない状況です。ただ、この機会を通して、私も他の施設の見学も予定しており、様々な情報も更新する予定です。今回の長い休みを前向きに利用して皆様に還元できるように致しますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

No.6753 39863

カテゴリ: 卵巣機能 体外受精・顕微授精

ご無沙汰しております。
昨年1月に無事に男の子を
出産致しました。
長い不妊治療の末、そちらに転院し
すぐ妊娠に至りました。
本当に先生には感謝してもしきれません。

もしまだチャンスがあるならば
チャレンジしたいと思い
産後初の生理中に受診致しました。
造影検査等はタイミングが合わず
受診出来ておらず2度目の生理で
予約を取ろうと考えておりましたが
生理が来ません。
このまま次の生理を待った方が
良いでしょうか?
妊娠前はAMHの数値が低かった
ので早い方が良いのでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

無事にお子様が誕生されて本当に良かったですね。もう一人ご希望とのことで、また一緒にがんばっていきましょう。前回の検査では、卵巣機能はかなり低下しています。すぐにおいで頂けますか。生理をおこして、治療を即座にはじめましょう。

No.6752 ねこみ

カテゴリ: 卵巣機能 体外受精・顕微授精

高橋先生、初めまして。
現在川崎のある医大病院で体外受精に挑戦していますが、転院を考えております。現在29歳です。
約1年前、通っていたクリニックで検査したAMHの値が0.05でした。早発閉経の疑いありと即転院を勧められ、それから約1年、ほぼ毎月採卵を目指して8周期にわたって挑戦していますが、1周期目で3日目初期胚1つ凍結、以降卵胞が見えずキャンセルが続き、昨年11月に約5ヵ月ぶりに採卵までこぎつけましたが空胞でした。
今年に入って凍結していた受精卵を移植しましたが、陰性。1ヶ月程休んで3月〜採卵を目指して治療を再開しましたが、13mmまで育った卵胞の成長が止まり、キャンセルに終わりました。
1年前は「とにかく時間がない」「早発閉経なら他の病院では断られる」と言われて焦ってしまい、自分で治療について調べたり比較したりせずに言われるがままに転院し、言われるがまま治療してきましたが、最近になってこの刺激法が私に合っているのか不安が出てきました。
ネットで検索した程度ですが、一般的にはAMHが低い場合は低刺激で採卵を目指すことの方が多いようですが、現在の病院では「適切な高刺激」で治療を行っています。
生理約3〜5日目に受診、ホルモン値検査にて数値に異常がなければ刺激開始で、スプレキュア点鼻薬1日3回を併用しながら、ゴナピュール300単位を毎日打ち、週に一度のホルモン値検査で経過を診ています。3週間続けても卵胞が見えなければキャンセル。これの繰り返しです。
担当医いわく「他の方法はない」「4〜6周期に一度卵胞が見えてくれば上出来」とのことです。
約1年にわたってこの方法で治療してきて、確かに昨年5月、11月、今年3月と卵胞が見えてきてはいます。ただ、採卵までたどり着いて受精卵として残せたのは最初の1つだけです。結局妊娠にいたらなかったので、何も残らなかった治療に対して諸々含めて150万円費やしました。お金の事だけが大事ではないですが、今後のモチベーションを左右する要素としてかなり大きいです。
AMHが極端に低い患者に対して、本当に他に方法はないのでしょうか。

判断材料が少なくてご迷惑かもしれませんが、高橋先生の見解がお聞きできたらと思います。
長文失礼いたしました。

高橋敬一院長からの回答

卵巣機能が低下しており、非常に難しい状況だと思います。今の状況での選択肢としては、①現在おこなっている高刺激周期。これはたぶん今通っている施設が日本で最も経験がある施設です。②プレマリンなどの卵胞ホルモンなどを使用して、自然に排卵する事を待つ方法(カウフマン療法など)。これは一般的にどの施設でもおこなっていますが、排卵誘発法ではなく、自然に卵胞ができるのをひたすら待つ、方法です。③手術をおこなって、卵巣組織を取り出して刻んで活性化して、再度体内に戻す方法。世界的に10人程度は生まれているかもしれません。これに詳しい施設は、世田谷区のローズレディースクリニック、山王病院、などが挙げられます。
卵巣機能がかなり低下しているので、実際におこなえる方法は確かに限られています。どの方法が良いかは判断はできませんが、高刺激でかなりおこなってきましたので、少し②の待つ方法を数ヶ月してもよいかもしれませんね。

No.6751 かなこ

2年前にAMH0.07、片側卵管閉塞と
診断された33歳です。
9回採卵を行い、
4分割の凍結初期胚が一つできました。
移植を考えるにあたり、
主治医に移植する前にFT等をした方が少しでも妊娠率が上がるか尋ねたところ、あなたの場合、あまり意味がないと言われました。
高橋先生なら、どのようにご判断されますか。
お忙しいところ恐れいりますが、
ご回答いただける事を願っております。

高橋敬一院長からの回答

卵管の対策をとる上で、排卵がなければ手術をする意味はありません。排卵はしっかりとされていますのでしょうか。この文面からは排卵の状態が詳しくはわからないので、おおまかな一般論になります。もし排卵がしっかりされているならば、卵管の対策をとる意味は(大きくはありませんが)あります。また、卵管間質部の閉塞ならば、再検査をするだけで通ることもあります。当クリニックでは、HSGに連続して、選択的卵管造影開通術もおこなっており、それで開通する方も半数はいらっしゃいますよ。もし排卵があり、少しでも可能性をあげたいならば、卵管の再検査などをしても良いとは思います。

No.6750 ひよこ

カテゴリ: 卵巣機能 治療方針 反復不成功 その他

高橋先生、こんばんは。いつもこちらの掲示板を見て皆さん色んな思いをされながら治療に望んでおられるんだなって思っています。私は九州の田舎に住んでいます。私の地元では高度医療をしている病院も限られ成功率も低いのでバスで4時間かけ九州では不妊治療に力を入れている病院に地元からの紹介で行っていました。一番最初の採卵で顕微受精の結果、1つ凍結胚ができたのですが42歳という年齢で備蓄してから戻したいとその後休みながら4回ほど採卵をしましたが受精が上手くいかず最近では取れる個数が1つ2つと少なくなり治療にいく気持ちが薄れてきて1つの凍結胚に可能性をかけ戻してもらいましたが上手くいきませんでした。その時そちらの先生から、もし今後採卵をしても取れる個数も限られ凍結までいく可能性も低いかもしれないと、そして戻しても今回のような結果になる可能性もあると、それなら卵子提供という方法もあるが日本ではまた認められていないので養子縁組という方法もあると言われてしまいました。その説明を聞いていると今後採卵を繰り返しても正直難しいのかなって思ってしまいました。戻す時の状態は内膜や採血の結果体調など良かったので胚の染色体異常の可能性が高いかもしれませんと。年齢的に染色体異常は高くなると。どうしても自分の子供が欲しいと望むのならば、治療再開時にサプリや薬など変えて先生も努力しますとは言って貰えましたが、精神的経済的な面で治療を再開してどのくらい続ければと先の見えない事に悩んでいます。紹介して頂いた地元の先生も同じようにまた採卵を繰り返さないといけないしその負担は大きいかもしれないし、卵子提供より養子縁組という選択もあるよと言われましたが主人の年齢も53で養子縁組の話を聞いてからゆっくり考えてもって思う反面、周りはみんな自分の子供を持っているし養子縁組という選択をする事の不安がないわけではありません。養子縁組は生後すぐだから自分たちの戸籍に入るし地元の先生の患者さんにも治療しても出来ず養子縁組した人もいて今幸せに暮らしている人もいるよと。育てられない代わりに育てるのだから決してマイナスではないのだと話を聞いていると前向きに考えてもと主人は話を聞いて前向きになっていますが私は自分の事ながら分かりません。高橋先生なら私のように治療してもいい方向に向かう可能性が低い場合、どういう選択肢を提案されますか?年齢的に厳しい面もあると思うし二人の生活を楽しんでいく選択もあるとは思いますが、頭では2人なら気楽に過ごせるのかなって思いながら結婚15年ずっと授かれるように自分たちなりに色んな努力はしてきたつもりですがこういう結果を受け入れないといけない現実が辛いです。結果を聞いた時は受け入れるのに時間がかかり一か月すぎ少しずつ自分には縁がないのかなって思うようになりました。治療の大変さがわかっている分再開は経済的精神的な事を踏まえないとできないので正直、まだそこまで気持ちが整いませんが、婦人科の先生が同じ事を言われた事でやはり治療を続けるのも難しいのかなぁって考えても仕方ないのでどこかで割り切らないといけないって頭ではわかっていても妊婦さんを見ると辛いです。誰にも話せず主人は人に話して解決することじゃないと…それはわかっているのですが、誰にも話せず1人結果にどう向き合っていけばいいのかわかりません。高橋先生に話してもいいのかと悩みましたが治療の事をご存知の先生なら少しわかってもらえるかななんて甘い考えでお忙しい時にこのような事書き込んですみません。

高橋敬一院長からの回答

状況が非常に厳しくお悩みのことと思います。実際には、ご自身の卵子での妊娠はかなり厳しい状況です。この状況でとれる対策は、ここに記載されている方法以外には難しいでしょう。今後、ご自身の卵子での出産できる可能性は、1回の採卵でおよそ1%程度の予想です。卵子提供を受けた場合には、費用が約400万円で、1回の胚移植で妊娠する可能性は70%程度、出産する可能性は50%程度は期待されると思います。養子縁組はお二人の年齢の問題を確認する必要があると思います。その中で、どの選択をするかは、この場でのアドバイスは難しいでしょう。お二人で決める必要があります。お近くに不妊症のわかる心理カウンセラーはいらっしゃいますでしょうか。お二人が選択する上で、問題を整理して、お二人自身で選ぶことをお手伝いして下さると思います。もし近くにいないようでしたらば、当クリニックの心理カウンセラーの小倉が、ネット回線でカウンセリングをおこなっております。小倉はFineのカウンセリングも担当しており、経験は十分ですよ。当クリニックのホームページから小倉のページに入って利用可能です。利用されては如何でしょうか。

No.6749 44808

カテゴリ: 体外受精・顕微授精

高橋先生、いつも助けられております、ありがとうございます。そろそろ逃げてばかりでなくステップアップを考えなくてはいけないのかと思ってはいます。体外受精の場合、無理やり、受精をさせるのではなく、自然に受精するのを待つということは、必然的に元気な正常な精子が生き残って受精するということでしょうか?顕微受精は、本当なら受精能力がなかった奇形などがある精子でも、無理やり受精させてしまうので子供が健康で産まれないリスクも高まるのでしょうか?体外受精は私の場合、最短でいつ実施できるでしょうか?

高橋敬一院長からの回答

今周期は排卵誘発剤を使用しているので、体外受精は6月からをお勧め致します。体外受精と顕微授精は、全く同じとは言えませんが、世界的には顕微授精は「安全」な技術と認識されています。実際には、体外受精と顕微授精は、世界的にも1:2ぐらいで、顕微授精の方が多くおこなわれているのです。体外受精か顕微授精かは、実際には採卵当日の精子の状態により決められます。採卵日に精子が悪ければ、顕微授精でなければ受精卵を得られないことがおこります。44808さんのご主人の精子はばらつきが大きいので、もしどうしても顕微授精を避けたい場合には、前もって良い状態の精子を2回分ぐらい凍結保存しておけば、採卵当日のリスクを少なくすることもできるかもしれません。ご希望の場合には、直接ご相談頂けますか。

No.6748 45021

カテゴリ: 凍結胚移植 体外受精・顕微授精

いつもお世話になっております。
先日は夜遅い時間に対応していただき有難うございます。

先月20日に採卵をしてもらい、24日に生理1、2日程の出血がありました。前日に体調をくずし、婦人科の病院に入院し、診察を受けましたが、特に問題無かった為、そこの病院の先生からは「排卵出血かな、数日様子見て」と言われました。3.4日程生理並みの出血があり、その後少量の出血(茶色っぽい)のが数日続きました。
4月5日頃に生理が来るはずなのですが、まだ来ません。生理5日以内に診察をと言われたのですが、来るまで待っといた方がいいのでしょうか。
よろしくお願いします。

高橋敬一院長からの回答

20日に採卵して、卵巣過剰刺激症候群を予防する薬を使用しましたので、生理は早く来ます。24日からの出血が生理です。したがって、都合の良いときにおいで頂けますか。凍結胚の説明と、胚移植の予定を立てましょう。